【発電】ソーラー発電した電気を有効利用@PC周辺機器編

P1010990

ずっと前から考えてて、いまさらですが、やっと実現です。

メインPCは、ゴリゴリの自作PCで、こちらは、どうしたって蓄電での稼働は無理です。

しかしながら、周辺機器への給電ならOKなはずですよね。

(;^ω^)

※PC内部の12Vラインに流すのは、さすがにためらう

早速手始めに手をつけたのが、こちら、USBセルフ給電タイプのハブです。

電源アダプタが付属してくるタイプのUSBハブですね。

これなら、USBハブに接続されているデバイスは、PCからでは無く、外部から供給できる訳です。ここに、ソーラー蓄電の電気を流し込めます。

このUSBハブは、幸いにも、12V4Aのアダプタであり、5.5/2.1mmという汎用DCプラグなので、簡単に自作できます。

付属されていた電源アダプタをテスターで測ると、12.5Vと変な数字ではあったものの(さすが中国クオリティ!)、手持ちのDC-DCコンバータをそのまま接続できそうです(12.9V)

んで、結果が上写真です。

いくつかのUSB機器で試しましたが、安定しております。

USB定格の5V/500mA(2.5W)が4本で、最大で10Wもの電気を削減できます。

ちなみに私が利用したUSBハブは、Ankerのこれの4ポートのものです。

Anker USB 3.0 ハブ 7ポート (電源アダプター・USB 3.0 ケーブル付)

同じくAnker系のハブは、汎用DCプラグっぽいです。

sc20151128231950

ちょっとお高いんですが、Ankerの13ポートUSBハブなんてのもあります。

これも見た感じ同じ感じで行けそうです。

こんなにUSBデバイス無いけども・・

Anker AH232 USB 3.0 13ポート +1スマート充電ポート(5V / 2.1A) アルミニウムハブ USB1.1/2.0互換

蓄電からの供給が突然絶たれたら、HDDとか逝っちゃいそうなので、運用には注意です。

【game】PCゲーム「Steam」「Origin」両方でセール開催中!

sc20151126032156

PCゲーといえば、SteamとOriginですが。

年に数回しか実施されないPCゲームのセールが開催中です。

一部は驚くような価格です。期間限定12/2まで

主に海外タイトルですが、有名なものは日本語版もあり、カプコンやスクエア・エニックス、ナムコバンダイも、一部ですが登録されてます(Steamの方)

日本の同人ゲームもSteamには沢山登録されているようです。

クレジットカード決済になるかと思いますが、現在122円、円安に振れそうなので、早めに買った方がいいかもしれない。

円表記になってたのを忘れてた(;^ω^)

来年スト5出ちゃいますが、スト4も1000円です。マイクラ風ゾンビゲーで有名なH1Z1なんかも、1287円。

Originでも、BattleField HardLineが1209円、DragonAgeが1539円、SimCityが972円とか、あります。

次はいつ開催されるか分からないので、速攻ゲットです。年末セールは無いんかな・・。

【game】StarCraft2前パッケージが、なんと9.99ドルでセール中

sc20151126014142

先日、最終章となるStarCraft2 – Legacy Of voidが発売されましたが、前作に当たるパッケージが、なんと9.99ドルでセール中です。

1ドル120円で換算すれば、1200円程度。

もちろん、オンライン対戦では、最新作のVOID(50ドル)を購入するべきですが、単純に、スペースオペラなストーリーモードを楽しみたいとなると、とてもお安い。

・・・が、日本語版が無いけども。(;^ω^)MODも無し

http://us.battle.net/sc2/en/buy-now/?utm_content=external-sso&utm_medium=internal&utm_source=app-other

年末に向けて、大型PCゲームタイトルの発売が待たれる感じです(日本語版は遅れるんで)

sc20151126014941VOIDによって、プレースタイルがガラッと変わってしまい(でないと勝てない)勝率はめっちゃ高くなった、ネタプレーが出来なくなってしまった。・・なので、ツマラン。

私もそろそろSC2を引退して、別ゲーでもしようか・・。

Fallout4オモロそうやなぁ・・。