【Arma3】EXILE日本サーバ本日公開@BadApple-Esseker

image

つい先程アナウンスがありました。

枯渇しそうだったArma3 EXILE MODの日本サーバに、BadApple Serverが本日から公開されてます。

サーバ名情報はこちら。

Server name: [Exile/JP]BadApple-Server|PvP|Esseker|3k Strart|
Address: 39.110.139.126:2302
Server version: 184144923
Required game version: 1.84.143869

Map: Esseker
Mission: Exile
Players: 3/40

必要MODも少なめで参加しやすそうです。ゾンビはいないようです。

何よりも、PvPという点がソソられます・・。

(;^ω^)

image

マップはEsseker、マップ中央を分断する形で、川が流れてる印象的な地形です。

かなり苦労されて構築されたので、見ものです。

私も後ほど、お邪魔させていただきましょう。。

(;´∀`)

【驚】ゲーセンゲーをプレーし放題@InternetArcade

image

アーケードゲーをプレーできるウェブサイトがあると、どこかで聞いた事があったんですが、ここです。

Internet Arcade

直接ブラウザーから、そのままプレーできちゃいます。

※残念ながらスマホからのアクセスは想定されてないようです

コインも入れ放題です・・(数字5キー)

(;^ω^)

1970年から1990年までのアーケードタイトルが、大量に収録されていて、全てプレーできる状態で公開されてます(世の中全てのタイトルという訳でもない)

※中には、パソコンの物も含まれてるようです

無論、海外のものや日本のゲーセンで見たあのタイトルも大量にあります。

image

個人的に一番お世話になったコナミは、とても少ないようです。

RoadFight、Thunder Crossとか、AJAXあるよぉ。。

image

あれ?SNKのタイトル(Neogeo)もあるんだけども・・・。

(;´∀`)Neogeoミニぇぇぇ・・

アーケードエミュレータとして実績のあるMAMEで稼働してるらしく、数タイトルプレーしてみましたが、ちゃんと動いてます。

image

タイトル毎にキー設定が違うので、しっかり確認しておかないといけない。

多くは、5キーでコイン1キーで1Pスタートカーソルキーと左CTRL、左ALT辺りが割り当てられてるようです。

割り当てが可能なジョイスティックなどがあれば、普通にプレーできます。キーボードでは厳しい。

image

また、フルスクリーンでプレー可能ですが、画像が超荒くなってしまいます(こればかりは、しょうが無い)

ちゃんと実画素の等倍でフルスクリーンにしてくれれば、波打ちが無くなるんでしょうけど、ちょっと残念。

CPU使用率はブラウザ15%辺りでした、意外に負荷は少ないようです。

【さ】Pythonのpipが入らない@古システム

image

追記:別の方法でやっとできた

追記:いや、解決してなかった

Pythonライブラリのインストールに欠かせないpipですが、古い環境だと、手動で入れなければならない。

※3.4から標準添付になってる

私が入れようと思ったサーバは、かなり古いDebianシステムで、無論pipなんて入ってないし、Python2だけ入ってた。

試行錯誤の末、なんだかんだで、気付いたら入ってた・・。

(;´Д`)

なので、参考程度に。

まずはPython3のインストール。以降、Python2も同居してる状態なので、コマンドの後ろに”3″が付いてるものを利用する。

apt-get install python3

pipが入ってなかったので、黙ってaptでゲット。

apt-get install python3-pip

・・が、古すぎるのか、うまく動作しない(pip3.2)

※ライブラリsearchはOK、インストールができない

get-pip.pyで手動で最新版pipを入れる事ができるそうなので、試してみる。

wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py

python3 get-pip.py

気持ち悪いので、aptの方は削除

apt-get remove python3-pip

でも、出来ない。

嫌気が差してきたので、Python3系の必要そうなパッケージを入れてみる。

apt-get install python3-setuptools

apt-get install python3-distutils

でも出来ない。

easy_installというPythinのツールが利用できるようになったので、これでインストールしてみる。

easy_install3 pip3

でも出来ない。

ふっと、pip3.7というコマンドが見つけたので試してみる。

pip3.7 install ライブラリ名

(゚∀゚)ノ 出来たッ!

・・・という顛末です。いつのタイミングでpip3.7が出来上がったのか知りません。この手順のどこかです。

んでわ、よき毒蛇ライフを。

追記:いや、解決してなかった

否、解決してなかった。

名前がpip3とかpip3.7なんて名前だったが、2.7を指してた。

apt-get install python3-pipで入るのは、pip-3.2ですが、古いバージョンで使えない。ただ、こちらは、Python3を指してた。

追記:別の方法でできた

あれから、別日に試行錯誤したんですが、どーしてもpip3が入ってくれません。

あげく、Python2を指してるはずのpipも壊れてしまいました(versionもlistもエラー表示)

pip3にはじめ、pip3.2、pip3.7、pip-3.2と訳の分からないpipを増産させてしまったようです。いずれも動かない。

get-pip.pyもバージョンによって、挙動がまるで違います。まぁ・・どれも駄目でしたが。

(;´Д`)

運用中”のサーバOSを最新までアップグレードしなきゃならんか?ともよぎりましたが・・。

pipじゃなくてもライブラリはインスコできるはず・・と。

easy_install3でやってみたら、出来ました。

唯一の問題は、ヘルプを見ても、ライブラリを削除する方法が分からない。

今どきのPython環境なら、こんな苦労はせずにイケるんでしょうけど、超古いサーバ環境(Debian)でのお話でした。