【TV】NHKの爆笑問題のニッポンの教養が面白い

img_1021072_39837386_3

(上:太田とその嫁/社長)

うちの部屋のテレビは去年奮発して購入したREGZAのZなので、1TBのUSBーHDDを繋いで、てきとーに録画予約してますが、毎週楽しみにしてるのが、NHKの爆笑問題のニッポンの教養って番組。

日本に星の数ほどあると言われる大学や各研究所に潜んでいる(その方面ではとっても有名な)学者さんを訪れて、どんな研究、学問なのかをレポートする番組。

昨夜のが、ギャンブル学というやつ。かなりニッチな学問みたいですが、個人的に宝くじや為替にハマッてるので、非常に興味深い内容だった。

宝くじ、競馬、パチンコ、カジノなどなど色々とギャンブルはあるが、言うまでもなく確率論では損するように出来ている訳で、その確率でいくところ、上記の4種類のギャンブルで、一番儲けやすいのはどれだか分かるだろうか?

宝くじが一番低くて約50%、パチンコが95%だそうです(怪しい数字ですけど・・)つまり、5%だけパチンコ側に有利になっているという事。

これが事実ならパチンコはかなりの薄利多売で商売しているんでしょうか。

ちょうどよく、宝くじの事業仕分けがTVでやってましたが、確かに全売り上げの50%しか賞金とsて還元してませんもんね。ま、地方自治収益、植林とかボランティアとか謳ってますますけどね。。

しかし、よく言われているけど太田ってヤバイくらい頭が悪い(学的にね)んですよね、足し算の暗算とかできないし。でも、右脳的な発想・思想がもの凄いんですよ。将来は芸術家、物書きなんかで活躍しそうな感じです。
とんがったキャラクターなので、好き嫌いが分かりやすく分かれますけどね。

NHKはこれ位しか見ない。英国の国営BBCをぜひ見習ってもらいたいです。

NHK/爆笑問題のニッポンの教養
http://www.nhk.or.jp/bakumon/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。