【開発】.NetでWin32リソースを使う方法

sc20111019174559

この情報の利用価値ってそうそうないでしょうけど・・。つい先日、必要になったもので、その記録です。

.Netで、Win32形式のリソースデータを付与する場合です。.Netなら簡単なんですが、そういやWin32形式の場合はどうなるんだ?と結構時間が割かれました。VS2008の例

 

まず、リソースファイルを作成します。

ファイルで新規作成、ネイティブリソーステンプレートを選択します。すると、拡張子がrctのものが作成されます。

ルート要素で、シンボルの定義を行います。リソースシンボルを選択します。

sc20111019181601

ここで、シンボルとIDを作成しておきます。スクリーンセーバー名なら、IDは1、必須なEXEアイコンとか色々と定義だけします。

 


無題さきほどの画面に戻って、ルート要素から、リソースの追加を選択して追加していきます。

忘れてはならないのが、追加した際、先ほど定義したシンボルIDを選択しわすれない事です。

 


なにやら色々いじってて気づいたのですが、このrctファイルは、フルパスで記録されているらしく、プロジェクトファイルを移動させたりすると、ビルドでエラーになってしまします。

この方法で無くても、Win32時代のようにリソースエディタなんかでも出来るんでしょうけど、VSから離れるのはちょっと嫌ですよね。

その辺は気をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。