【GAME】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その6

sc20170520160309今日は随分と暑い。

ι(´Д`υ)アツィー

扇風機を出しました。

晴天の中、インドアでまったりと、PCに向かうのは贅沢でもありますし、人によっては非リア充にも見える。

冷たいサイダーと、柿ピー喰いながら・・( ゚Д゚)

んで、これまでの調査結果・作業を、忘れる前にまとめております。EXILE1.0.3が出てからスムーズに作業に入れるようにしないと。

本日初めて利用して感激したものが、LinuxでのRDP(Windowsリモートデスクトップ)、知ってはいたんですが今回初めてです。

Windowsだと、PROエディションで搭載されてる機能(サーバ側)なので、一般ユーザーには認知されてません。

Linuxだと、XRDPというモノ、似たようなモノに、VNCがありますが、速度的にも全然優位です。これで管理する予定です。

sc20170521044841そういえば、バニラ状態のEXILEサーバに、どないして、トレーダーやら、セーフゾーンやらを設置していくのか、まったく分かりません。

ぐぐッてたら、こんな文章を見つけました(PDF)

SERVER OWNER GUIDE

少しづつ読み進めて、な~んとなく理解。

ミッションファイルに予め登録されてる100体の空キャラクターは、プレーヤーに動的に割り当てられるようで、マルチ最大100人というのは、ここから来てるようです。

トレーダーなどのNPCの他、マーカーで、セーフゾーンなんかを登録できるようです。

(mpmmission)initPlayerLocal.spfというファイルを、手動で上書きする必要があるようです(NPCの登録)

はてさて、EXILE有志の方々が作ったミッションのコードを眺めながら(まだ仕様は理解してない)、独自のイベントの構想を立ててみようかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。