【Linux】日本専用ディストリのマイナなWindOS

sc20120115091524

いろいろ調べてたら見つけました。結構あるもんです。

Debian(Squeeze)ベースの超軽量、Liveブートオンリーの、日本語のみという粋なディストリです。

洒落で付けた名前なのでしょうか(;^ω^)

USBメモリにインストールして試してみました。

確かに、即効起動、消費メモリも60MB程度でした。これは凄い。アプリも一通り揃ってますし、2chブラウザやKeyHoleなんかもあり。

Debianベースですので、欲しいソフトはまず手に入るでしょう。そういった意味では、Puppyよりもいいかもしれない(Puppy日本語公式サイト、現在落ちてます?閉鎖じゃないよな・・)

自分のデスクトップPCだと、キーボードが認識してくれませんでした(英語キーボードだから?)。なぜぇ(´・ω・`)テンキーだけ認識。ThinkpadX201ではOKでしたが、無線LANユーティリティが起動しない・・とか。

趣味臭がぷんぷんしてますので、気づいたら開発終了とかありそうで、怖いですが、こういうのもアリですよね。

使用方法に書かれてますが、USBメモリインストールにDD for Windowsというツールで、簡単に導入できます。

Windows7で動かすには、DD for Windowsを管理者権限で起動する必要があります。ご注意を。

WindOS
http://www44.atwiki.jp/windos/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。