【pc】ACK-231UGa英語キーボードに慣れてきたぞ

s-CA3I0063_2

なんだかんだ言って、使っていけば自然に慣れてくるものですね(;^ω^)

やっと英語キーボードが床についたようです。

写真は、キートップをカスタマイズしたACK-231UGa(2個いち)です。

2ヶ月経ったほぼ慣れた状態です。

ただし、英語キーボードならではの難点がどうしても存在してます。

結論からいうと、やっぱり日本語打つなら、日本語キーボードの方が絶対便利です。

やっぱ、無変換/変換/ひらカナキーって便利なんですよねぇ・・。

でも、プログラミングでコーディングする際は、若干ですが英語キーボードの方に歩があります。見ての通り、記号が分り易い場所に配置されているんです。よく使うクォートやコロン、ハイフン等が1キーにまとまってるんですよね。

ただ、「+」とか「@」「*」の場所は、いまだ慣れません。つい、テンキーに手が伸びちゃう。

sc20120130211016

幸いこのキーボードは、ゲームキーボードと謳われるだけあって、マクロ設定が可能です。

右ALTキーは、1キーで日本語モードにできるようにしてます。

英語キーボードにするとF6-F10を多用する事になりますが、そのまま下に存在してる「UIOP」キーも同じように機能するんですよね。CTRLキーと同時押しで利用できます。これは、ファンクションキーが無いHHKBユーザーさんならご存知でしょうけどw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。