【net】いつの間にか提供してたv6プラスの固定IP

sc20171115173738追記あり:マルチセッションによる固定IP

動画サービスが当たり前の昨今、とても遅いインターネット

この解決策として、IPv6接続(IPoE)を始める方がちらほら見受けられるようになりました。

IPv6接続にすれば、だまって1Gbpsでネット利用できる。料金もほぼ一緒。

ベストエフォートなので、1Gbps出るわきゃないが、見違えるほど速くなるのは確かです。

一般の普通の人なら、黙って、このサービスを利用すべきです。勿体無い。大手ISPに契約してれば申し込むだけ(*1)、AUひかりやNUROなら無条件でIPv6です。

(;´∀`)

*1:機器が必要になったり設定を要する場合もあります

sc20171115174137・・・ですが、デメリットがあったんです。

特殊な用途。

固定IPアドレス、自宅サーバ、ゲームサーバ、監視カメラとか

内向きへのアクセスが一切利用できませんでした。

・・が、プロパイダーの上位のイネーブラ(JPNE)で、こんなページを見つけました(JPNE:KDDI系ISPはここです)

v6プラス「固定IPサービス」提供開始のお知らせ

まさしく、このデメリットをクリアできるサービスなのです(IPv4は固定可能だがIPv6は半固定)

色々探してみましたが、詳しい情報に辿り着く事ができないので、分かんないんです(設定に挑戦してるユーザーさんのブログがヒットするだけ。法人向けルータ製品を使用してるようです)

やっぱ、法人向けのサービスになるんか。気になる所です。

分かりましたら、追記します。

追記:

sc20171117003732ネットを彷徨っていたら、偶然にこんな情報をみっけました。

目からウロコでした。

HGW上に見られる、セッション設定の所です。

NTTのサービスで、このセッション数を増やすことが出来るんです(有料)

フレッツ・セッションプラス

基本料金に2セッションまで含まれていて、通常は、ネット接続用とひかり電話で全部埋まっちゃう。

ここに、IPv4固定IPを提供してるプロパイダで接続するセッションを追加する事ができる。

月額料金は、1セッション300円(工事費1000円)となってる。

普段使いは、いつものv6-IPoEで、自宅サーバやVPNなどはIPv4の方に振れば良いようです。

「【net】いつの間にか提供してたv6プラスの固定IP」への4件のフィードバック

  1. ひかり電話はセッションを利用しません。
    ipv6を利用しているため、セッションは使われていません。
    ただ、各プロバイダ(主にフュージョン)が提供しているIP電話に関してはIPv4のためセッションを利用します。

    フレッツスクウェア用で2セッション用意されていたのですが、現在ipv6 が使えればフレッツ情報サイトにアクセスできます。

  2. 何社かv6プラス「固定IPサービス」開始しましたよ
    今一番安いのは https://ipq.jp/ の3000円弱だと思います。
    その会社のpppoe の固定IPに比べると1000円ぐらい高いですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。