【法律】モバイルバッテリーに来年からPSE適用

sc20180204201233追記:俺の利用法

とても便利なモバイルバッテリーですが、来年の2/1からPSE法が適用される事になりました。

経産省

※PSEマーク・電気用品安全法

大容量を謳う製品が多いけんども、火事や爆発と言った事例もニュースで取り上げられる事があります。

輸出入や販売・製造にも規制が掛かるので、店頭にある、怪しげなモバイルバッテリーは姿を消すことになるでしょう。

PSEマークが無いと販売できないので、今年中は在庫処分セールが全国でされるんではないでしょうか。。

(;^ω^)

安価で出回ってる中国製品はどーなるんでしょうかね。他国に流すんかな。

追記:俺の利用法(実験中)

P_20180205_094000 - コピーAnkerの20Ahモバイルバッテリー3つ運用で、部屋のLANハブとWifiに常時電源を供給してます。

※どっちもUSB電源で動く

いずれもUSB(5V)にしては電気食いなので、計5V1A≒5W分をまかなってる感じです。

この2つで、24時間経つと60-70%消費します(メーター読み)

もちろん、使い終わったモバイルバッテリーは、ソーラー発電で充電してます。1日で充電できない場合があるので、3個運用で丁度いいくらい(写真のソーラーパネルは、違うやつです。乾電池)

浮く電気代は僅かですが、約3.24円/日、約97.20円/月です。

半年位テストしてますが、特にトラブル無しでやれてます。一度だけ、天気の悪い日が続いて、充電できない時があった位(その時は、写真中央のAC-USBに繋ぐ。これもAnkerのやつ

Wifiは、安価なUSBタイプのやつ、11n(最高150Mbps)だけど、正直これで十分ですよ。。Wifi一番使うノートPCが11n(1本)対応だもん。

(;^ω^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。