【pc】遂に発売開始!AMD Ryzen APUガッ!

sc20180213154215追記:細かいところ

本日から、AMD待望の新製品Ryzen APU(Raven Ridge)が発売開始です。

Ryzen3 2200G(4C3.7Ghz)で1万円前半、Ryzen5 2400G(4C8T3.9Ghz)で2万円前後が相場のようです(開始値)

現在、外国為替が円高に振れてるので期待してましたが、安定の代理店税です。

各メディアのベンチマーク記事も、本日から解禁のようで、一斉に公開されてます。

インプレス PC Watch

4Gamer

いずれも、価格的に競合してるintel Core i5-8400(物理6コア)との比較となり、単純なCPU性能では、若干ながら負けてますが、ゲームなどでは圧倒的な数字を叩き出してます(当然ですが)

総じて、Geforce GT1030付近の数字のようです。事前既出の750ti辺りというのも間違いなかったようです。1030単体でも1万円前後なので、驚異的な値段と言えなくもない。

intel PentiumGold(2C4T3.9Ghz?)+ GeForce GT1030

AMD Ryzen5 2400G(4C8T3.9Ghz)※Radeon RX Vega11内蔵

この2万円対決なら、圧倒的にRyzen APUに分があります(新PentiumGoldは、まだ未発売)

補足:あと数千円出すとRyzen5 1600(6C12T)に手が届く

解像度はフルHDでは厳しいが、HD画質(1336とか1280とか)なら快適にプレーできる感じのようです(≒FPS60超え)

2200Gと2400G

いずれも物理4コアに、論理4スレッド分があるか?VEGA GPU部分のスペックに差異があります。

無論、Ryzen5 2400Gの方が速いんですが、プレーするタイトルによっては、2200Gでも十分だったりします。以前のA12 APUより2~3倍速い。

以前のCore i5並みの性能に、GF1030が乗っかって、1万円弱で買えちゃうのは、凄い魅力です。

システム全部合わせても5万円程度で作れちゃう。

(;・∀・)しかも、オーバークロックも可

メモリ関連

ビデオメモリも、メインメモリから2GB利用されます。なので、メモリの性能が如実に反映されてしまいます。

メモリ速度も重要ですが、それよりも、2枚刺しと1枚刺しの差が、倍くらい違います。ここは絶対、2枚単位でデュアルチャネル有効状態にする必要があります。

現在メモリが高額過ぎるので、なかなか手が出せません。もうちょい待てば、下がっていくと思うので、とりあえず8GB辺り(4GB2枚10000円位)でお茶を濁すのも手ですね。

DDR4メモリ

消費電力

消費電力は、MAX時でも(PC全体計)100W辺りで落ち着くようです(もちろん構成による)PlayStation4よりも、断然省エネとも言えます。

ビデオカード増設

sc20180213155716もちろん、ビデオ機能を向上したい場合は、ビデオカードを増設する事も可能です。

・・が、PCI Express x8接続となってしまうようです(必要十分だけどね)

あまりAPUの性能をあげちゃうと、ビデオカードが売れなくなってしまう訳ですので、想定のベンチマーク結果という印象です。

次期Ryzen2シリーズ

ここから、ウワサ話となりますが。。

上記のモデルにRyzen3 2200GE、Ryzen5 2400GEという省電力版が出るかもしれない。必要性があるかどうか・・は微妙な感じですけども。

また、今年4月頃に、現行Ryzenの新モデルが”出る!?”・・かも、というウワサです。今回のAPUの型番は既に2xxxの名前が付いてますし。

先日、現行Ryzenの価格改定があったばかりですが、急な値下がりがあったら、近いぞ、と思った方がいいですね。

マザボのソケットはそのまま互換性があるので、安心です(新チップセットは出る)インテルとは違います。

注意:マザボBIOSアップデートを実施してから、交換しないと起動すらしないようです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。