【pc】GPD Pocketのパクリ!?OneMix

image

追記:GPDの新しいモデル!

かつて東芝のLibretto(96年)やシャープのZaurus SLで世界最小ポケットパソコンがありましたが、これ彷彿とさせる、クラウドファウンディングで生まれた中国初のGPD Pocket

7インチ液晶の本当にポケットに入るノートパソコンです。

GPD Pocket(約58,000円)※技適を通り正式に国内販売されてます

ニッチとはいえ、日本国内でも人気商品となってます。

・・がッ!

上の写真は、GPD Pocketではなく、OneNote OneMixという別製品。

価格(5万後半)やスペック(ATOM)はほぼ一緒、筐体などのギミックは多少違うようで、液晶部をまるっと360度裏面まで回してタブレットのようにもできる(ちょっと前のノートPCで流行ってたような)

国内代理店が食いついて、技適が通れば日本でも流通するでしょう。

5~6万円だと、ちょっとヨサゲなスマホやタブレットが手に入る価格帯なので、用途を考えると、本当にニッチな製品となってしまいますね。

どこでもプログラムが書きたいんじゃ、とか、文書書きたいんじゃ、ぐらいかな・・。これ位だとスマホで出来ちゃいますもんね。

Zaurusの隠れ残党が、Linuxを入れてホクホクする用途もあるか・・。

やっぱ、、、ロマンか。

(;´∀`)

追記:GPDの新しいモデル!

image

次の日。こんなニュースが飛び込んできました。

なんと、GPD Pocket2の予約受付が国内開始されました(85450円)10月下旬から11上旬発売予定だそうです。

価格が随分とアップしてしまったのも、CPUが、Core m3-7Y30(2コア1Ghz)とスペックアップしてしまってる。

スティックポインタも、キーボード上からヒンジ部付近に移動(これは、賛否両論ありそう)

個人的には、Arm CPU積んでくれて、Linux版を出してくれれば飛びつくんですけども。

あ・・それZaurusじゃ・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。