【pc】DDR4メモリがやっと下がり基調@チャート

image

自作PCの新調のため、ここしばらく高騰してたメモリ価格を、毎日のように眺めてました。

(;´Д`)

やっと、やっと、下降トレンドになったようです。これから、少しづつ下がっていくでしょう。

image

https://pcpartpicker.com/trends/price/memory/

こちらのサイトで、メモリ価格をチャートで、18ヶ月前からの価格の動きを見ることができます。

2018年2月頃をピークに、ゆっくりと下降していましたが、まだ油断できない動きを続けてました。

2018年8月に入って、ガクッと角度を付けて下向きに方向を定めたように見えます。

DDR4 8GB×2枚組が一時15,000円割れ、1年ぶりの安値を記録

本日のアスキーのニュース。店頭セール価格ですが、15000円を切ったようです。DDR4 4GBはあまり動きが少ないように見える。

image

最近は円安ぎみで、本日、為替が113.5円/ドルと結構厳しいはずなのですが、それでも影響が無いのは、メモリメーカーがかなりのレベルで増産してるのか、高すぎて売れなかった8GBメモリの在庫余剰か。

中国のメモリメーカーがそろそろ本格的に市場投入し始めるタイミングなので、既存メーカーが対策をしだしたとか。

なら、当時、日本のメモリメーカーが被ったような次元を超える価格まで暴落するかもしれません。

image

16GB、5000円なんて時代が意外にすぐ来るかもしれない。

m9( ゚д゚)!所詮ただの基盤だ

思いっきり推論なので、本気にしないでね。いずれにしても、DDR5時代がすぐそこなので、欲しい時が買い時なんでしょうけども。

こちらのサイトで記事が上がってました。参考まで。

DRAM市場、2018年は好調も2019年以降は低迷か

市場を引っ張ってきたスマホが飽和状態で、新しい需要が無い限り、下がり続けるらしい。2020年辺りに底がくるとか。中国は驚異では無いらしいが(設備が古い)、彼らなりに挑戦的に仕掛けてくるでしょうし、さて、どうなるでしょう。

あぁ・・32GBとか64GBとか、無駄に搭載してみたい。。

(;^ω^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。