【ひ】冷えすぎるRyzen5 1400@使用レポ

image

2ヶ月程経過した新メインPCのRyzen5 1400。

前PCがCore i5-K Haswellだったので、ほぼ同じ感触、遅くも速くも感じません。

まだ、たまーにCPUの温度を確認したりしてます。

しかしながら目を疑うような数字です。

室温18.4度で、Ryzen Master表記では21度(+3度)、マザボのF-Stream表記では25度(+7度)

※アイドル時、CPUクーラーは阿修羅、正圧ケース、定格(3.2Ghz)、電源プランは省電力、メモリだけOC状態

(;´∀`)どっちが正解なのよ?

image

Ryzen Masterの+3度って、あまりに嘘臭いのでマザボの方を見てる。

image

しかし、今わかった事だけど、RyzenMasterの1コア占有率がパない。上写真右下、終了したら0%に・・。

んで、RyzenMasterで、GameModeにして簡易OCしてみます(3.5Ghz、無負荷時でも3Ghz)

※電源プランは、Ryzenバランス

image

これで、やっと、26.25度。室温+7度位。マザボ側でも27度。

image

上記、30%負荷ぐらいでは、27度。

全コア負荷連続50%時で、30度を確認(ブラウザで無理くり負荷をあげた1分位だけど)

残念ながら、Ryzenでは今冬の温風ヒーターにはなりえないようです。

(;^ω^)

現行Ryzenの”X”付きモデルは、高TDPであまり人気が無いようですが、これならアップグレードで”X”付きはアリかもしれない(マザボがB350だけどもw)

ちなみに、電源プランを省電力にすると、Ryzenは本気の冷えっぷりを見せてくれますが、この状態でゲーミングは無理でしたが、常用レベルはまったく不満無し。

OCしなくても、”Ryzenバランス”に設定しておけば、ゲーミング時でもパワーを出してくれる。

3万円のCore i5-Kから、1万円のRyzen5 1400に引っ越しましたが、まったく不満無し。

そろそろ中古で出回りそうなR5 1400でした。

現行Ryzenの値下げ*が実施されるかもしれないし、Zen2の発表もそろそろではないでしょうか。

※上位機種を中心で最大5000円位かも、しれない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。