【PC】HP ProDesk600G4SFFの中身

P_20190403_111401_1_p

HP社製2019年法人向けモデルのProDesk600G4SFFの中身です。小さなボディに、インテル8世代CPUが乗った最新のモデル。

主に写真紹介と簡単な分解方法(一切、ドライバー&工具要らず

P_20190403_111347_1_p

裏面はこのような感じになってます。デジタル出力はDisplayPortが2ポート。

P_20190403_111421_1_p

本体を開けるには、中央のツマミをスライドしながら、写真でいう所、手前に引くだけです(引くための取っ手があります)

P_20190403_111501_1_p

中身はこのような感じになってます。まさに法人向け。

P_20190403_111516_1_p

驚いた事に、80PLUS Platinum電源搭載です(AcBel製)

出力は180Wだけどね。。

P_20190403_111533_1_p

本体内部にアクセスするには、フロントパネルを外す必要があります。単純に、上部に見える4ヶ所の爪を外せば取れます。

P_20190403_111555_1_p

裏面はこんなです。完全な樹脂製です。

P_20190403_111614_1_p

本体側面に、思わしげなレバーが付いてます。これを引くと、ストレージベイを、跳ね上げる事ができます。

P_20190403_111654

こんな感じに浮きます。事前に、ストレージ類のケーブルを抜いておきましょう。

P_20190403_111706

ここまで浮かすと、片一方が外れるようになります。上手いこと出来てますねぇ。

戻す際は、これと逆をやります。そうしないと、爪が掛かりません。

P_20190403_111733_1_p

メモリ周辺の近影。下部のは、miniPCIスロットでしょうか(Wifi用?)

また、見難いですが、左にM.2スロットも付いてます(多分)

P_20190403_111742_1_p

CPUの排熱制御が素晴らしい。循環する事なく、しっかり給排気してくれる機構です。

ヒートパイプ式では無いので、冷えは期待できそうにありませんが。

こんなに簡単にアクセスできちゃうので不安でもありますが、そういう場合、別途製品で物理ロックを掛けたりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。