【pc】Lenovo Thinkpad E430c分解

P_20190424_134628

2012年頃のモデルのLenovo Thinkpad Edge E430cの分解と中身の記事です(E420辺りからのモデルと共通かと思う)とはいえ、HDDの換装までです。

※分解は自己責任で

同じ冠を持ってるとはいえ、歴史あるThinkpad本流とは違い、裏面カバーを外す事で内部にアクセスします。

3箇所のネジを緩ませてから(取れない)、爪をパキッと数カ所外しながら取り外します。なので、若干の慎重さが要求されます(スマホ裏蓋な感じ)

上写真をご覧の通り、これ一枚外せば、CPU・メモリ・HDD・Wifiカードにアクセスできます(写真では既にHDDを取り出してます)

P_20190424_151837_1_p

もう一箇所のフタは、mSATA(と電池)となってるようです。オプションで、HDDキャッシュ用のパーツが入るようです。

これは、普通のmSATAストレージ用として使えるんだろうか(mSATAパーツって若干高額なのよね・・)

P_20190424_151852

CPUの換装もやりやすくなってますね。

P_20190424_151907

ストレージ用のステイはこんなです。限りなく簡素です。

HDDの換装については、凄く固くて若干の工夫が必要です。

2本のネジを外してから、マイナスドライバー2本を用意して、隙間に入れて、ストレージを抜く方向に力を入れます。これでも、結構力が要ります。

P_20190424_152005_p

一応、裏蓋の写真です。

CPUファンの吸気の影響で、ホコリが溜まっていくはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。