【自作】AMD Zen2/Ryzen 3000まとめてみた(゚∀゚)

2019年6月13日

image

2019年7/7に発売予定の期待のZen2ことRyzen3000シリーズをまとめてみました。前回とは違い、APUも含め全製品同時のようです。価格は米ドル、キャッシュは合計値。

Ryzen9シリーズは、今回始めてのラインナップとなります。また、PCI Express4世代対応。

マザーボードは、初代300や400シリーズでも利用できます(AM4製品A320/B350/X370/B450/X470。但し、更新が必要

一部を除き、全ての製品に、CPUクーラーが付属されています。

※余談:Radeon RX5700も同日に発売です

Ryzen 3000シリーズ(7nm)

製品CoresClockCacheTDP価格
R9 3950X16/323.5-4.7Ghz72MB105W749
R9 3900X12/243.8-4.6Ghz70MB105W499
R7 3800X8/163.9-4.5Ghz36MB105W399
R7 3700X8/163.6-4.4Ghz36MB65W329
R5 3600X6/123.8-4.4Ghz35MB95W249
R5 36006/123.6-4.2Ghz35MB65W199

6/13現在の為替は、108円/米ドルですが、3950Xに関しては、10万円前後な雰囲気です。AMD毎度の事ながら、急遽値下げされる可能性もありそうです。

物理16コアまでやれるぞと見せつつ、まだ(価格的に)余力を残したようなラインナップです。

定格で4.7Ghzまで回る3950X、各メディアでのレビュー記事が待ち遠しい。どこまで、OCできるか・・も。

Ryzen 3000シリーズAPU(12nm)

製品Cores/
GPU
Clock/
GPU
CacheTDP価格
R5 3400G4/8
Vega11
3.7-4.2Ghz
1.4Ghz
6.3MB65W149
R3 3200G4/4
Vega8
3.6-4.0Ghz
1.25Ghz
6.3MB65W99

いずれも、DDR4 2933Mhz対応(チャネル・メモリランク依存)。APU含め、ソルダリング仕様のようです(以前のAPUはグリス仕様)

3200Gは、コスパキングの称号を与えられるんでしょうか。期待です。

参考:Ryzen2000シリーズ(12nm)

以下、店頭で小売されているもの。価格は発表時のもの。現行の製品で、大きく値を下げてます。ここを狙うのも良しですね。

APUやAthlonの省エネ具合も見逃せない。

製品Cores/
GPU
Clock/
GPU
CacheTDP価格
R7 2700X8/163.7-4.35Ghz20.7MB105W329
R7 27008/163.2-4.1Ghz20.7MB95W299
R5 2600X6/123.6-4.2Ghz19.5MB95W229
R5 26006/123.4-3.9Ghz19.5MB65W199
R5 2400G
(14nm)
4/8
Vega11
3.6-3.9Ghz
1.25Ghz
19.5MB65W169
R3 2200G
(14nm)
4/4
Vega8
3.5-3.79Ghz
1.1Ghz
19.5MB65W99
Athlon 200GE
(14nm)
2/4
Vega3
3.2Ghz
1.0Ghz
6.3MB35W55

参考:Ryzen1000シリーズ(14nm)

以下、店頭で小売されているもの。価格は発表時のもの。やはり、こうして見ると、製品が多過ぎるように見えますが、インテル側はさらに数倍です。

中古・新古、又はフリマ・オークションで目にかける程度となりましたが、多コアでコスパが良ければこれもアリですよね。

製品CoresClockCacheTDP価格
R7 1800X8/163.6-4.0Ghz20.7MB95W499
R7 1700X8/163.4-3.8Ghz20.7MB95W399
R7 17008/163.0-3.7Ghz20.7MB65W329
R5 1600X6/123.6-4.0Ghz19.5MB95W249
R5 16006/123.2-3.6Ghz19.5MB65W219
R5 1500X4/83.5-3.7Ghz18.3MB65W189
R5 14004/83.2-3.4Ghz10.3MB65W169
R3 1300X4/43.5-3.7Ghz10.3MB65W129
R3 12004/43.1-3.4Ghz10.3MB65W109

AMD CPUラインナップ