【GAME】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その99

Arma3プレーヤー様にご案内

元コンガリベーコンの鯖缶さんが、まったくのゼロから開発した新しいシステムを、近くクローズドテストを実施するようです。

テスト開始時に再度ご案内致しますので、ぜひともご参加ください!鯖味噌Discordまで

image

10/17。Discordのある部屋。開発は順調なようですが、もうちょい先のようです。

20191010203258_1

追記:p3dオブジェクト名を調べる方法

追記:Cher.Reduxマップ更新

追記:チェルノでRavageの続き

以前から気になっていた、Ravage Modのゾンビを確認してみました。

Ravage MODを入れて起動するだけで、サバイバル系ミッションプレーが楽しめるようで、これでプレーしてみる。

20191010203337_1

護送中に事故にあったらしく、自分だけが生存者らしい。

20191010203551_1

何も持ってないので、物色してたらAIと遭遇、敵対してるだろう・・。こっそりと逃げる。

20191010204236_1

なんとも特徴的なゾンビと遭遇。よく分からず、死んでもうた・・。走っちゃぁやだー。

(;´Д`)

20191010210209_1

Ravageの仕組みを見るためにEdenを起動。

20191010215435_1

Ravageのゾンビは、音や目視での識別がある(度合いが設定できる)ランダム移動もある。DayZに似ているかもしれません。

追跡を失うのも確認しました。

ゾンビは3種類かな。中腰で走ってくるのは珍しい。

20191010215655_1

Ambient_zombieを置くだけで、スポナーとして機能するので、Exileとは関係無く、普通のミッションにゾンビを置くのに凄い楽です。

これなら、Exileでも導入が容易です。

image

Edenのエクスポートで、コードはどんなもんか調べます。

createUnit [“Ravage_zombies“,[23235.3,19984.1,0],[],0,”CAN_COLLIDE”];

これだけです。

(;^ω^)

後は、オブジェクト変数に、プロパティ値を入れていくだけです。

_this setVariable [‘type_m’,”Walkers”,true];;
_this setVariable [‘fastNum_m’,0.01,true];;
_this setVariable [‘numberMax_m’,5,true];;

このままだと、ゾンビからの鹵獲とか、トラップなんかをやりやい場合は、イベントハンドラでカスタムが必要です。

image

Ravageの公式Wikiがありますが、ほとんど情報がありませんでした。

(;´Д`)

追記:チェルノでRavageの続き

20191013234733_1

チェルノでの湧きと、細かな調整を実施。

よりゾンビっぽくしたいので・・。

(;^ω^)

20191013234721_1

Ravage単体で、AIの死体がゾンビ化して起き上がらせる事も出来る。

AI倒して鹵獲しようと、近づいたら、攻撃されちゃうんですよ。

(;´Д`)

むろん、ゾンビ化するまでの時間を設定できますけども。

AIグループもランダムで沸かせられるので、とても便利なMODですよ。これ

※アイテムの中身までは設定できませんが

追記:Cher.Reduxマップ更新

20191022200752_1

先日、ChernarusReduxマップが更新されました。

雰囲気が出ております。

image

Arma3のマップって、建物が微妙にズレていたり、地形にめり込んでいたりしますよね。

Reduxでも、もちろん存在してますが、今、これを一つづつ潰していってる作業をしてるんですよ。凄い作業量です。

Trello/CHR Bug Tracker

もし、そんな物件を見つけたら、ぜひとも、ここに登録してみてください。スクショと座標(MAP上スクショでも可)があれば伝わります。

追記:p3dオブジェクト名を調べる方法

20191022213146_1

マップのオブジェクトで、p3d名を知りたくなる時がある。

Edenを起動して、カーソルでポイントしたオブジェクトのp3d名を、延々とクリップボードに書き出してくれるスクリプトがこれ。

スタートして、ESC押して、スクリプトを流せば良い。

onEachFrame { hintSilent str [getModelInfo cursorObject, typeof cursorObject]; copytoclipboard str [getModelInfo cursorObject, typeof cursorObject]; };

ポイントしたら、タスクを切り替えて、Ctrl+Vで貼り付けられる。

むろん、Arma3・Edenを起動してる間は、クリップボードが使えなくなるので注意。一度、Edenを終了すればOK。

(追記予定)

「【GAME】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その99」への1件のフィードバック

  1. そのオブジェクト名とモデル名をコピーするスクリプトはゲーム内でも地表とかを見ればコピーする対象が無くなるので一時的にコピーを停止できます。

    また、trelloボードは外部登録者の追加を禁止しておりますので報告はChernarus reduxのdiscordで受け付けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。