【罠】中古スマホの案外知らない罠

image

中古スマホを手に入れるに当たって、セキュリティとか、赤ロム・・とかの話ではなく、案外知らない人が多い「」があります。

image

このサイトは、スマホのアプリ開発者向けのGoogleのサイトです。

ここに分かりやすく書いてますが、Google Androidのアプリ入手手段といえば、GooglePlayですよね。

これから、新しいアプリやアップデートは、全てAndroid8以上が対象になってしまっています(APIレベル26)

つまり、Android8以下の中古スマホは、その存在価値すら無くなってしまいました(内蔵アプリをそのまま使う分にはOKですが・・)

この大きな問題は、現在流通してる(特に1~2万円以下)中古スマホのほとんどが、これに該当します。最近、やけに値下げ幅が大きくなってるのも、これが原因でしょう。

せっかくの人気アプリが使えないのはもちろん、普段使ってるアプリの更新も出来なくなってしまう訳です(≒実質、利用不可)

image

ウィルスなどのアプリが、古いAPIレベルで開発されている傾向があるため、これの対策と言われてるようです。

(;´∀`)意味あるん?

スマホメーカーが数える程度しかない現状、10万円を超える高級端末か、中国製1万円か、選択肢が非常に限られる時代ですが、スマホは新品で購入するのが、安心なのです。

ちなみに、最新はAndroid10で、Google純正Pixelのみです(5万と10万)

(;・∀・)は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。