【game】もっと!Steamの裏活用方法

image

PCでのゲーミングプラットホームとして確固たる地位を確保したSteamですが、「ゲームを購入する」というだけで無く、色々な機能があります。

これらが、他競合するEPIC Games、Origins、Battle.netなどには存在しないSteam特有の特徴にもなっています。

高精度なユーザーレビュー

image

ここまで具体的数字までユーザーレビューを公開するプラットホームは、他に無いでしょうね。

(;^ω^)

ユーザーとしては、クソゲーを掴む事なく、安心して吟味してタイトルを選べます。

大規模なコミュニティSNS機能

image

各タイトル毎にコミュニティが用意され、掲示板やスクリーンショットの共有、ガイドなど、いつでも、世界中のプレーヤーと繋がっています。

面白いスクショが沢山掲載されてるので、一度見てみてください。

ブロードキャスト配信

image

YoutubeやTwitchなどのような配信機能も持ち合わせています。

もちろん、貴方も簡単に配信できちゃいます。

スモールモード

image

細かいですが・・、小さく表示できます。邪魔でしょうが無い!!という人向けですねw

(;^ω^)

image

ゲームのライブラリーだけが表示されたウィンドウ表示になります。

Big Pictureモード

image

また、こんなBigPictureモードなんてのもあります。

ゲーム専用機のホーム画面のような感じで、画面いっぱいにSteamが表示されます。

コントローラーだけでも操作できるよう配慮されてます。

ミュージックプレーヤー

image

これは、あまり使う機会は無いかと思いますが、PC内の音楽や、購入したサウンドトラックなどを再生させる事ができます。

サーバーの一覧を表示

image

ゲームを起動しなくても、Steamから、接続先サーバの一覧を表示させる事ができます。

フレンドが何のゲームで、どこに接続してるかも確認できます。

ユーザーグループへ参加と作成

image

テーマを持った掲示板のようなもので、自由に参加や作成を行う事ができます。

コミュニティマーケットで稼ぐ?

image

ゲームをプレイしてると、インベントリにアイテムが追加される事があります。ゲーム内実績などに応じてプレゼントされるようです。

image

私はあまり意識して貯めてませんが、これだけ所持してたようです・・。

(;^ω^)

これらを、それぞれ販売する事ができます。相場なども表示されてるので、おおよその価格は分かります・・が、自分で好きな価格を提示する事もできます。

とはいえ、ほとんどは、数から数十円程度。

Steamゲームデータ

image

今、世界で、どんなゲームがプレーされているか、ここまでデータを公開してるのも凄い。

image

CS:GOは相変わらず1位のですね。

(;^ω^)

こんな細かな数字まで公開してるんですよ。

Steam OSが無料

image

多くはWindows OSを利用されてると思いますが、これとは別に、Steam専用のOSを無料で配布しています。

中身は、Linux OSのカスタム版で、一部のタイトルしか動作しません。

image

検索画面で、SteamOSとしても絞り込みする事ができます。

これらの他、他PCなどに映像を飛ばすファミリーシェアリンク、1人用ゲームでも遠隔地プレーヤーと一緒にプレーできるRemote Play Togetherなど、常に先進的な機能を提供してくれていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最大1Gbpsの高速光ファイバー<auひかり>
auスマホをお持ちならセットでお得!【So-net 光 (auひかり)】
BIGLOBEモバイル 格安SIM
ドスパラは最短当日出荷!