【pc】結構忘れがちなSSDユーザーのための設定

sc20121210101728

だいぶSSDの価格がこなれてきました。

いまや、120GBが8000円程度で手に入るようになりました。

SATA2用とか在庫処分を狙えば、6000円程度からある

120GBもあれば常用に耐えられる。実際自分も、OCZ (SATA3)の120GBを常用中。

なんやかんやで、残り容量が30GBとなってしまった。

なにが消費してるんだろうと、Cドライブを眺めてても、意外に分からない。・・というか計算が合わない。

(゚∀゚)ノ 多分、四次元に繋がってんだろう・・・とか、思ってはイケない。

sc20121210102131

まずはこれを見てくれた方が早い。

RAMDISK分はしょうがないとしても、ざっと、15GBも消費してるファイルがあるんです。

見ても分かるように、これ休止状態時のRAMを保存してるファイル(hiberfil.sys)と、RAMスワップ用のファイル(pagefile.sys)なんですよね。

つまりは、PCに搭載してるRAM容量が多ければ多いほど、もっとデカイファイルになってるはずです(私のPCは、8GBのもの)

サスペンドは使うが、休止なんてほとんど使わないんで、もう、早速OFFにします。また、ページファイルも手動設定で、小さくしてしまいましょう。

休止機能をOFFにする方法は、管理者でコンソール開いてこのコマンド。

powercfg.exe /hibernate off

ページファイルの手動設定は、いつものこの画面です。

sc20121210102629

コンパネのシステム、仮想メモリのところです。


これさえやれば、誰でも軽く10GBは増やせるんじゃないでしょうか。

それでもSSDの容量が切迫している方は、クラウド・ストレージが良いですよ。いっそ、マイドキュメントを、クラウドに置いちゃうんですよ。あまり、オススメはできませんけども。

どうぞお試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。