【pc】80PLUSプラチナ電源買ってみた@帝力プラ

NCM_0034

地味でも重要なPCパーツのATX電源を購入してみた。

しかも、最上級の80PLUSプラチナ認証の「帝力プラチナムNaked 500W」ですよ。

現在利用中なのは、HP社製Pavilion Elite(i7-2600デスクトップ機)で、このHPのPavilion Eliteは、もとからActivePFC電源が搭載されてるので、どれだけ効率が上がるか気になってた。

PC動いてるからいいじゃん、なんで電源買うのさ?

・・と思われる方もいるかもしれない。これには理由があるんです。

通常のPC電源は、30~40%が熱に変換され、これが無駄になってます。PCの排気熱が熱いのはそのためで、わざわざ小型ヒーター的な動きをしてるんです。

この電源変換効率を、可能な限り上げようってなワケです。ただ、高効率電源は、とっても高額です。

製品に、80PLUSと書かれていれば高効率電源(80%以上)です。通常、一般のパソコンは搭載されていません。80PLUSにもグレードがあり、Standard/Bronz/Silver/Gold/Platinumの5段階。

NCM_0036各電圧はこんな感じです。

十分すぎる容量です。

3.3V&5V 100W、12V 498W、5V 15Wとなってます。PCパーツが100Vで動いてくれりゃ、地球にやさしいしPC電源など不要なんですけどもねぇ。海外は200Vだが。

NCM_0035

コスト削減の結果なのか、塗装も無し、ケーブルもそのまま直結状態。付属品も、電源ケーブルとネジだけです。

中身が大事なんですよ(゚∀゚)

ファンは大きめ、14cmかな?

電源サイズは、元々電源サイズよりも、2cmほどでかかった・・・が、なんとかギリギリ内蔵できた。

んで、早速消費電力を計ってみましたよぉ。

<テスト内容>

計測器には以下の機器が接続されてます。面倒だったので、PC個別に測るのではなく、これら全体の消費電力です。

HP Pavilion HPE(Core i7-2600/RAM 4GBx3/HDD 1TB/DVDx1)
ビデオカード(GeForce 550 ti/1GB) ※補助電源有、こいつがクセモノ(;・∀・)
USB(ヘッドホン、マウス、キーボード)
PC切替器(7ポート、セルフ電源)
液晶モニタ(Mitsubishi RDT234WX) ※15W程度
無線LANルータ(NEC Aterm8500N) ※10W程度
液晶テレビ(Regza Z7000) ※電源OFF、スタンバイ状態

テスト結果

状況 元電源 ※純正
(ActivePFC搭載)
帝力プラチナム
Naked 500W
BIOS起動中 149W 132W
起動時最大 *1 124W 125W
アイドル状態 86W 73W
ベンチ最大 *1 261W 237W

※1.最大値の項目は、目視でのチェックなので、曖昧です

ベンチは、Windowsインデックスです。DirectX 10 APUテストが最も大きくなるポイント

案の定・・・というか当たり前ですが、全体的に消費電力が落ちました。素晴らしい。消費電力が高くなるにつれて、効果が上がっていくようです。

sc20130820211513しかしまぁ・・、総じて10%程向上でしょうか。

もともと、HP Pavilion Eliteは、よさげな電源が搭載されている製品です。

80plus認定はされていませんけども、高価と言われているActivePFC回路を搭載しています。

10%向上という結果を見ても、80PLUSに届くか届かないか程度の品質の良い電源なのかもしれません。

さすがHP社ハイエンド機です。

つう事は、パソコンの電気代が来月から、10%減という事です。地球にも、10%やさしくなったという。

常用パソコンは、ノートの方なので、元をとるには10年位掛かりそうですけども(;・∀・)

まぁ。。いまどきi7-2600で、GeForce 550tiとか利用してるので、これを刷新するだけでも、数十Wは稼げるでしょうけども。

参考になれば幸いです。

80PLUSプラチナム電源

「【pc】80PLUSプラチナ電源買ってみた@帝力プラ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。