【タブ】ドコモAquos SH-08Eを買ってみた

DSC_0054

白ロムですが、シャープAQUOS SH-08Eを購入しました。

日本メーカー製の、珍しい7インチAndroidタブレットです。

フルセグやIGZO液晶等、フルスペックの端末です。2013/8発売

第一印象的には、IGZO液晶の綺麗な事と言ったら・・(´∀`*)

7インチにフルHDを超える1200*1920の解像度を詰め込んでる訳です。

DSC_0055

TVアンテナと、スタイラスペンが引き出せます。

いざッという時に、スタイラスが利用できるのは大きい。・・そのイザっという時が来るのかどうかも問題ですが(;・∀・)

スピーカーはこの上部に1箇所(モノラル)のみなので、期待しちゃだめです(平面に置いても空間ができるよう工夫はされてます)

カメラは、裏面反射CMOS800万画素。この辺も国産ならではのスペックです。

右サイドに、電源と音量ボタン。上部にイヤホン、下部に、microSD/SIM/USBスロットがあり、「尖った特徴が無い」という最近のシャープっぽい端末です。

「目の付け所がシ○ープ」という文句が懐かしく感じるこの頃です。

でも、まぁ、質実剛健という言葉がしっくりきます。

DSC_0056

「書きノート」というアプリが内蔵されてまして、良い感じに手書きが楽しめます(Googleカレンダー連携)

スタイラスを用いなくても、指だけでも、全然利用可能です。

やっぱ、WACOMデバイスとかでは無く、普通の静電方式なので、精細にイラストを書くという事はできません。

本日、一日中持ち歩いてみました。

ナビやらウェブやら使いまくりましたが、帰宅時には75%も残量が残ってて驚きました。

軽いし(300g)、薄いし、上着のポッケにも入るので、これは最強でしょう。

クレードルSH75が付属されているので、充電も、サクッと置くだけでOKです。

ただ唯一の残念な点といえば、SH-06E(スマホ)やNexus7/2013のように、Qi充電もサポートしてほしかった。カバーつけた状態でも充電が可能なのですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。