【PC】高額過ぎるオフィスを賢く手に入れる方法とは

sc20140628201509

日本メーカー製のパソコンだと、無条件で付いてくるオフィス(Word/Excel/Outlook)ですが。

そもそも、価格にオフィス代が含まれています

パソコンに入っていなかった場合は、別途パッケージを購入しなければいけませんが・・

このオフィスは、3万円もするシロモノです。

しかぁ~し!!よーく考えてみてください。

このマイクロソフト社オフィスには、通常以下の種類が含まれています。

WORD(ワープロ)、EXCEL(表計算)、OUTLOOK(メール等)、POWERPOINT(プレゼン)、ACCESS(データベース)

この中で実際に使ってるソフトはどんだけありますか?

正直、Wordとか、Outlookとか使わないでしょ(;^ω^)

sc20140628202436私は、Excel位しか使いません。メールやデータベース、プレゼン系も代用ソフトを利用してます。

「じゃ、Excelだけ買えばいいじゃん」

・・となります。

Excelだけだと、12000円程度で手に入ります。

しかも、パッケージ版の特典として、2台までのPCにインストールする事ができます。

Microsoft Office Excel 2013 通常版 [プロダクトキーのみ] [パッケージ] (PC2台/1ライセンス)

sc20140628203125

オフィスの上位モデルのProfessionalは、5万円近くもします。

色々入ってますが、OneNoteは無償化されましたし、Publisherは使い道が分からない。

Word、Outlookは使わないでしょ。

んじゃ、「残るはExcelとAccess」ですよ。

Accessは高額なソフトなんだろうか・・と思いきや、なんとこれも12000円で手に入ります。

Microsoft Office Access 2013 通常版 [プロダクトキーのみ] [パッケージ] (PC2台/1ライセンス)

必要なソフトだけを、単品で買えば良いだけ・・とのお話でした。

この方法なら、常に新しいバージョンのオフィスを利用できます。新しいバージョンが使い難いなら、前のパッケージに戻せば良いだけです。

ライセンス的にも問題ありませんし、格安で常用可能です。

私がやってる方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。