【DIY】中国製LEDライト(DC24V)とディマーを接続してみた

P1010310

ついさっき作業してたんですが、以前購入していた、こいつ、中国製の直流/DCの作業ライトを、接続してみた。

まぁ・・記事にするまでもありませんが(;^ω^)

こういう記事ってあんまり無いですよね。レビュー位しか

1980円前後で売られている製品で、LED10Wのスペック、DCで12V/24V対応というのが特徴。

中国製で、案の定、メーカーとかブランド名とか皆無です。保証する気が皆無ですw

残念ながら、日本製でこういった製品だと、業務用となるので激高価なのです。選ばざるえません。

P1010311

DCスイッチ(開閉器)用途でこの中国製のディマーを利用します。

動作確認だけは既に行ってます。えぇ・・怖かったので。


P1010314

なんか出てきた古いスピーカー用のケーブル、0.75mmっぽい。

10Wを24Vで利用する予定なので、0.5Aなら問題ありません。


P1010315

ショートを避けるためダメージ部分を補修しておきます。


P1010317

丸型端子に加工。


P1010320

LEDライトのケーブル末端は、無造作に剥かれた、青色と茶色の2本。

さて、どっちがプラスでしょうか?(;^ω^)

茶色が+、青色がーです。
P1010322

今後接続が容易になるように、ギボシ加工しておきます。


P1010324

バッテリーに接続し、ディマーをOFFにしてみたところです(バッテリー24V)

僅かに流れているようです。う~む(;^ω^)
P1010325

全て接続しました。

ディマーをOFFにしてるので、LEDライトは消灯してますが、たまーに、かる~く点滅したりしてますよ・・w

本格運用は怖いので、しばらく、様子を見てみよう。

P1010326

ちょっとだけONにしました。

LEDなので、電球のような明暗機能はほぼ使えない。突然点灯します。

眩しいッ!10Wとはいえ、直視出来ませんね。

でも、大きな部屋・倉庫全体を照らすには不足気味です。

複数個必要でしょうね。また、点灯時は高周波音がします。ちょっと不快な感じ。

追記:いや・・かなり明るかったです。

一応、ディマーが働いてるようで、ちょっと動かすだけで24Vが突如出力され、さらにツマミを動かせば、0.1V程度で電圧が増えていきます。

まぁ・・これって、どうなんでしょ?(;^ω^)

・・・と思ったら、負荷を接続した状態だと、正常にディマーが機能してました。

LEDが点灯しだすのは、7.0V辺りのようです。ツマミ1/3で、12Vでした。高周波音が結構鳴るので、これ以上回すのは怖い(;^ω^)

なので、僅かに光量がアップします。ですが、バッテリー直結だと、24Vではなくて、2個直結で28.8Vとかになるので、フルで回したら壊れそう。

もしかすると、ですが、12Vだと違う挙動をするのかもしれない。

直流を直接使うので、AC100Vタイプのライトを使うよりも高効率です。

安価なので、まぁ・・オススメです。1980円

【Jumping_stone】 10W LED投光器 DC12V-24V ワークライト 作業灯 広角高輝度

ディマーはこちら。DCのスイッチとしても、お安いです。約800円

LEDの明るさ調整 DimmerコントローラーLED制御12-24V 8A「平行輸入品」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。