【CAR】バッテリーを交換してみた@充電制御車

P1010341

車に関してはほとんど無知なのですが、バッテリー交換はめっさ簡単だと良く見かけるので、はてさてどうなんやろか。

今のバッテリーは、新車時のままなので、もう5年目位になる。

テスターで測っても、まだまだイケそうなんだけども、真冬にトラブったらと思うとガクブルなので、交換しよう。

んで、丁度安かった同サイズの充電制御車対応のものをゲッツ。

商品名が、BOXティッシュみたいな感じです・・・(;^ω^)

GSユアサの「エコアール・60B24L(36Ah)」で、標準が46B24Lだったので、いくらか容量が増えるはず(標準品も、GSユアサ製だった)

上面に容量インジケータがあるのは嬉しい。

事前に、バッテリー充電器で充電しておきます。買ったばかり状態では、12.1Vとしばらく放置されてたものでした。理想は12.4V、0.3Vの差はとても大きいのは知ってる。

ブーストモード(高電圧)で充電して放置してたら、どこからともなく「グツグツ」と聞こえる、そして異臭が・・ヽ(;゚д゚)ノ はっ!

も、もしや・・と、即効で充電器を外しましたw

異臭の原因は「水素」、14.4Vを超えて過充電すると、こうなっちゃいます。注意です。ちなみに、水素は、燃えます、爆発します。福島原発事故の時のあれ、です。

P1010342

車の方は、マイナスから外すのがセオリーだったらしい・・

(;^ω^)プラスから外してもうた


P1010343

ターミナルを外しました。

思いの外、軽く外せるもんなんですね。拍子抜けしました。

注意する点といえば、プラス極を外す際、工具(スパナ)とかをボディ(アース・マイナス極)に触れてしまうと、確実にショートするので危険

この状態で、車への電源供給は絶たれました。

カーオーディオやらなんやらが、リセットされてしまいました。

P1010344

上部のバッテリーカバーを外します。

J字型になっていて、下部に引っ掛けてるだけのシンプルなものでした。


P1010345

バッテリー置き場、汚ねぇ・・。

掃除しておこう。

2cm程度の余裕があるので、もしかしたら、もうワンサイズ大きなバッテリーが乗りそうです。


P1010346

ドスンと、おニュウなバッテリーを乗っけました。

手前に見える丸い窓がインジケータです。青で正常との事


恐る恐るエンジンを掛けてみたら、無事掛かります(;^ω^)

オーディオを確認したら、案の定、全て消えてしまってます。ラジオ局の設定がやり直しだ。

この状態で、しばらく(2~3分)エンジンを掛けっぱなしにしておきます。カーコンピュータの状態維持のため必要らしい。

カーバッテリーの交換は簡単だ、とは聞いていましたが、確かに簡単でした(;^ω^)ただ、車によっては、通電した状態(バックアップ)での交換が必要だったり、ショート(超危険!)の可能性もゼロではないため、自己責任が取れない場合は、お店でやってもらった方がいいでしょうね。

ただ・・ネット価格のバッテリーって、超安いんですよねぇ。

同一商品が、ネットで1万円、イエロー◯ットで3万円とか・・

絶句したよ・・ヽ(;゚д゚)ノ !

P1010347

お古のバッテリーをよく見ると、液漏れが見られます。

色々なところ走りましたからね。ご苦労様でしたぁ( ´∀`)

電圧を見ても、さほどヘタってません。メンテゼロで5年以上も持ってるとは凄い。さすが日本製です。

彼には、第二の人生が待ってます。

ソーラーパネルシステムの蓄電を担当して頂きます。防犯用ライト専用なんか良さそうです。36Ahもあれば十分でしょう。

カーバッテリー

安価なやつは、ほぼ韓国製・中国製と思って間違いありません。G&Yuとか韓国製です。ダマされないよう注意!安くでも保証ゼロは、博打同然です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。