【DIY】小屋作り@面構造にとりかかるのだ

P1010545

床までは出来ました。

2日目の後、手首が痛くなって、1日休養・・(;^ω^)

普段使わない筋肉を使っているらしく、体中がダル重い・・。

さて、3日目の小屋作りです。

壁になる面構造を作っていきます。

小屋全体の剛性に結びつくものなので、しっかりとして精度で作らなければなりません。

・・が、いたって簡単な構造。

丸ノコは所有してないので、卓上丸ノコでカットしていきます。

P1010546

事前に計算済みでしたが、やっぱ一番の不安要素は、「自分」な訳で・・(計算ミス)

現物を使って、カットする寸法を割り出していきます。

写真は、2x4の縦2本分のサイズをカットするところ。床が、182cmなので、はみ出たところをカットする訳です。

面構造の柱に当たるところです。

P1010547

これだけ不要な訳です。

エンピツで印を付けておきます。

ちなみに事前に計算していた数字とピタリ。


P1010548

そんなこんなで、カットが終わりました。

182cm x 182cmの正方形です。

各柱間のスペースは、40.7mmとなりました。これも事前の計算通り。


P1010549

コーススレッドで芋継ぎしまくり、となります。

使ったのは、錆止め&スリムビスの75mmです。

初めて使いますが、普通のコーススレッドに比べて、確かに入りやすいですね。

インパクトドライバのハンマーの回数も少なめです。

P1010550

そして、合板を貼っつけます。

2x4工法でいえば、この合板も剛性を作り出してる重要なパーツです。

若干多めにコーススレッドを打っておきます(柱ごとに6本程)

12mm合板なので、使ったのは、32mmのものです。

まだ、5月ですが、蚊に刺されてしまったので、蚊取り線香2台体制になってます(;^ω^)

P1010551

さらに、もう一組作りました。

若干の歪みがありましたが、まぁ・・許容範囲でしょう。

1~2mmは仕様の範囲ですw

明日は、もう2枚、壁を作らないといけません。

出入口の面と、その反対側の壁となります。

私の設計では、若干の加工が必要なので、ズレの無いよう注意しないといけない。

写真を見ても分かると思いますが、自分が使ってる工具は、めっさ安いやつばっか、しかも100均工具も普通に使ってますw

安くても十分使えます、インパクトドライバーは、あえてパワーの無いものを使ってます。コーススレッドがめり込んでいく事が無いので、便利です。新興製作所の工具

「【DIY】小屋作り@面構造にとりかかるのだ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最大1Gbpsの高速光ファイバー<auひかり>
auスマホをお持ちならセットでお得!【So-net 光 (auひかり)】
BIGLOBEモバイル 格安SIM
ドスパラは最短当日出荷!