【LAN】USB電源なギガハブをゲッツ@CG-SW05GTXU

P1010704

追記あり:

ずっと前から欲しかった。これ

USBから電源供給が可能な、ギガビットLANハブです(5V 500mA)

コレガ社のCG-SW05GTXU。5ポート、1980円

5ポート Giga USB給電 スイッチングハブ 「しっかり節電+」機能 ループ検知 Jumbo Frame対応 …

世界どこを探しても、この製品しかありません。100Base-TXなら、いくつかあるが。

しかも、これ、メーカー直販からしか買えません(;^ω^)

発売と同時に買うつもりだったが、いつか、店頭に並ぶんでは・・?と思っていたが、一向にそんな気配が無いw ニッチなのか?

なので、2個買ってしまいましたw(;´∀`)

P1010705

箱は、ただの茶箱。

中身はこんなです。

ボディは鉄製で、放熱の心配無用。ループバック検知あり、LEDランプ等、USB電源とはいえフル機能です。


P1010707

なんてことない普通のLANハブです。

電源は、microUSB端子なら汎用的だったはずなんだけど、DCプラグです。

ケーブルを無くしたらアウトですな・・。

ちなみに、PSP用(5V)のDCプラグでは入りませんでした。ちょっと大きい。

P1010708

現在の屋内LANの様子。

現在は、Buffalo LSW3-GT-5EPという古いギガビットハブを利用してます(3.3V 2A)

奥のは、AtermWR8166Nという小さい無線LANルータ(5V 1A)


んで、なぜに、この製品を購入したかという理由を。

P1010264

ソーラー発電で昼間溜めた電気を利用して、こういった小物家電をまかなおうとしてます。

電気が詳しい方なら分かると思いますが、欲しい電圧をあるところに合わせる必要があって・・。

用意しやすい電圧といえば、24V、12V、5Vでしょう。

幸い多くの小物家電は、5Vである電源(USB含む)を取るものが多くて、可能なかぎり、この5V製品を揃えているところです。

上で紹介した無線ルータは、5VでPSPとDCプラグが同じなので、実際にソーラー蓄電からまかなってます。

ただ・・、このAtermWR8166Nは100Base-TXハブなので、ギガビット対応の5V製品が欲しかった訳です。ネットワーク速度は落としたくないので。

しかも、ITエンジニアさんなら、このCG-SW05GTXUとモバイルバッテリーをカバンに入れておくと株があがりますよ。

P1010735

追記:

無事稼働を確認しました。

ここに写ってるの、全てソーラー発電で24時間動いてるんですよ。

(;^ω^)

ギガハブ2個、無線ルータ、RaspberryPi2(サーバ用途)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。