【開発】VisualStudioでRamdiskでこっぱや

sc20110818190450

プログラム開発となると、何度もコンパイルビルドを繰り返しますので、ストレージの速さって、結構ストレスになりますよね。

写真のこれ、ドライブXがRamdiskです。

丁度、Chrome用に1GBをRamDisk化していたので、それを利用してみようと、試してみた。

使用しているデスクトップは、一応64GBのSSD2台構成で、RAID0にしてます。

これでも十分速いんですが、やはり、ビルドとなると、数キロByteのファイルをジャカジャカ作成しますよね。

このサイズは、SSDにとってみると、(1ブロック以下なので)かなり負荷の高い処理だし、寿命的にも喜ばしく無い状態です。

PCの6GB RAMのうち、1GB分をRamdisk化していたので、そっくりそのままドライブにコピーして、ビルドしてみた。

SSDからのRamdiskだったし、小さいプロジェクトコードだったので、ビルド時間には体感的にはあまり感じられなかったんですが、全体的にサクサクしてる。

最近RAMがめっちゃ安いので、Ramdisk目的に増やしてもいいかもしんない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。