【発電】ソーラー発電した電気を有効利用@PC周辺機器編

P1010990

ずっと前から考えてて、いまさらですが、やっと実現です。

メインPCは、ゴリゴリの自作PCで、こちらは、どうしたって蓄電での稼働は無理です。

しかしながら、周辺機器への給電ならOKなはずですよね。

(;^ω^)

※PC内部の12Vラインに流すのは、さすがにためらう

早速手始めに手をつけたのが、こちら、USBセルフ給電タイプのハブです。

電源アダプタが付属してくるタイプのUSBハブですね。

これなら、USBハブに接続されているデバイスは、PCからでは無く、外部から供給できる訳です。ここに、ソーラー蓄電の電気を流し込めます。

このUSBハブは、幸いにも、12V4Aのアダプタであり、5.5/2.1mmという汎用DCプラグなので、簡単に自作できます。

付属されていた電源アダプタをテスターで測ると、12.5Vと変な数字ではあったものの(さすが中国クオリティ!)、手持ちのDC-DCコンバータをそのまま接続できそうです(12.9V)

んで、結果が上写真です。

いくつかのUSB機器で試しましたが、安定しております。

USB定格の5V/500mA(2.5W)が4本で、最大で10Wもの電気を削減できます。

ちなみに私が利用したUSBハブは、Ankerのこれの4ポートのものです。

Anker USB 3.0 ハブ 7ポート (電源アダプター・USB 3.0 ケーブル付)

同じくAnker系のハブは、汎用DCプラグっぽいです。

sc20151128231950

ちょっとお高いんですが、Ankerの13ポートUSBハブなんてのもあります。

これも見た感じ同じ感じで行けそうです。

こんなにUSBデバイス無いけども・・

Anker AH232 USB 3.0 13ポート +1スマート充電ポート(5V / 2.1A) アルミニウムハブ USB1.1/2.0互換

蓄電からの供給が突然絶たれたら、HDDとか逝っちゃいそうなので、運用には注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。