【電気】蓄電マニアに魅力的なAnker PowerHouseが登場

sc20160528110150

モバイルバッテリーでファンが多い、あのAnker(米)から、こんな製品が出ました。

巨大バッテリー内蔵で、12V/5V/AC100V出力まで付いた、なんとも魅力的すぎます。6/6発売

これが、5万円で、果たしてどのような製品なのか、調べてみた。

Anker PowerHouse (434Wh / 120,600mAh ポータブル電源) 【静音インバーター / USB & AC & DC出力対応 / PowerIQ搭載】

sc20160528111650スゴイバッテリー (3万)と同じく、リチウム電池で、鉛電池とは違い放電状態で放置しても劣化しません。多分、モバイルバッテリーと同じ、電池(1本3.6V)を大量に積んでるだけでしょう。

(;^ω^)

なので、120,600mAhの大容量!とかいっても、3.6V換算なのです。

車バッテリー(12V)で計算すれば、わずか30Ahとなり、軽自動車のバッテリーとほぼ同等です。

容量は、434Whなので、100W家電なら4時間しか持ちません。実際は、ロス分(熱変換)もあるので、もっと短い。ノートPC(20W)なら、1日程度は全然持つでしょう。

USB-5V系は、計6A、実績のあるIQ(電流管理)で、12Vは最大10AAC100Vは1.29Aまで(最大129W出力)です。

これで、家電をまかなうのは、不可能です。省電の情報家電くらいしか動かせません。

んで、AC100Vは、矩形波なのか?正弦波なのか?なのですが、海外のサイトにも書かれたページを探せなかった。価格的にも、普通に矩形波インバータでしょうね(なので、ノイズも大量発生で、動かない製品もあるでしょう)

sc20160528113316

個人的にここが重要なのですが、充電する方法です。

アダプタが付属されていて、AC100Vから充電が可能です。

上:省エネ的には、本末転倒なアホな行為なんですけども・・。電気を捨ててるだけ。

この写真にある、ソーラーという所。

プラグさえ分かれば、自作できるのか、入力16.8Vと書かれてるんですが、これは何か意味のある数字なのか(だって、3.6で割り切れない)

sc20160528114223中国製な安価な製品によく見る5.5/2.1プラグっぽいような、Ankerのソーラーパネルに、既にこんな端子出てたんだろうか。

・・と思って、私が所有してる、これを再度見てみても、USB端子(5V)しかありません。

Anker PowerPort Solar (21W 2ポート USB ソーラーチャージャー)

これから専用品でも出るんでしょうか。

sc20160528114610んでも、こういう自作系ソーラーパネルの出力は、大体17V前後なので、こういうのから直に流せそうです。

逆流だけはしないようダイオードは必須でしょうけど。

容量的に、3Aは確保しないと満充電しないので、50Wがベストでしょうか。それなりにデカイ(60cm)

50W単結晶シリコンソーラーパネル 太陽光パネル

色々と気になる点はありますが、5万円で、すべてがパッケージされて、電源管理もしっかりしているとなると、とても魅力です。

家電は利用できませんが、用途を限定すれば最強です。

とはいえ5万円なので、100%使い切って放置とか絶対にしないようにしましょう。速攻で壊れます(電池寿命)

または、充電しっぱなしも、リチウム電池には大敵です(これは充電管理されてるんだろうか・・)

sc20160528120235

でも・・・・。

重いので据置限定ですが、1万円で自作できるんですけどね。

(;^ω^)

しかも、鉛電池100Ahクラスが15000円だし、これに綺麗な100V正弦波インバーターが、6000円だもん。充電器は、適当に3000円程度。

ACDelco [ エーシーデルコ ] 輸入車バッテリー [ Maintenance Free Battery ] M31MF

sc20160528120556大橋産業(BAL) 3WAY正弦波インバーター 120W No1785

これならUSB端子もあるしね。

暇と時間があれば、こういう事も可能と・・w

「【電気】蓄電マニアに魅力的なAnker PowerHouseが登場」への3件のフィードバック

  1. 16.8Vって見てそのまま、リチウムイオン電池4.2V×4本だと思いますが…
    リチウムイオン電池の満充電時の電圧は4.2Vです。3.6Vではないです。
    基本リチウムイオン1セル充電するときは終了電圧を4.2Vに設定します。
    ところで、これにMPPTコントローラ内蔵してもっとソーラーとの連携を重視してもらえればもっといいんですけどね。
    おっしゃるとおり、コンセントからの充電は無駄過ぎますね。そういう用途の人も居るとは思いますが。
    果たしてこの入力端子からどのような回路を経由して中のリチウムイオン電池に繋がってるのかわかりませんが、直接繋がってるわけありませんよね。もし直接繋がってるならMPPTコントローラー経由させて出力電圧(充電終了電圧)を16.8Vに設定したら高効率で充電できそうですね。

  2. 車のバッテリー12Vで計算すれば30Aって正確には36Aじゃないのですか?
    細かくてすみません。
    ただどんな計算方法か知りたくて。。

    434wh÷12V=36Aで合っていますかね…

  3. どうもです。

    あ、この時は単純に1/4にしただけです。。。
    (;^ω^)
    この製品は、結構な変換ロスや自己消費分がありそうなので、もっ~と少なく見積もった方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。