「レビュー」タグアーカイブ

【車】2015新型アルトの超低燃費と各グレードを調べてみた@追記

sc20141228200404

追記:ターボRS登場!

私の愛車もそろそろ7年目、調子は良いのですが、より良い低燃費車新型アルトが登場との事で、いかほどのものか調べてみました。

アルト(スズキ社)といえば、ライバルのミラ(ダイハツ社)がありまして、売上的には「ミラ」の方が上なんだそうです。

性能的には「アルト」の方が良いのですが、価格的な差なのか、イメージによるものなのか。

個人的にはダイハツが嫌いなので、ミラは除外なんですけども。

今回の「アルト」はデザインが、古めかしい?のか、前衛的なのか、人によって判断が違うでしょう。ワタシ的には、昭和チックな癖になりそうな機能美を感じます。ターボが無いのが、惜しい。

エンジンが新しくなり、車両重量が600Kg台にまで軽量化したようです。軽くて高価な鉄板を使用してるそうです。エネチャージ(発電)など、挑戦的なスズキには好感が持てます。

んで、グレードがいつもの如く、F・L・S・Xと4つに分かれてますが、何がどう違うのかわかんねーよ。なんとかしてよ各社メーカーさん

各10万ほど違うようで、知らべて見ました。上位のグレードは下位を含みます。価格は税込み。

F

L

S

X

2:847,800円
4:953,640円
MT/5AGS共に同価格
2:894,240円
4:1,000,080円
2:1,002,240円
4:1,102,860円
2:1,134,000円
4:1,229,040円
5MT
2:27.2Km/L
4:25.2Km/L
5AGS
2:27.2Km/L
4:27.4Km/L
2:37.0Km/L
4:33.2Km/L

※LグレードからCVT
※ATのみ
エネチャージ
アイドリングストップ
パワーウィンドウ(前のみ) エコクール(保冷機能) オーディオレス可 レーダーブレーキサポート
UVカット(前のみ) パワーウィンドウ(前後) 電動格納ミラー オートエアコン
  インパネ(情報表示) バニティーミラー ミラーリモート格納
  UVカット(前後) シートリフト アンテナ位置(リア)
    リアヘッドレフト キーレスプッシュ
    カラードアミラー チルトステアリング
    スモークガラス LEDサイドターンドアミラー
      イモビライザー
      スタビライザー
スチール アルミホイール
13インチ 15インチ
1色 2トーンカラー選択可
+15,000円

※レーダーブレーキサポート装備は、+20,000円(Xは搭載)

sc20141228205941

やはり、低燃費を堪能するなら、Lグレードからがターゲットになるでしょう。

Fとは、+50,000円の差しかありませんですしね。

なんだか、LとSの差が良く分からない・・(;^ω^)このS装備に、10万円の価値はあるのか?

追記:Lはバン扱い、Sは後方シート違いやオーディオレスが選べる

欲しいのはXグレードですが・・、Lグレードに+24万円の差があります。120万円ともなると、他車も見えてくるのでね・・。

sc20141228210709

ちなみに、アルトには、「アルトバン」というモデルもあります。

推測ですが、業務用向けの超安価版アルトのようです。

なんと、696,600円です。

MT/5AGSのみなので、燃費はあまり良くありませんし、色もホワイトのみのようです。

本気の低予算なら、アルトバンの一択でしょうね。

素人調べなので、この他に細かな違いがあるかもしれませんので、あくまで参考にどうぞ。

これまでのネットのレビューを見るところ、ダイハツとは違い、スズキの店頭での値引きが期待できるそうです。

追記:

sc20150106220259

やっぱそうだね。

3月にターボRSが登場するようです。

AT仕様のみのようです(未確定)5AGSはこのモデルのための布石か?!

通常モデルの最上位が120万なので、150万付近までいってしまうんでは・・。150となると・・、手が出せないわなぁ・・。

小金を持ってる中高年が、セカンドカーとして、昔のアルトワークスを思い起こして、ターボRSッ!となるのか。

内装が意外にショボイので(シンプルなだけ?)、店頭で見た時にガックシする可能性も無きにしもあらずで、所詮は軽自動車にイクラまで出せるか?やっぱ、価格です。

でも、まぁ・・こんなご時世に、これだけ尖った事してくれてる訳で、他企業さんも同様に頑張ってもらいたい。

追記:

sc20150312171743

うわさ通り、3/11にターボ仕様のRSが登場しました。

お値段も意外に安く、2WDで129万、4WDで140万

AGSのみで、燃費は25Km。

ベースとなるアルトに、様々に変更が加えられてます。これだけに、129万というのは破格な気もします(剛性アップ、タワーバー、溶接部位増し、タコメータ、専用アルミ・本皮巻など)装備がひと通り付いてる事にも驚きです。

他社製軽ターボは、上位グレードの扱いで、150万以上での設定なので、オプション品などにも目がいきそうです。

※2スピーカーだけは付いてる

ただただ、注意すべきなのが、AGSという点。

※AGS:アルトのグレードFに設定されてるもの

AT(オートマ)でもなく、MT(マニュアル)でも無く、独特な操作感なんだそうです。慣れれば・・というレビューを見かけますが、どうなんでしょう。オートマ免許でも運転OKです。

※日本国内ではマイナーですが、海外(ヨーロッパ)では、結構スタンダードなんだそうです

ATのように操作しても良いけども、クラッチ操作をアクセルである程度指示してあげる必要があるようです(緩める)

また、クリーピングが無いので、坂道発進時はブレーキ込みでの操作が必要のようです(クラッチが切れてる)

sc20150312173936アルト自体デザインの賛否がありますが、このRSでさらに、悪い方に?良い方に?ベクトルが強くなってます。

本当に、「昭和っぽい+α」してしまった感が否めません。

大人の購買層向けに、おとなし目なラインナップ・色があってもヨサゲですけども。3色のみ

ホイールが黒一択なので、ボディが黒だと、まったく映えませんね。赤・白が売れ線かな。

セカンドカー(趣味)としても、魅力的なアルトターボRSとなったようです。

http://www.suzuki.co.jp/car/alto_turbo_rs/

【発電】独立ソーラー発電のテスト結果その弐

P1010270

なかなか時間が無くて、購入してから2ヶ月も経って、(実用可能か)いまだにテスト中です。

曇り日充電量や、夜間の放電状況をモニターしてます。

あらかた架台への設置も済んで、後は屋内配線だけです。

写真:地上3mの位置、100W2枚を直列24V

バッテリーなどの設置箇所も、どこにするか、検討中です。

最悪の場合の発火や水素ガスの処理メンテナンスのし易さ冬場での温度管理なども考えると、とても悩ましい。

まず、ここまでの結果などを書きたいと思います。これから、独立ソーラー発電の際の参考になればと。

現在、9月、本日はかなり良い快晴で、ソーラー発電でいうところ、一年を通してで最高の時期です(太陽の角度や気温が最も適してる)

P1010269なので、電流が6.4Aという、スペックを超過した値が表示されてる位です(;^ω^)

24V6.4Aといえば、153Wもの電力です。

朝9時頃には、バッテリーが満充電してしまうし、つかっても使い切れない程の発電です。

むりやり、部屋までケーブルを持ってきて、パソコン周辺の雑多なアダプタとか全部を繋いで賄えるのか?確認してみました。

P1010271

三叉とか総動員して、手当たり次第繋いでみましたw

写真には入ってませんが、もっと繋いでます(;^ω^)

既に充電完了してるものも含まれてますが、以下のものです。
パソコン周辺の雑多なモノたち

  • DoCoMoスマホの充電(Qi無接点充電器)Sharp SH-06E 5V
  • DoCoMoタブレット充電 Sharp SH-08E 5V
  • DoCoMoタブレット充電 Fujitsu F-05E 5V
  • DoCoMoタブレット充電 Fujitsu F-01D 5V
  • Win8タブレット 東芝VT484/24K 5V
  • ノートPC SONY SVS1512アダプタ 19.5V
  • SONY PS-VITAアダプタ 5V
  • NTTモバイルルータPWR-Q200アダプタ 5V
  • Pentaxカメラバッテリー充電器 8.5V
  • Panasonicカメラバッテリー充電器 8.4V
  • AM/FMラジオ(通電テスト用) 100V(1W)

これらの他に、自宅サーバのRaspberryPi一式も繋ぎました。USBスピーカーは100VAC電源。

  • USB2.0ハブ(システム電源用) 5V
  • RaspberryPi Type-B 5V
  • SSD 5V
  • USBカメラ 5V
  • クーリングファン 5V
  • USBスピーカー 100V

これ、結構繋ぎましたよ。

んで、結果が、最大でLoad 2.6A/24Vでした(62.4W)

バッテリー充電系のものが完了したら、さらに減少するでしょうし、想像してたより、電気を消費してないようです(発電の方が大きい)

しかしながら、黙って、これだけの電気を消費してるもんなんだなぁ・・と改めて感じさせられます(液晶テレビ1台分)

追記:

その後、RaspberryPi一式、スマホ・タブレット充電、LED電球(5W)のみに変更したところ、最大1.0A(24V)でした。

今夜は、こんな感じの構成ですが、初めてのソーラー発電による運用を開始した日となります。電気代が今日から浮く計算に・・(;^ω^)

P1010272また、改めて、RaspberryPiの低消費電力っぷりが確認できました。

左:木製のケースは自作です

外部ディスクやカメラ、スピーカーも繋いでる状態ですよ。

ソーラー発電分だけで、24H稼働できますね。

そろそろ寒くなってきたので、ファンを止めても良さそう。

※ちなみに、インバーター超しのAC100Vだと、スピーカーにわずかなノイズが乗りますね・・。もうちょっとヨサゲなインバータが欲しくなってきた

これなら、(割と電力消費する)フレッツ光のONU/HGWや、無線LAN辺りも、接続できそうです(10~20W)

P1010274実をいうと、3並列の具合を試す予定です(;^ω^)

だって、バッテリーが超特価だったんだもん。ユアサ40B19Rで、現在使用中のもの、全て同製品です。

28Ahが6発で、168Ahの大容量が実現かも?だったらいいなと。

ほぼ同時期の生産品のようで、バッテリー充電器で充電してから、接続します。こちらを接続した際の、電圧の変化が楽しみです。

いままでのモニター結果、主観を書きたいと思います(24V)

架台に載せたお陰で、発電効率は確実に上がりました。角度は重要です。また、風通しが良いので、パネルの効率化(25℃)にも貢献してるようです。

先日、一日中曇り日(一時雨)があり、この時の発電は、常時0.5~1.0Aでした。こういった日は、発電分は、全て充電分に回す必要があります。それでも足りない場合、手動でバッテリー充電する必要がありそう(鉛バッテリーのためには満充電が必要)

日照さえあれば、最大で6A、AM9やPM16時でも2~3Aは確保できます。

sc20140928161018

バッテリーの”Ah”表示ですが、日本製の場合、5時間率です。

海外製と比べると、容量少なくない?と思ってしまうが、海外のものは、20時間率なんです。

鉛バッテリーからしたら、長時間で放電した方が、性能良いので、そらそんな数字になる訳です。

なので、自分が利用してるGSユアサ(日本製)40B19は、28Ahなのですが、計算に合わない程の容量を利用できるようです。これまでの結果

安直に、容量だけ見て、海外製に手を出すのは止めた方が良いかと思います(特に中国製や韓国製とか)

ディープサイクルと謳ってませんが、充電制御車対応品やアイドリングストップ車対応品のものも、ほぼ同じでしょう。

sc20140928161924

現状では、日照がある場合、電気を捨ててしまってるので、これをいかに有効活用するかに掛かってます。

まだ手元に届いてないのですが、これに目を付けてます。

ワクヨさんとタケルくんですよ(;^ω^)

余った電気で、お湯を沸かしたり、ご飯を炊く訳ですw

通常の炊飯器や電気ポットでは、1000Wもの電力が必要なので、よほどのインバーターを用意(2万円位・・)しないといけませんし、DC>AC変換での電気ロスが200Wに達してしまいます。

なら・・・、DC電源で動く、電気ポット・炊飯器なら、ほぼロス無しで低電力で利用できる訳ですよ(゚∀゚)

24Vなら、最大5Aの電流なので、特殊なケーブルも不要です。12Vだと、ギリギリですけど(8.5A)

日が差してれば、これらを利用してもOKってな運用で、やっていく予定です。どちらも、6000円位です。

自動車用・湯温自在ポット ワクヨさん DC24V用 JPN-JR022TK

ジェーピーエヌ DC24V専用 自動車・船舶用炊飯器「タケルくん」 1.5合 JPN-JR001TK

これまでのテスト結果で、バッテリー容量についてですが、この算出が非常に難しい。

単純な、電圧だけで算出する事ができないのです。なので、コントローラーなどで表示される”バッテリー残量”はまったく参考になりません(満電圧、ロードOFF電圧と、現在電圧の差から計算してるだけ)

定格容量の12.0V(1個時)に向けて、緩やかな曲線を描いてるように感じます。

日没の発電後、最大28.8Vから、(無負荷でも)電圧が落ちていき、25.8V辺りで落ち着きます。

負荷を掛けていくと、電圧が低くなっていきますが、その落ち度がゆっくりになります。

24.8V辺りからは、0.1Vの厚みが増してきます。個人的には、ここからが本稼働電圧と見てます。

24.0Vまでいくと残50%らしく、(寿命の関係上)通常ここまで利用しませんので、0.1V単位で、どこまで利用すべきか、・・の判断が難しいところです。

24.7V以下まで、持っていった事がありませんが、私的には、24.5Vでロード停止としています。

※現在、28hAを、直列24Vで、2本の並列状態(全4個)、通常のカーバッテリー(いずれも新品購入・日本製)、近く3並列予定、その後レビューしてみます

もうちょっと夜間の放電テストを実施してみて、決定するつもりです(負荷を変えながら、ロード電流積算を見て判断)

皆さんはどうしてるんだろう。

【発電】ソーラー発電テスト運用中の途中経過

P1010253

パネル100W2枚、バッテリ28Ah2台での、24V運用です。

設置詳細はこちら

運良く、快晴とまではいかないまでも、連日太陽が顔を見せてくれてる感じです。

まぁ・・初めてのソーラー独立発電なので、実用に耐えうるか?!を色々とテストしてます。

当初、100Wソーラーパネル2枚で、大して発電できねぇ~んだろうなぁ・・。

・・と思ってましたが、これが想像以上に強力でした。

太陽さえ出てれば、24V4~5Aは確実に出力してくれます。これは、優に100Wもの電力です。

売電目的で、屋根に20枚位設置してる家をよく見かけますが、ありゃ・・確かに売れる程の発電なんだろうな・・と思ってる次第。

※蓄電目的だと、ソーラー発電補助は受けられないんだそうな

P1010242なので、午前10時位には、すぐバッテリーが満タンになっちゃいます。

つまりは、午前10から、日が沈むまで、無駄な発電をしちゃってる事になりますなw(;^ω^)

ならば・・。

バッテリーを増量するか!、無理やり電気を浪費するか!です。

バッテリーを増設するなら、禁断の並列接続しかありません。

sc20140910213454あと無理やり電気を浪費する活用なのですが、私はこんな事が考えてます。

しかも、手間を掛けずに!です。

この製品を使えば、指定時間だけ通電という事ができるので、満充電になったと思われる12:00頃から、日没まで、通電させられる。

24時間プログラムタイマーII PT25

これは、インバーター通過後の100V用ですが、12V用もあり。

sc20140910213745

DC 12V タイマー スイッチ リレー 付 日本語 説明書 付属

完全なる中国製ですが・・(;^ω^)

レビューも無いし不安ですが、2160円(現在)と安く。

ただのタイマー通電製品なのでね。大丈夫でしょう。

直流なら、インバータの電気ロスも無く理想的にON/OFFができます。

でも・・自分は、24Vシステムなので、これは使えないんですけどね。

sc20140914221945

追記:

・・と思ったら、24V用のタイマーがあるようです。

小型・軽量 プログラム AC / DC タイマースイッチ リレー 付(電源:24V仕様) ファストン端子付ケーブル 4本付属 セット L415

どうなんでしょう。気になる。


P1010250

あと、あながち無視できないのが、DC-ACインバーターの負荷です。

将来はこれ位使うだろうと、200W定格のものを接続してます。

これが、黙って2~3Wも消費してるんですよ・・(;^ω^)

自作PCに触った方なら理解できるはず・・これも、PC電源も同じようなものです(PC電源は、AC100VをDC12V/5Vとかに変換してるインバータ)

無駄にでかい電源積むのは意味無しだと・・

sc20140910215539ソーラー発電を20W程度の24H常用利用で考えていたので、最大効率を目指すなら、それに見合ったインバータにすべきです。

24Vで小さな出力という製品が圧倒的に少ないのですが、セルスターのFTU-30G/24V辺りでしょうか、2500円位とお手軽です。

セルスター(CELLSTAR) 24V車専用 USB出力付 ハイブリッドインバーター FTU-30G/24V

※ちなみにセルスターは、国内生産の日本製らしい

sc20140910214150

若干逸れますが、これとか面白そうだったので。

電流計と電圧計のセットで、1290円(現在)と超安い。

アナログ電圧/電流計セット 30V電圧計+20A電流計 並行輸入品

30V、20Aまで対応です。まぁ・・中国製ですけどね。

ソーラー発電をアナログメーターで見るとか、ワクテカっすなw