「server」タグアーカイブ

【GAME】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その20

20170624212956_1本番Linuxでも動作出来るようになりました。

なんかすると、不具合に見舞われる・・。

(;´∀`)

ま、そのたんびにスキルが上がってると見ることにしよう。

ゾンビが出ないようにして、その変わりにAIを増加させてる訳ですが、それなりにPCリソースを消費してるようで、この辺のバランス調整が難しい。

しかし、難易度が高い・・というか、極貧プレーが強いられる・・。

(;^ω^)

1時間ほど死なずにプレーしてて、物資を漁りまくって上の写真ですよ。AIも3体ほど殺ってます。

どうですか?この超リアル志向

この後、パトロールAIに殺されました。さすがに、もうちょい難易度を下げようと思ってます。

20170626192904_1追記:

調整を続けております。

・・と、ちょっとだけ情報を公開。

トレーダーは、大規模なものと、マップ各地に点在してる小さなショップがあります。

こちらは、そのお店の内装の様子。

このサーバでは、とても重要な場所になります。

(;^ω^)

sc20170627054159追記:

サーバに接続する際に、めっちゃ待たされる場合がありますよね。

作り込みまくってるサーバだと、接続だけで1分位待たされる時があります。

あれは、裏でミッションファイルを読み込んで、スクリプトをコンパイルしてる時間になります。

これを出来るだけでも、短い時間にするべく、現段階で出来る所はと省サイズ化を図りました

影響無く一番簡単なのが、スクリプトファイルの改行コードを、LFのみに変換するってやつ。Windowsだと、1行で2バイト消費してる所、半分に出来ます。しかも、影響ゼロ。

sc20170627054809オリジナルで画像やサウンドファイルなんかも、太らせる最もな原因です。

PNGでは無く、可能な限りギリギリまで小サイズ化したJPGにしたり、バレない程度の引き伸ばしとか。200KB削減

サウンドファイルも入れ込んでますが、これも、品質を落とさない程度に、低品質で低ビットレートにしました(10MB→1MB以下)

スクリプトファイル内の無駄な部分のカットも実施(これは、後々地獄を見るのは重々承知の上。バージョンアップ時とか)20KB削減

今の段階では、ミッションファイルは1.5MB。もうちょい小さくしたい。

sc20170627060200これ、自分のPCのデスクトップのスクショ(一部)です。

覚えきれないので、その都度付箋にして貼っ付けてます。

(;^ω^)

他のサーバ管理者さんはどうやってんのよ。

【GAME】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その19

P_20170622_171704本番サーバにする予定の、ジャンクPCを少しでもスペックアップするため、OCでイジってました。

CPUは、AMD A6-3650(FM1・4コア2.6Ghz定格)記事

電圧盛らなくても、普通に3Ghzで動いてくれました(温度も定格とほぼ変わらず。室温+18度リテールファン)

ちょい電圧盛って3.2Ghz位での常用を考えてます(OC20%)

ネット上にはなかなか情報が無いんですが、海外では4Ghzで動いたとか・・。

(;^ω^)ま・・真冬に挑戦しよう

ついでなので、UEFIを再度見直し、パワーセーブ系は無効に。フロントUSBケーブル引っこ抜き、オンボサウンド、USB3.0も無効。

sc20170622224107・・とマッタリしていたら。

また来た、Arma3バージョンアップ1.72公式

(;´Д`)

もちろん、サーバ側も更新しないといけません。

何も問題が出なけりゃいいんだけど・・。以前、EXILEが動かなくなったという事件もありましたし。

20170622215541_1調整です。

そういえば設定していたが、初めて遭遇したヘリ・・

(;^ω^)

元気に飛んでますなぁ。

ええですよぉ。

20170622220505_1平らな土地が少ない性か、こんな感じでスポーンしちゃいます。

Flipで戻せますが、ダメージ入っちゃうので爆発注意。
20170622221327_1AIさんと、戯れております。

どこに居るのかな。わかんないぞ。
20170622221524_1立ち尽くしてる元リーマンAIがおりました。

こんな所で、何をしてんですか。

悩み事があるんでしょうね。

追記:

結構変更したので、一度本番Linuxサーバでの稼働チェックをしてみたのですが、エラーで動かず・・。

(;´Д`)

多分、Windowsでは問題無くて、Linuxだとダメなパターンだと、ファイル名の大文字小文字関連を疑うのが定石。

あ・・面倒臭い・・。洗いざらいチェックするしかないよ。

sc20170624122339これも珍しいかなと。

SteamのLinuxクライアント(コンソール)です。

Arma3 Dedicatedサーバのアップデートをしてるとこです。

233780というものが、Arma3サーバのSteam番号です(Steam登録されてるソフトには番号が振られてる)

サーバなので、こればかりは、運用上手動で実施しないといけない。

【GAME】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その18

sc20170620053111最終的な調整を行ってます。残り作業も少なくなってきました。

そろそろ公開できるんでは無いかと思います。

(;´∀`)多分・・ね

(ネタが無いので)

普段は見れないEXILEサーバの中身をちょっとだけ、ご紹介です。

EXILEサーバは、すごい量のログ・ファイルを出力していまして、AIがどこに湧いたとか、イベントはここ、車両はこことか細かく見ることができます。

サーバ構築時は、この凄い量(数千・数万)のログからエラーを探しながら対処してる訳です。

sc20170620053850プレーヤーのデータは随時、データベースに書き込まれます。

接続断などで、時間が戻される時がありますが、データベースに書き込まれる前に切断してしまったがための理由になります。
sc20170620054354サーバ側には、公開されているアドオンで、さまざまな機能追加や仕様変更が行えます。

基本的にはボランティアベースで、多く公開されてますが、開発が停止していたり、結構バグ込みだったりもします。

ちなみにサーバは、WindowsでもLinuxでもOKです。

Windowsの方が圧倒的に情報が多いです。ツールもWindows向けがほとんど。

sc20170620055101EXILEサーバの設定のほとんどと言っても過言ではないのが、膨大なアイテムの設定項目です。

色々なファイルに渡って、1アイテム毎に設定が行えます。

沸き、売り・買い、扱いトレーダー、AI所持、クレイト。

Arma3本体やDLC、各MODやEXILE MODに含むものと点在してるので、混乱してしまいます。

EXILEデフォルトでOKなら設定も不要ですが、このおバカな私は全アイテムを設定し直すという暴挙に出た訳ですよw

(;^ω^)

あと、ちょっとです。寝る間も惜しんで作業してます。

Youtubeで染吉さんがEXILE動画を配信してます。Taunusマップのようですが、どこのサーバでしょう。