「server」タグアーカイブ

【GAME】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その4

sc20170518142019追記:headlessサーバ

ARMAというか、Bohemia純正ツールを弄ってました。

ARMA3 Toolsというモノが配布されていて(ARMA3所有者のみ無料)、Bohemia独自のファイル形式の編集や変換など、様々なソフトが入ってます。

ここから、独自のMODなどを作成したり出来るようです。

なんだか、他のソフトではあり得ないARMA3独特な性格が垣間見えます。

しかし、目的がEXILEサーバ構築なので、意味無い事やってる訳ですが・・w

(;^ω^)外堀から固めてくんですよぉ

EXILE MODを内部から眺めてたら、EXILE特有のオブジェクト「Old Bike」のデータがありました。あの、EXILE最強兵器ね。

sc20170518143300ARMA3スクリプトの知識も押さえておかないといけません。

細かな時間を見つけては、こちらの公式サイトを見てます。

幸いカテゴライズされてるので、とりあえず何が出来て、出来ないのかイメージしておきましょう。

MIJ鯖缶さんからの情報ですが、こちらに、EXILE MOD用のスクリプトやアドオンが公開されてます。

EXILEでよく見るアレなんかが、色々公開されてます。

単純に導入しても、トラブル時に自分で対処できないのでは困るので、コードを追ったり、スクリプトを改良してもよさそうです。

20170518180440_1EXILEのミッションをEDENエディタで開いてみました。

100人程の空プレーヤーが登録?されていて、これにAIやらをEXILE側が動的に登録していく仕組みなのかな。

マーカーなどにも、EXILE欄があるようで、これでスポーンとか、建築不可、放射能エリアとか設定できるんだろうか。

20170518185310_1色々とMAPオブジェクトを弄ります。

めっちゃ豊富過ぎて把握できないわ。

CBAとか他MOD入れたら、さらに増加する訳でしょ。

色々と覚えていかんとならん。

追記:

sc20170519005302Arma3サーバの、AI関連の計算を、別PCで行うHeadlessというものがあるようで。

(効果の程は分からないけど)負荷を分散させる事ができるので、最悪・・、なんか適当なノートPCとかで稼働させるのもアリなんかな。

sc20170519005550Arma3では、物理計算に、NVIDIAのPhysXを利用してます。

この手の分野は、NVIDIAとAMDでバチバチ戦争してる段階なので・・。

今の所、NVIDIAの圧勝ですが。

そのシワ寄せは、消費者に来てしまいます。

なので、AMD APU搭載PCユーザーや、Radeon所有者さんは、ARMAを全開で堪能できません。

なんで、こんな事を書いたかというと、EXILEのサーバ稼働をLinux(AMD APU機)で考えてるんですが、物理計算用に安いNVIDIAカードを購入するつもりでいたんです。

・・が、NVIDIAドライバが、PCにRadeon搭載してる場合、PhysXが動作しないようにしてるんだそうです(Radeon&GeForce2枚刺ししてるプレーヤーへの対策なんだそうな)

うむむ・・(;^ω^)困った。

とりあえず、このまま進行しますけど。AMD2.6Ghz4コアで大丈夫かな。

【GAME】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その3

sc20170517022620なにやら、ARMA3のバージョンアップがありました。

世界の鯖缶さんは、今やサーバの調整でてんやわんやでしょう・・。

(;^ω^)

さて・・私のまったりサーバ構築ですが。

やっと・・・バニラ状態での稼働と接続が出来ました・・。

(;´Д`)おせーよ

データベースの更新がまったくされて無く、ログを見てもエラーと。設定を何度も見直しましたが、おかしく無い・・はず・・。

ものは試しと、Arma3 Server.exeの32ビット版の方で起動したら、ちゃんと動作するようになったというオチでした。クライアントは64ビットで動いてるようだけども。

ヽ(;゚д゚)ノ なんでやねん!

20170517021401_1ばさっ。

これが私のEXILE世界です!

おおっ、ナンテことないんですが、感動です。

3日も苦労したんですから。

20170517021646_1ペタッ。

一度、墜落して死んでます

ほら、ログの書込みをチェックしなきゃならないからね。

まさに、Exile_DeathLog.logというデスログがあるようです。

20170517021719_1ほう、記念すべき一番最初のアイテムが、「エロ本」ですか。

そうきましたか・・。

バニラ状態でも、普通に湧いてくれてるようです。

20170517022259_1浮かれてはいけません。

ここからが、世界構築の道、スタートなのです。
sc20170517023814こちらがデータベースのPlayerの情報。

しっかり格納されてます。

MIJ鯖缶さまからの情報では、この「hitpoints」が桁落ちしてしまう不具合があるようで、これを広げないといけないようです。

ほう、タブレットのステータスで見る、体の部位が全て文字で格納されてるんですね。

【GAME】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その2

sc20170516011502まずは、サーバを起動して、接続して落ち着こうと思いました。

設定デフォルト状態、サーバを(まずは)起動して接続・・までの、作業メモです。

解決してないので、この文章に価値はありませんのでご注意。

ローカルPCで、Arma3 Serverを動かす場合は「steam_appid.txt」を107410に変更しないといけないっぽい(推測)

嘘くさいが、こうしないと起動しない。

sc20170516000038

接続のやり方

サーバを上げたら、事前に必要なMODだけ有効にして、ランチャー右下「直接接続」から起動。

又は、ARMA3起動後、マルチの「LAN」から接続できる。

アドレスは「127.0.0.1」とロカールIPの2つが表示される。

なんでか、PING値が結構違う。127.0.0.1の方が速いという不思議。

しかし、ローカルなのに、Ping値30ってなんだよ。遅せーよ。

sc20170515235420TADSTで注意(Linuxサーバの人は関係無し)

この一番下の欄で、[…]でサーバを選択すると思うのですが、なんでか、64ビット版の方が表示されません。

Any filesで選択するとOKです。

せっかくなので、64ビットを選ばない理由はありません。

sc20170515234615pboファイルが沢山表示され、承認されていない」とエラーで接続できない。

サーバー側に、MOD用署名キーがコピーされていなかった。

サーバーが稼働してるディレクトリーの「keys」に、MODの「keys内」の.bikeyファイルをコピーする。

sc20170515233859サーバ接続後、”Connecting..”で一向に画面が進まない(ESCを押すと終了)

MySQLデータベースの権限設定に誤りがありました。

サーバ用アカウントでアクセスしてる場合に、そのユーザーがEXILEスキーマに対して権限を付与しなければなりません。

MySQL Workbenchで、rootで入り、「User and Privileges」画面から、ユーザーを選択後、「Schema Privileges」で権限を付与できます。但し、バグってます、一度Workbenchを全画面表示にすると正常になります。

sc20170515234947知らん言語のソースコードを追いまくったり、ファイヤーウォール設定見直したり、数時間浪費しました。

(;´Д`)多分、これやろ

・・・と思っていた時期もありました。

結局の所、Connecting‥から動きません。

Arma3Serverログでは接続をしていて、DBの更新が掛からないので、DB周りかと思っていたんですが、違うようです。

というか、EXILE MOD設定のServer.logはどこにあるんだよ。

(;´Д`)

というか、そもそも論で、Dedicatred Serverで、ローカル環境内で接続できないのかもしれない。

直にLinux側にサーバ置こうかな。

もうちょい、情報を集めよう。ダメだ今日は疲れた・・。

追記:

夜も気になって眠れなかったw(;^ω^)

そもそもTADSTを使っちゃいけないんですわ。Arma3サーバの設定ファイル(basic.cfg/config.cfg)は、EXILEのものを利用する事になるはず・・なので、別に起動BATを起こさないといけない訳ですね。

sc20170516050920サーバ状態が「ミッションを選択中」になってたんで気付いた。

ミッションが無指定状態って訳なんすね・・。

(;^ω^)確かに設定したはず、別のCFGに・・と。

追記:

20170516193007_1無事接続でけた・・。

(´∀`*)

この画面から一向に進みませんが・・。

バニラ状態でも、遊べるんかな・・と期待してましたが。

ここから先は、ミッションファイルをイジる感じになるんでしょう。多分。

しかし、まだDBの更新が来てないみたい。まだ、設定が足りないよう。

sc20170516203943ログは、Arma3Server起動時の”-profiles”で指定した先のホルダーに、まとめて保存されるようでした。

もっと細かなログが欲しいぞ。

ここで公開されるPDFの手順のままでやれば、誰でも起動までは簡単にいけるはずです。

私はあえて、この手順を無視してやってました。エラーに遭遇した方が覚えが早いので(;^ω^)