【じ】Ryzen 2700X値下げか!?新Core i対抗

image

海外サイトの情報ですが、Ryzenの最上位2700Xが値下げされるらしいようです。

インテルの9世代CPUが発表され、遂にコア数で並びました(Core i9-9900K 8コア16スレッド、62000円!?

現在:329ドル 38000円(現在)

Ryzen 2700X

これが、280ドルに値下げされるらしいです。日本では代理店次第ですが・・、普通に計算すると日本円で5000円近くなるはずです(為替ドル120円)

34000円か?(;´∀`)

image

でもね・・一時期(8月頃)セールしてた価格辺りに、戻るといった感じのようです。

※この頃、Ryzen2700(無印)は27000円やった

無論、現在の下位製品のRyzen2700は33000円、2600が20000円付近。こちらも、準じて下がってくれるに違いない。

image

未だ・・インテルCore i製品の品薄は解消されてないようで、AMDさんもヤレルうちに対策を講じてきた感じ?でしょうか。

いずれにせよ、競争大歓迎です。

インテルPentium Gold対抗製品の、RyzenローエンドAthlon 200GEの価格も7000円前後で落ち着いてきたようです。

インテル勢は品薄から、価格の比較は出来ませんが、現時点では、超コスパで200GEがローエンド君臨中です。

※Celeronと価格が並んでる状態ですもん・・

【ま】サーバが稀に落ちるのでMySQL見直し

image

このサーバってのは、これ、ブログを置いてるサーバです。

さくらインターネットさんのVPSをお借りしてるんですが、これが、稀にサーバ丸ごと落ちてたりします。

正確には、IOPS制限を食らって、うちのサーバだけ停止させられてる。

おまえ、ディスク使いすぎやッm9( ゚д゚)

image

さくらVPSでは、管理パネルでグラフ化されたリソース稼働状況を見ることができます。

IOPS制限を食らってる時は、ほんとに、diskIOグラフがとんでもない事になってました(スクショ失念)

同時間帯のCPUやトラフィックは変化無かったので、何かしらでディスクアクセスしまくってる状況。

だが、しかし、このサーバ、ほぼWordPressしか動いてないんです。

なんとかしなきゃ・・とは思いつつ、数年の時が経ってしまった。

(;^ω^)・・・

先日、丁度、サーバにインしてる時に、IOPS制限待ったなし状態のサーバ激重に遭遇、これはラッキーと思い、原因を突き止めました。

キー入力すら数秒待たされる激重状態です。

あまりに激重なので、調査を中断・・。

(;´∀`)

ぐぐってみると、同じ様な境遇の方も多く、メモリが少なすぎるがための原因らしい(1GBプラン)確かに、その辺はデフォのまんまでずーと運用してた。ここらで見直そう(おせーよ)

ps aux

確かに、MySQLがガバっとメモリを消費してるのが分かる。

MySQL側、WordPressだけだし、接続数やキャッシュ周りを限りなく小さく。

/etc/my.cnf(MySQL)

まったくのデフォ状態だった設定ファイルに、一個づつ登録(設定値は割愛)メモリ全体の16%位(アイドル時)

Apache側、これもほぼデフォだった。無駄な部分を削除して、なるだけメモリを消費しないように。

/etc/apache2/apache2.conf

幸いアクセス数も伸びて来たので、若干、待受を大きくして、KeepAliveを少なめに。メモリ全体の10%位(アイドル時)

WordPress側では、無駄なウィジットとかを削除、モバイルファースト時代だもんねぇ・・。

image

vmstatで、しばらくサーバのリソースを流して、スワップが起きてないかを確認。

お・・そういえば、Arma3サーバもMySQLが動いてたな。あちらは、メモリが大量なので、ごりっと設定すればええ訳ですね。

【GAME】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その64

【GAME】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その64

image

なんだろうか・・気付いたら64記事も書いてるんか俺・・。

(;´Д`)・・・

7月の記事を最後に完全に心を折られて、久しく、Exileサーバの構築をチョコチョコと初めてます。

どんだけ掛かってんねん、という感じですが、一度Linux環境で、妥協せず壁を全て乗り越えてみたいというマゾ精神によるところです(目的が変わってる)

image

前回作業した内容は全て脳内から消え失せてしまってるため、さっぱり気分で確認していきます(とてもポジティブです)

無論、ログを見るとエラーが出てる。原因も覚えてない。

環境は、これです。Ubuntu16.04.5LTS(確か、17.04LTSが駄目で戻した様な気がする)

Linux sabamiso 4.4.0-137-generic #163-Ubuntu SMP Mon Sep 24 13:14:43 UTC 2018 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

よしっ、まずは、extDB2環境でゼロから進めていこう。

ExileServer付属のextDB2.so、extdb-conf.iniをルートに置いて、extDBホルダーを作成、そこに、sql_custom_v2を移動(ServerModはイジるので、DB系はここに隔離)

ldd extDB2.so

で、ライブラリリンク切れを確認したら、一個外れてたので、リンクを張る(libtbbmalloc.so)

linux-gate.so.1 =>  (0xf76f4000)

libtbbmalloc.so.2
=> /usr/lib/i386-linux-gnu/libtbbmalloc.so.2 (0xf6b8c000)
libdl.so.2 => /lib/i386-linux-gnu/libdl.so.2 (0xf6b87000)
libm.so.6 => /lib/i386-linux-gnu/libm.so.6 (0xf6b32000)
libpthread.so.0 => /lib/i386-linux-gnu/libpthread.so.0 (0xf6b15000)
libc.so.6 => /lib/i386-linux-gnu/libc.so.6 (0xf695f000)
/lib/ld-linux.so.2 (0xf76f5000)

ついでに確認しようと、ldd xm8.soを見たら、こいつも切れてた(libcrypto.so)

linux-gate.so.1 =>  (0xf777c000)
libpthread.so.0 => /lib/i386-linux-gnu/libpthread.so.0 (0xf7725000)

libcrypto.so.1.0.0
=> /lib/i386-linux-gnu/libcrypto.so.1.0.0 (0xf76f3000)
libdl.so.2 => /lib/i386-linux-gnu/libdl.so.2 (0xf76ee000)
libstdc++.so.6 => /usr/lib/i386-linux-gnu/libstdc++.so.6 (0xf7577000)
libm.so.6 => /lib/i386-linux-gnu/libm.so.6 (0xf7522000)
libc.so.6 => /lib/i386-linux-gnu/libc.so.6 (0xf736b000)
/lib/ld-linux.so.2 (0xf777d000)
libgcc_s.so.1 => /lib/i386-linux-gnu/libgcc_s.so.1 (0xf734e000)

image

しっかり、extDB2をロードして正常動作してくれてるようだ。

あれから作業用のメインPCを新しくしたので、開発環境が丸っと無いことに気付く。

(;^ω^)

mySQL WorkBenchやら、PBO Managerやらをインストール。

image

まずは、ログを見ながら、エラーを一個づつ地道に潰していく作業となります。

Warning Message: No entry ‘bin\config.bin/CfgWorlds.Takistan’.
Warning Message: No entry ‘.gridNumbersOverLines’.
Warning Message: ‘/’ is not a value
Warning Message: No entry ‘.centerPosition’.
Warning Message: []: ‘/’ not an array
Cannot evaluate ” – no file
Warning Message: []: ‘/’ not an array
Cannot evaluate ” – no file

ミッションがロードされてから、こんなエラーが出てる。多分、こいつの性で、ミッションロードの繰り返しが起こってる。

マップが見えてない??のか?否、そんな訳ない。

しかし、指摘されてるファイルはマップの定義ファイルな訳で、イジる訳にもいかない。

ミッションファイルの方で何かしら、やらかしてる可能性があると踏んで、色々なファイルを丁寧に確認するが、一向に改善せず。。数時間

。゚(゚´Д`゚)゚。あぅ

エラーログ文から検索を掛けても、ほとんどヒットせず、途方に暮れたところ、よく見た、この一文・・。

case sensitive(Linuxなら大文字小文字関係あるでぇ)

image

これ試しても、意味が無かった事は、はっきり覚えてるよ。

・・もう、打つ手がないので、もう一度試してみよう。

CUP関連のディレクトリ内に入って、これを実行して、ファイルやディレクトリを全て小文字にします(まだ、CUP自体のディレクトリー名は大文字入ってる)

shopt -s globstar
rename -v -f ‘y/A-Z/a-z/’ **

うん、全部小文字になってる(中身だけ)CUP TerrainとMaps両方に実行。

image

はぁ?( ゚Д゚)

エラーが丸っと消えたよ・・

ミッションもスタートしてるようだ。いや、これ、前回の作業時も確認したよ。なんでやねん。意味有るやん。

ツンデレ過ぎるよArma・・・。

image

よしっ。引き続いてエラー潰し。

(`・ω・´)ゞ

Warning Message: You cannot play/edit this mission; it is dependent on downloadable content that has been deleted.
cup_misc3_config

アホみたいに大量に出ている、いつものこれ(オブジェクト登録)を、mission.sqmに追記していきます(addOns{})

ほんとに大量に出るので、まず、サーバアドオンを無効にして、ミッションファイル適用分だけを登録。

image

うむ、一通りエラー潰しはやった。アドオンも正常に動作してるようだ。

自作のアドオンも正常終了してて、ほっこり。

(;´∀`)

“[LOOTBOX]:: finished! have fun”で終わる。

ただ、サーバ稼働時間から20分も掛かるのは、どうよ。。

なんだっけな、ウェイト入れてるんだっけか?(完全に忘れてる)サーバスペックが低いから?

ついでなので、サーバの消費電力を調べてみた。A6-3650(OC:3.2Ghz)で、アイドル時は35W、サーバ稼働時は45Wのようです。

image

いざっ、インしてみようとしたら、ロード画面で突然落ちる。

ま・・そうこなくっちゃ。。

(;^ω^)

20:04:17 Error in expression <llExtension _query);
(_result select 1) select 0>
20:04:17   Error position: <select 0>
20:04:17   Error Generic error in expression
20:04:17 File exile_server\code\ExileServer_system_database_query_insertSingle.sqf, line 16
20:04:17 Error in expression <llExtension _query);
(_result select 1) select 0>
20:04:17   Error position: <select 0>
20:04:17   Error Generic error in expression

エラーを見る限り、データベース系っぽい。

そういえば、MySQLはインスコして、ExileのSQL流しただけで、ほとんど無設定やった。

/etc/mysql/mysql.conf.d/mysqld.cnfにこいつを追記して、sql_modeを変更。

sql_mode=NO_AUTO_CREATE_USER,NO_ENGINE_SUBSTITUTION

20181014204422_1

あ・・普通にインできた。。

(;^ω^)あ、あれ?

20181014204521_1

久々のTakistanです。

軽くプレーしてみましょう。

20181014205031_1

アイテム湧きもAI湧きもイベントも稼働してる。

20181014210315_1

アイアンサイトで340mキル。まさか当たるとは。

(;・∀・)

image

データベースへの書き込みも問題無いようです。

7月に私は何に苦労させられたんです?

。゚(゚´Д`゚)゚。

明日から、Exile MOD環境設定に入れそうです。デバッグで隅々まで、かなり手を入れてしまったので、元に戻し作業です。

image

8GBも積んでるメモリを存分に使ってOSとMySQLの高速化をやってみる。

・・が、あんまり変わんないっぽい。

(;´∀`)

preloadとかも入れてみたが、変わんない。

MOD類とログ出力先を、RAMDISKに出力させる。CUP MODは合わせて8GBとデカすぎるので無理やったけど。

つい先程、気付いたモノ。

(root)/@ExileServer/extDB2.so

(root)/extDB2.so

の両方に、extDB2.soオブジェクトを置いたら、MOD以下の方が優先された。confも同様。

nabekのなぬげなblog(゚∀゚)!