「プライベート」カテゴリーアーカイブ

【iot】やっと日本でもラズパイ3B+取扱開始

sc20180615140237やっと、ラズパイ3B+の公式代理店のKSYで、発売が開始されました。

税込4860円のようです。

円安とも円高とも言えない微妙な為替状況ですが、思いの外安めでしたね。

ただし、まだ予約販売の扱いです(6/29発送)

CPUは200Mhz向上、GigabitLAN対応、Wifiで5Ghz帯・11ac(433Mbps)対応と今時にスペックアップしてます。

基本的な構造に変更はありませんが・・。

CPUパッケージのサイズに変更があるので、ケースによっては干渉するようです(また、CPU上の小さな穴を塞いでは駄目なようです)

発熱もラズパイ3以上にありそうですので、ファンでの空冷が必要な印象です。

sc20180615155021ラズパイで使える周辺機器も、以前よりはだいぶ豊富になりました。

ラズパイ本体サイズと同じ、3.5インチHDMIモニターとか。

中華製ですが2980円で、売れまくってる。

(;´∀`)

解像度は480*320なので、期待しちゃいけませんが。多分、初期時代のスマホ用のモノなんでしょうね。

sc20180615155319ラズパイで、電子工作をスタディーする際に、ほとんどがセットになったこれも、売れてるようです。

2499円(6/15現在)

AD変換も付いてるのがキモです。

デジタルI/Oしかないラズパイでも、各種センサーで楽しめます。

まぁ・・中華品質なので、ここまで安価です。普通、近場に電子パーツ屋さんとか無いもんね。あっても、入りにくいw

自分もこれのArduino版のモノ買いましたね・・。

(;^ω^)

sc20180615155713純正カメラだと、4000円近いんですが、中華品質になると・・

1380円(6/15現在)

写せればええねん、なら、これの一択です。

※純正のV2カメラだと、SONY裏面反射CMOS800万画素です

USBカメラでも利用できますが、カメラモジュール型だと、電源に気を回さなくてもOKです。

※USBカメラだと、5V500mA近く必要

sc20180615160106一部のマニアは、ラズパイを高級オーディオ機として利用してるようなんです。

まぁ・・楽しみ方は自由です。

(;´Д`)

オカルトや・・

sc20180615160339ラズパイに限ったパーツではありませんが、こういったモノを使って、100V電源のコントロールとか。

リレーですね。

これは、600円(6/15現在)

IOT生活を垣間見る事ができます。

どんだけ信用して良いか分かりませんが、AC250V10Aも流せます。

sc20180615161228これもラズパイ関連の商品なんですよね。

これ、海外版のスーパーファミコンに似せたケース(SNES)

ご察しの通り、小さなサイズでパワフルなので、ゲーム機エミュレータとしても、人気なのです。

※さすがにNintendo64は厳しいようです

RetroPieという専用OSも有るくらいですもん。

この辺のやつは、ご利用には注意くださいね(著作権)

【サバ】サバイバーのカメ五郎が活動しはじめる

sc20180612114240一時地上波などのテレビ番組でも出演してしまう話題の人となってしまった、カメ五郎さん。

久々に自給自足のサバイバルを始めたそうです。

※実際は去年から

飽食の時代ですが、あえて、現場で全ての食材を入手するサバイバルをやってのけてます。

シカや狸を解体する様は記憶に残ってます・・

(;^ω^)

これからも、少しづつ動画が上がっていくかと思います。期待して待ちましょう。勉強にもなるんですよね。

【pc】古Sambaにアクセス出来ないエラー

sc20180611215559初代ラズパイを時報&Sambaサーバとして、利用し続けていましたが、いつからかネットワークから見えなくなってました。

アップデートもしてないし、それなりに古い状態です。

Version3.6.6でした。

※現在は、4.5.12のようです(;^ω^)

スマホからの受け渡し程度の利用やったので、そのまま放置してました。

(;´∀`)

ログを見ると以下のようにエラー丼ぶりです。

smbd/server.c:578(smbd_open_one_socket)
  smbd_open_once_socket: open_socket_in: アドレスファミリはプロトコルによってサ ポートされていません

printing/print_standard.c:68(std_pcap_cache_reload)
  Unable to open printcap file /etc/printcap for read!

ラズパイを初期化してやりたい衝動を堪えつつ、ファイルを救出しなければなりません。ネットから、諸先輩方の情報を頼りにすすめていきます。

こんな状態です。

他PC(Windows)から、まったく見えない

SSHでアクセスできる

smbclientで自分自身にアクセスできる(正常に動いてる)

日本Sambaユーザー会の詳しいトラブル解決方法です。

Sambaが動作しないときの診断方法

なにかが、おかしい。何が原因か特定できません・・。

(;´Д`)

プリンタは利用してないんですが、CUPS関連を取り除きます。

load printers = no

printing = bsd

printcap name = /dev/null

途方に暮れだした頃、ここの記事を見つけました。

Windows 10でNASが見えなくなりSambaを有効化して解決

sc20180611220919ほう・・なるほど。

(゚∀゚)!

Windows10のある時を堺に、ある更新が入ったようなのです。

SMBv1プロトコルが無効になったという事らしい。

※Creators Updateの頃らしい、セキュリティの関連

んでは、一時的に、SMBv1を有効にして、ファイルを救出しましょう。

sc20180611221153設定から「アプリと機能」「プログラムと機能」で、このウィンドウを出します。

※「アプリと機能」の右側か、下の方にあります

そして、ここから、「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。

sc20180611221443ここのチェックが無いと思いますが、ここにチェックを付けます。

PCの再起動が必要です。

・・・すると。

あら不思議、ネットワーク上に見えるようになり、アクセスできるようになりました。

( ^ω^ )

セキュリティ的な施策なので、ファイル救出後は、チェックを元に戻して、後はサーバ側を更新しましょう。

この更新時は、企業システム管理者さん四苦八苦してたんじゃないだろうか。古いPCもあるだろうし。

(;^ω^)