【公開】Arma3EXILEアドオン「LOOTBOX」公開

20180321164453_1追記:バージョン1.3アップデート(細かな機能大量追加)

まだ運用実績の無いモノとなりますが。

「使ってやるぜ」という漢が居るかもしれないので、公開致します。

(;^ω^)

軽くご説明を(詳しくは、添付PBO内のreadme.txtを見て下さい)

Arma3 EXILE MODサーバ用のアドオンとなります。ほとんどが自動動作ですので、ディレクトリにコピーするだけで、どんなものか確認できます。

主に町でのアイテム漁りに、ちょっとした幸せと、変化を提供します。リアリティ志向ですので尖ったモノでは御座いません(設定次第ですが)

  • 街中にアイテムボックスをランダムで配置
    建物内や屋外に自動配置できます。
    アイテムの内容は、恐ろしく細か~く設定できます。
  • 町の建物内にAI
    建物に篭っていたり、周囲のパトロールをしてます(車両・給油所・道路付近) また、装備を変更したり、アイテムボックスエンジンを用いたアイテム所持が可能になりました。
  • ボックス周辺にトラップ
    ワイヤートラップを確立でアイテムボックス周囲に配置
  • 周囲の道路上に地雷
    地雷の種類も設定可でランダムで配置されます
  • 町エリア内に奇妙オブジェクト
    ゴミや死体、オイル、血溜まり、古びた木などを配置、普段と違う町並みを演出できます(少しの違和感)
  • 車両湧き
    街中に車両を隠してる風に湧かせます。エンジンがON状態、ライトがON状態で湧かせる事が可能です。もちろん、アイテム湧きも当エンジンを利用できます。
  • 炎上オブジェクト
    車両でも何でもお好きなモノを炎上させて、町に配置します。
  • トラベラーAI
    町と町の間を徘徊しているリッチなAI
  • アイアンマンAI
    無敵のAI、難易度調整などにお使いください
  • ウォータークーラーの任意設置
  • カスタム看板の設置
    好きな画像を貼り付けた看板を、好きな場所に設置します。
  • 独自のマップロケーション作成機能
    マップ上の任意の場所に独自のロケーションとして登録できます。
  • マップ上に任意の文字を表示
  • サーバからの定期的メッセージ送信
  • 細かすぎるReadmeの添付
    ヤリ過ぎな感が漂う、巨大なReadmeをお付けしております。
  • ※赤字がバージョンアップで追加されたもの

    サーバ起動時にのみ動作しますので、稼働後の負荷はほぼありません。

    お財布にも優しい、完全オープンですので、お気軽にご利用頂けます。

    AIはDMSのフリーズ機能が適用されてますので、付近にプレーヤーが居ない限りは低負荷となってます。

    20180321171647_1テスト環境で恐縮ですが。

    置かれた部分にはマーカーが付けられます(デバック用)

    黄色:アイテムボックス

    赤:トラップ/AI

    灰色:奇妙オブジェクト

    マップのロケーション情報(村/町/市など)を利用するので、位置設定は一切不要で、自動で動作します(実際CUP/Takistanでは上記写真のようになってしまいます。範囲調整が必要です)

    20180321164856_1具体的には、このような感じで置かれます。

    ランダムで適当に場所を決めてる訳では無く、建物系オブジェクトの付近に、それっぽくなるように配慮してます。

    この場合は、屋外という扱いなので、テントが適用されています。

    コンテナオブジェクトは設定で変更できます。

    20180321165046_1屋内にも湧かせられます。

    場所はMAPデータを使っているので、別途ポジション設定は不要です。
    20180321164224_1AIを建物内に、指定された分だけランダムで湧かせられます。

    確立で、街中を徘徊しては戻ってきます(湧き車両・給油所・道路)

    場所は、アイテムボックスの建物湧きと同様にMAPデータを利用してます。

    主に、窓際や階段上・屋上などが多いようです(MAP次第)

    20180321164952_1アイテムの中身は、細かく設定できるようになってます。

    (リアリティ志向なので)他プレーヤーが実際に利用したかもしれない風な感じを出せます。

    個々のアイテムリストの生成は以下の要素で構成されます。

    • 全タイプ固定湧き
    • 指定タイプ固定湧き(ランダムで倍率指定可)
    • リストから50%湧き
    • レア扱いの湧き(0~1個)
    • スペシャルレア扱いの湧き(0~1個)
    • ポップタブ(ランダム範囲)

    上記で生成されたリストに、指定%でゴミアイテムと置換されて、最終的なアイテム構成が決定されます(村の場合は、ゴミ置換率が高め等)

    20180321164931_1屋外設置の場合は、このようにワイヤートラップをランダムで設置できます(およそ2-3m周囲)
    20180321170730_1これは、奇妙オブジェクトです。

    中央の枯れた木がそうです。これがあると、どーなる訳でもありませんが、普段見慣れた町並みに、若干の違和感を与えるのが目的です。

    オブジェクトは自由に設定できますし、既存オブジェクトに重なる事もありません。ご安心ください。

    マップ上に、事前に廃車を配置する事なく、このアドオンが全てやってくれます。

    20180321171242_1こちらの枯れた木もそうです。

    また、道路上には置かれないようにも設定できます。
    20180321170821_1このように大きな鉄塔も、奇妙オブジェクトの一つです。
    20180321171837_1この血溜まりも、奇妙オブジェクトですが、道路上も設置OKの設定がされてるため、ここに置かれてます。


    もし、何かアイデアがありましたら、ぜひともご連絡下さい(コメント欄にどうぞ)ドイツ・ロシア・フランス・英語・他外国語へ翻訳して頂ける方も同時に募集しております(readme.txtのみ)

    ある程度の運用実績が付いたら、EXILE公式フォーラムの方にて公開する予定です。

    追記:Ver1.2アップデート

    20180428191922_1全面的に改良&微調整しました。また、新しい機能も追加されております。

    この写真は、デバッグ用マーカーで、黄色:アイテムボックス赤:AIか地雷緑:奇妙オブジェクト青:トラベラーAI、バツ印はAIのウェイポイントとなってる場所です。

    詳細は、Readmeをご覧ください。

    Readmeからの抜粋(変更点)V1.2

    車両湧きで、稀に接触があるのを修正、奇妙オブジェクトの負荷率低下(SimpleObject化)
    AI動作バグ取り、AIパトロール機能の追加&調整、炎上オブジェクト機能の追加、ログを見やすく若干修正
    アイテムボックス生成時バグ修正、オリジナルロケーション作成機能の追加
    地雷設置バグ修正、カスタム看板機能の追加、アイテムボックス固定湧き機能の追加
    AIカスタム装備の追加(selectAIGear.sqfファイルの追加)
    デフォルト設定値の見直し、全ファイル改行コードをLFに更新
    トラベラーAI機能の追加

    Readmeからの抜粋(変更点)V1.3

    2018/05/17 V1.3
    アイアンマン(無敵AI)機能追加、GPSトラップ機能追加、グレネードトラップ機能追加、サーバーメッセージ配信機能追加
    キャンプファイヤー設置機能追加、マップ文字入れ機能追加、水汲み場設置機能追加
    “Exile_Magazine_10Rnd_9x39″(スナイパー用)を固定湧きにしていたので移動
    ロケーション数と処理位置をログ出力、Readmeの加筆修正

    ダウンロードはこちら

    ダウンロード(a3_exile_lootbox.pbo/129KB)

    ※@ExileServer/addonsにコピーするだけッ!

    【game】Twitchプライムで例の無料ゲームのやつ

    sc20180321101226Amazonプライム会員(有料)とTwitchを紐付ける事で、Twitchプライム会員になる事ができます。

    先日、ニュースにもなりましたが、「毎月ゲームが貰える」という太っ腹なサービスが提供されました。

    てっきり忘れてた。

    (;´Д`)

    今確認してみると、確かに、(上写真)これだけ無料で貰えちゃいました

    ヽ(;゚д゚)ノ!!

    スタクラ2とArma3しかプレーしてない私にとっては。。

    積みゲーの烙印を押されてる訳ですけども。

    sc20180321101738SHADOW TACTICS」9GBとか、この前発売されたばかりのタイトルですよ。

    すげーな(積みゲーだが)
    sc20180321101847この「SUPERHOT」4GBも好レビューのタイトルですよ。

    まず買わないジャンルだが。

    (;^ω^)
    sc20180321102020ニュースの前から話題になってた「Devil May Cry HD版」5GB

    プレビュー見る限りだと、本当にHD版っすか?と疑いたくなる。

    テクスチャー汚すぎるし、モデルも粗すぎるんですけど・・木の精でしょうか。

    他にも、「TOMB OF ANNIHILATION」「Mr.Shifty」「Oxenfree」が無料です(期間限定)※どれも英語版っぽい

    家族の誰かが、Amazonプライム会員だったらぜひとも利用してもらいたいサービスですね(パソコンにTwitchクライアントをインストールする必要有り)

    Amazonプライム(年間3900円)

    【GAME】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その47

    sc20180319204707追記:AIフリーズ

    追記:DMSのAI管理

    なんでしょうね。。

    終わったつもりが、色々と残り作業が湧いてきてしまいます。

    (;´Д`)

    拙作のEXILEサーバアドオン「LOOT BOX

    もう、もう、本当に終わりっぽいので、明日には公開できるかと思います(あれから、AIも湧かせられるように仕様追加

    完全最終デバッグ中で御座います。PM9:00現在

    まだ運用実績がゼロですので、しばらくベータ扱いで、当ブログにて公開配布致します。

    サーバ管理者さんが当ブログを見てる確立は限りなくゼロに近いでしょうけども。宜しければ・・お使いください。

    20180319205758_1見せれるだけの範囲ですが。

    この様な感じで、黄色:アイテムボックス、赤:地雷かAIが湧きます。

    もちろん、数や範囲は自由に設定できます。地雷も多めになってる状態です。

    (オレンジ色はアドオンとは関係無し)

    20180319210245_1上MAPのプレーヤーすぐ左下の赤マーカーがここ。

    新登場のAI様がいらっしゃいましたw

    (;^ω^)

    ちゃーんと、周囲を警戒してますね。ガッツリと、階段側をスポットしております。普通に階段を登ったら、確実にヤラれます。

    この後、ヘッショされたのは、内緒です。

    DMSアドオンでAIを置いてるので、設定の類はDMS側のものが適用されます。今の所は、アサルトクラスで難易度はランダムにしてます。

    設定できるようにした方がええかな。。

    しかし、こんな感じで「建物内にAIが居るかもしれない・・」という恐怖が、これまでのEXILEには無い緊張感を生み出すんではないかと。

    建物オブジェクトによっては、屋上もあるので、屋上ならスナイパーを設置するとか・・ね(一応、考えたw)

    20180319210655_1違う場所のAIさん。

    AIは建物内で湧く事になってるので、足を負傷してるところから察するに、屋根から落ちちゃったんかな?
    20180319210936_1このアドオンのAIは持ち場から、基本的に動かないんですが。

    丁度、ゾンビ2体に襲われてるところを目撃。

    ちゃーんと、逃げながら戦闘しております。

    (;´∀`)がんばってぇ~AIさぁ~ん、このサーバのゾンビは鬼畜ですぞー

    アイテムボックスの中身を、取ることが出来なくなる時があるんですよね。EXILEを普通にプレーしてても、稀に発生するので、何か原因があるのか、調査しなければなりません。

    追記:DMSのAI管理

    sc20180320135921AI湧きはDMSを利用しているのですが、DMSではプレーヤーが近くに居ない場合、停止させる事ができるんです。

    サーバ負荷的にも、これは利用したい訳です。

    軽~く調査をしてみます。

    DMSでAIを湧かす時に必ずこれが呼ばれてます。

        [_group,true] call DMS_fnc_FreezeToggle;

    んで、このコードを読んでみると、意外にもシンプルな形で、フリーズとしていたようです。

    _x enableSimulationGlobal false;

    _group setVariable [“DMS_isGroupFrozen”,true];(同時に変数としても格納)

    EDENエディタでも見掛ける”あれ”です。これが、フリーズの正体です。でも、シミュレーションをOFFにすると、具体的にどーなるのかは、イマイチ分かってませんけども。

    sc20180320140604んで、近隣プレーヤーとのチェック方法ですが。

    fn_FreezeManager.sqf

    このコードで行われてました。

    これも原始的な方法で驚きました(トリガーって使えないんかな?)

    実際の部分は、fn_IsPlayerNearby.sqf で・・

    {
        {
            if (isPlayer _x) then
            {
                throw _x;
            };
        } forEach (crew _x);
    } forEach (_pos nearEntities [[“Exile_Unit_Player”,”LandVehicle”, “Air”, “Ship”], _dis]);

    単純にプレーヤーを全部舐めて距離を調べてるんですね。

    sc20180320141238んで、ここで新しいワードが出てきちゃいます。。

    FSM

    (;´Д`)

    公式ドキュメント見てて、何度か見たけど、まったく知りません。

    ※そもそも読む気が無い

    プレーヤーをチェックしてる、fn_FreezeManager.sqfが、このFSMで動作してるんです。

    どーいったタイミングで、どんな風に動作するのか、まったく分からない。だって、これですよ。呼び出し元がここしか無いんです。

    missions.fsm

    item21[] = {“Freeze_Manager”,2,250,1067.652466,248.645218,1157.652100,298.645233,0.000000,”Freeze Manager”};

    sc20180320141830まぁ・・まぁ・・ここまでコードを追ったところで、何をする訳でもありませんけどもね。。

    (;^ω^)

    どー動作してるのか、気になったもので。

    sc20180320142057ウチのアドオンでも、DMSのフリーズ機能は利用できるはずなので、これに合せて、コードを修正する予定です。ただ、グループ単位なんだけどもねぇ。。

    しかし、日本車の名前に、バンディットとか、DAYZとか。

    海外の方が見たら、どー思うんだろうかw

    ヽ(;゚д゚)ノ バンディットッ!?

    sc20180320143527そういえば、Arma3 Toolsというユーティリティに、FSMEditorという項目があったのを思い出しました。

    ついでなので、何なのか起動してみよう。
    sc20180320143640( ゚Д゚)ハァ?

    お絵かきツールですか?

    否、何かが違う・・・。

    そうだ、DMSのFSMファイルを読み込んでみればええんだ。
    ::

    sc20180320143830ビンゴ、へぇ・・視覚的にコードが書けるIDE的な??

    うむ、ここに、Freeze Managerの呼び出しが書かれてました。
    sc20180320144129起動タイミングは、以下。

    ((diag_tickTime – _freeze) > DMS_ai_freezeCheckingDelay)

    呼び出しはこう。_freezeは待機秒用のもの。

    _freeze = diag_tickTime;
    call DMS_fnc_FreezeManager;

    うむ・・・・

    ・・・・で。

    なんなのArma3ってwww

    ヽ(;゚д゚)ノ

    ちなみに上記のフリーズ系のDMS設定は、以下のものになります。

    a3_dms/sonfig.sqf

    DMS_ai_freezeCheckingDelay フリーズチェック間隔(秒)

    DMS_ai_freezeOnSpawn スポーン時フリーズするか?

    追記:AIフリーズ

    sc20180320201948AIをフリーズ化する方法は、DMSの深いところまでコードを追わないといけないんかなぁ。。

    と憂鬱になっていたのですが。

    思いの外、簡単でした。

    _group setVariable [“DMS_AllowFreezing”,true];

    グループオブジェクトにこれをセットするだけのようです。

    (;^ω^)

    まだ、実際に動作を確認してませんが、これで良いっぽい・・・と信じたい。

    めちゃめちゃコードを読みまくって、どっと疲れが・・・。

    (;´Д`)

    ログを見る限り、ちゃんと動作してるっぽいけども、動作確認は明日です。