「windows」タグアーカイブ

【pc】OpenLiveWriterの日本語化!

image

追記:ストアアプリ版でプラグイン適用できない

WindowsLiveWriterの配布が終了してしまい、今まで使えていたプラグインが使えなくなってしまいました。

(;´Д`)

無論、私が開発した、写楽コード左衛門ネタ帖之助、も同様です・・。私自身も常用してるので、すごい困ってます。

。゚(゚´Д`゚)゚。

※今、頑張ってソース解析してる所ですが、いつになるか分かりません

んで、OpenLiveWriterはオープン化!!なんですが、残念ながら英語版しか無いのが現状、オープン化といっても両手を挙げて喜べない現状です。

多分、いつかは”誰かが作ってくれる”と目論んでますが、一向にOpenLiveWriter界隈は閑散としているようです。

そんな時、オリジナルDLLをカスタムして、日本語化しちゃった人がおりました。

(;・∀・)

私の故郷 田代町(これから錦江町)

こちらのサイトで配布してます。DLLを入れ替えるので、若干ハードルは高めです。

感謝のつもりで、コメントしようと思ったんですが、エラーで機能してないようです・・。

(;´Д`)

追記:ストアアプリ版でプラグイン適用できない

拙作プラグインの移植の調査で分かったんですが、ストアアプリ版だと、アプリが入ってるディレクトリへのアクセスが一切拒否されてしまうので、上記日本語化DLLの適用もできないです。

※別にレジストリを編集する方法があります

分かり次第、更新します。

ストアアプリの場所は、以下になります(隠しホルダー)

Cドライブ¥Program Files¥WindowsApps

私のOpenLiveWriterはこんなホルダー名になってました(PCによって違う)

D5BA6BCD.OpenLiveWriter_0.6.2.0_x86__7g8mfyn71hpbp

んで、AppxManifest.xmlのApplications/Applicationに実体の場所が書かれてます(このホルダーからの相対)

VFS\Users\ContainerAdministrator\AppData\Local\OpenLiveWriter\app-0.6.2.0\OpenLiveWriter.exe

※バージョンによって変わる

image

後はこのホルダーをイジればいいんですが、セキュリティガチガチなWindows10では、一切触らせてもらえません。

セキュリティの設定でうまい事回避するしかないんですが、適当にイジるとマズイ系なので、ここから先は知識のある方しか触らない方が身のためです。

実際、適当にイジったら、色々おかしくなったので・・。

(;´∀`)ちょっとお勉強しよう

【pc】安価な399ドルSurface GOが出るぞッ!

sc20180710123057追記:期待を裏切る6万円

以前からリークは出ていたんですが、Windowsパソコンのスタンダード機と言っても過言じゃない

高値安定のSurfaceでしたが・・

※SurfacePro最上位は34万円

遂に、399ドルのSurfaceが出ました(米国MSRP:希望小売価格)

10インチ、Pentium4415Y(1.6Ghz/2C4T/TDP6W)、Office有り、USB-C3.1端子、MicroSD、4096段階圧ペン、11ac(多くのスペックはまだ未公開)

※キーボード、マウスは付属無し

今日から予約開始で8/2発送。日本は遅れてリリース(数週間後)されるようで、先に海外で発売されるようです。

今年後半に、LTEモデルも予定されてるようです。

sc20180710124325現行SurfaceProで一番安価なタイプは、Core m3/4GB/128GB SSDで、114千円です。

今為替が110円$なので、単純計算で、45000~50000円程度になるんじゃないかな。

それでも、同サイズのAndroidタブレットや、噂されてるiPad安価タブレット(3万?)と比較しても、若干高めな印象は否めませんけども・・。

(;´∀`)

一般のWindowsソフトが稼働できる点のみが利点、ここに価値を見いだせるならお得ですね(Windows Sモードがインストールされてるので、これを通常版に変更する必要有り)

追記:

一般販売は、64800円だそうです。

399ドルが、なぜか65000円になるんだそうです。おま国全開です。

(;・∀・)

【pc】RocketDockが起動しない@画面依存系ソフト

sc20180516112838長らくRocketDock(ランチャー)を利用していますが・・

たまーに、起動しなくなる不具合がありました。

騙し騙し使ってきましたが、やっと、原因が分かった次第であります。

原因は、RocketDockの方じゃなかったっていう・・ね。

(;´∀`)

解決策のひとつ”として、記事にしました。

sc20180516113144鋭い方なら、これで気付くはず。

音声信号を、HDMI経由でアンプに出力してるのですが、まさに、これが原因でした。

つまり、アンプ側が、画面1に切り替わってしまってた。

もちろん、音声信号だけで映像は出してないので、気付かんかった(使ってるビデオカードは、HDMIが優先的に画面1になる仕様)

たまーに気分で、アンプで音を聞きたいな・・って時に、スピーカーを切り替えてるんですが、この時に、自分ではトラブルが起きてたんですね。

(;^ω^)気づかんかった

RocketDockは、自動で、画面1に表示されるように設定したので、こんな事になったという事でした。

画面設定に依存するようなソフト(ランチャーなど)でも、同様のトラブルが発生するかもしれませんので、これかも?と参考にどうぞ。

(;^ω^)