「DIY」タグアーカイブ

【DIY】ダボ継ぎに必要なモノをまとめてみた( ´∀`)

sc20131122184540

わたくしもDIY道に足を突っ込んで色々と失敗を重ねております(;´Д`)

コースレッドだけに頼らないぞ・・と、継ぎ方を試してるところで御座います。

ダボっすよ、ダボ(゚∀゚)ノ

芋継ぎ(いわゆる、直に接合w)の次は、こちらでしょう。

ダボとボンドだけでも、かなり強力に接合してくれます。

ドライバードリルだけで、接合出来るので、手軽でもあります。

但し、高速回転で穴あけしないと、綺麗に穴が開かないので、見た目を気にする場合は、高速回転可能なものを利用すると良いです(インパクトドライバーでもOKでしょう)

sc20131122185316

必要なモノが全て揃ってる、お得なセット。それぞれ別に揃えると、結構しますしね。1343円

No.22 6角軸ダボ錐マーカーセット 6mm用セット

6mmセット、ダボ錐(ビット)、木ダボ、ポンチマーカー

※6mmなので、1x4材でも利用できます。


sc20131122185636

sc20131122185856
ダボだけなら、とても安い。自分で作っても良いし、同じ経の木辺を用意しても良いが、面倒だし。6mm(40個)で、336円

SK 木ダボ DB-6

マーキング用のポンチ。無くでも加工できるけど、絶対あったほうが精神的にも、時間的にも便利です。6mm用(5個)で、600円

SK ダボ用マーキングポンチ DP-6

sc20131122190316

穴開けは、経さえあってれば、なんでも良いのですが。

重要な点があります。貫通する訳ではないので、グイグイ入っていく木工用ビットはダメ、という点です。

途中(木ダボ1/2)で止めなくちゃいけないので、鉄工用などの先端がドリル状になってないやつ。あと、ブレないように、ショートタイプがベストです。

ダボのサイズ(6mm以上)だと、なかなかショートサイズが無いんですけどね。こちらは、6mmのショートで、557円(6角軸なのでインパクトでも利用OK)

スターエム インパクトビット ショート6.0MM

sc20131122191045正確に垂直に下穴開けなんて、素人には無理なので(´・ω・`)、・・すが、水平器とかあると気持ち的に良いと思われますw。

まず、木材と机を水平にしてから、ドリル本体を可能な限り水平に保った状態で、作業しませう。

シンワ 丸型気泡管BФ 16㎜ 76329

自分は100均のもので済ませてますが、こんなのを、ドリル本体にくっつけちゃうってのもアリかもしんない。2個で、529円

sc20131122192450

ダボとは関係ありませんが、DIYでは必須のクランプ系ツール。

断然確実に、F型の方が使いやすい!

100均でも手に入りますが、どうしても小さいんですよねぇ。

150mm口開で、580円と安い。複数持ってると便利です。

SUN UP Fクランプ 150mm

sc20131122192913

90度の角度での継ぎ加工に便利。920円

KAKURI コーナークランプ No.21071


sc20131122193152sc20131122193101
こんな、ベルト状のクランプとかありますね。これはなにかに使えそう。1202円

スリーアキシス(three axis) 木工用万能ベルトクランプ 最大外周360cm 14408

【DIY】北国なので雪対策用の防護壁を作ってみた

NCM_0111NCM_0112とはいえDIY初心者なので、とってもシンプルですが、結構安くてよさげな感じに仕上がりました。

工具も、愛用のドライバードリル一本ですよ。新興製作所 電気ドライバードリル ACD-280

3尺(91cm)x6尺(182cm)1枚で、全材料費700円位です(゚∀゚)ノ

近場のホームセンターからお安い板を数枚購入。こちらは、3尺(91cm)が20枚で1000円でした。

てっきり3尺だと思い込んでいたのだが・・・(;・∀・)

100均で購入したクランプが強力に便利でした。差金で、きっちり90度になるように固定して、下穴を開けます。

NCM_0113

こんな要領で、組み上げます。

ボンド+コースレッドで単純に接合してます。

24mmを利用(板が12mm)、こんなでも、重さ5~6Kgあります。


NCM_0120ヽ(;゚д゚)ノ

ぬこもしっかり強度チェックをしてくれてるようでした。

NCM_0114

んで、表面に当たるプラダンを置いてみたら・・。

ヤラ( ゚∀゚ )レタ!!!

3尺じゃねぇーじゃんかよ!計ってみたら、102cmでやんの・・・。なんてこった。

これがホームセンタークオリティだ。

NCM_0115

ちょっとプラダン1枚分予算オーバーだが、強度が増すので、これでいこうw

材料費

板一枚(幅120mm) 約50円 x 5枚
柱棒(30x40) 約110円 x 2本
プラダン(910*1820) 約200円 x 2枚

約880円だなw(プラダン一枚で済めば680円)

これを数セット作ります。

こんな防雪板が数枚あると、なにかと便利です。

プラダンが滑り良さそうなので、雪下ろしでもそのまま使えそうです。

強度もまぁまぁそれなりですけどね。プラダンが、極低温に耐えられるか気になる所でもあります。

【DIY】ドリルドライバーACD280レヴューとか

NCM_0077

久々のお休みだったので、カップ麺とドリルドライバーを購入してみた。

近場のホームセンターで安かった、ACD-280というドリルドライバー。

新興製作所 電気ドライバードリル ACD-280

シンコウ製作所の製品。大体、3000円程度で購入できる。

もちネット調査済みで、それなりにお安めで評価はまぁまぁな所みたい

有線タイプ、トルクは14Nm、回転数790/min(無断階)、消費電力280Wと、スペックもそれなりにあります。

ちなみに、新興製作所のホームページはありません。今時珍しいw(;・∀・)

NCM_0079

なかなか持ちやすいですよ。適度な重みです。

カップ麺待ちなので、ソワソワしてるところです。

左:勢い余って買った、500本のコーススレッドw


NCM_0078NCM_0084DIY向けらしく付属品がありますよ。これは嬉しい誤算でした。っていうか、ビットの事考えてなかった・・(;・∀・)

2/3/4/5mmドリルと、+/-ビットが付属します。

早速、2mmで下穴を・・・、おぉ・・初めての電工道具ですが、これは気持ちいい!

ヌルッと入っていきます。

やってみた感じでは、力加減に慣れないと、ビットが空回転しちゃったり、抜けちゃったりします。スキルを積まないとダメっすね。回転数をうまく調整しながら、操作しないといけないですね。

回転数を上げれば、それだけトルクが低くなってしまうので、パワーが欲しい時はゆっくり回すのがコツです

完全に慣れれば、インパクトレンチだけでできるんでしょうが、プロの領域でしょう。なんとなく、そう感じます。

NCM_0081

NCM_0083わずかに引けば、イヤラシイ程に、ゆっくり回ります。

ビットが回り始める前に、内部のこのファン(白いやつ)が回転し始めるので、なんとなく分かります。

多分、内部のモーターと直結してるファンでしょう。かなりの回転数です。ギア比で、ビット回転してるはず。

操作部はオードソックスに、回転方向とトリガーロックです。

本体を何かに固定させて、ずっと回転させる事が可能です。研磨とかにいいかもしれない。

NCM_0082

この製品の特徴のひとつが、これです。

こういったモーターは、ブラシと言って通電の接触部品が摩耗していって壊れます。

DIY向けの安い製品は、もう買い換えるしか無いのですが、ACD280はブラシを交換するフタが完備されてます。

まぁ・・ブラシが幾らするのか判りませんけども・・(本体が安いので)


NCM_0080

付属のビットを装着した感じです。

これでいくらか下穴を開けまくりました。これだけで十分ですな。

購入前は、パワー不足を心配しましたが、全然問題ありません。いろんな穴を開ける事ができます。DIYが楽しくなってきたぞ。

ビットがふらふらするような事もなく、精度的にもしっかりしてます

 

 

 

NCM_0085

んで、下穴を開けたので、本来の目的であるコースレッドを打ちまくってみました。

経4.5mm/65mmの結構長いコースレッド

もちろん、下穴を開けた上でですが、ガンガン入っていきます。すげー、気持ちいい!

20本ほど打ったところですが、付属のビットの先端が馬鹿になっちゃったw(;・∀・)

所詮付属品・・ですね。

昔、知人からもらった+ビットを装着して、ガンガン打ってみましたが、こちらはまったく無傷、ちゃんとしたビットを購入した方がよさそうです。

節の部分とか固い部分に、下穴を開けようとしたら、完全ロックして空回り・・・(;・∀・)

抜けません、どうしようか、凄い悩みましたw ペンチで挟んで、ゆっくりヒネって抜きましたけども、ロックしないように慎重に操作する必要があるんですね。色々、勉強になりました。

パワー不足を心配して、インパクトドライバーにしようか凄い悩みましたが、まったく問題ありません。結構強いもんです。

・・さて、何を作ろうか( ´∀`)ノ

新興製作所 電気ドライバードリル ACD-280