「pc」タグアーカイブ

【pc】RealforceとMajestouch(赤)甲乙つけがたい

P1010872

キーボードといえば、「Realforce」「Majestouch」の2大巨塔となっております。

※HHKは変態系と分類してますので・・

両方持ってるのですが、かれこれ、もう5年以上(いやもっとだな)も、愛用しております。

(Realforceは3代目、Majestochは2代目)

これが、どちらがメインにもなり得る素晴らしい製品なのです。

Realforceの優しいタッチフィーリングが最高ッ!と思ってしばらく使い続けては、Majestouchの硬派な音とタッチ感(赤)に、また惚れなおしてしまいます。

P1010873

FILCO マジェスタッチ

気分次第で底打ちしたがりなので、Majestouchの「カッ」という音がタマらない。

真っ黒で小さめ&剛性ボディがまた硬派で、デスク上に映えるのも、所有欲を満たしてくれます。

Cherry軸なら、他社製のオプションが利用できるのも大きい。

カラフルキーや鉄製キーに差し替えたり、静音化などカスタムできる。

サイズ Cherry MX軸対応 LED光透過型メタルキーキャップ MXKCLEDMETAL-SL

サイズ Cherry MX軸対応 静音化リング MXORDP

マジェスタッチは、通常モデル(約10000円)とワイヤレスモデル(約15000円)、小さい「MINILA」というモデルがある。

P1010874

東プレ RealForce

静電式スイッチの優しくて、静音、なんとも落ち着きはらってデスク上に鎮座してます。

とにかく指先を優しくサポートしてくれるんです。

マジェとは、また正反対な印象です。さすがは、業務用と謳ってるだけあります。

これまで長~い間、大きな変化も無く、価格も変わらずw、ブレずに突き進んできたRealForceですが・・。

sc20151014191148

先日のイベントで、ゲーミング用の製品を公開しました。

七色に輝くんだそうです・・。

(;^ω^)

しかも、全てのキーで、アナログ入力をサポートして、入力の深さを自在に設定できるとの事。

アナログ入力を活かして、MIDIキーボードのように鍵盤とか、ゲーム用パッドの様に使う事もできるらしい。

どうした東プレヽ(;゚д゚)ノ ・・と心配してしまいますが、そろそろこういった攻めの姿勢も必要でしょう。

だがしかし、いくらするんでしょう・・・(;´∀`)3万とか?

ゴムの感触しか無い安価なキーボードとは別次元ですので、このいずれか、オススメです。

【game】スタークラフト2新作は11月10日発売@Void

sc20151008234915

2010年に登場したスタクラ2ですが、遂に最終章となる「Legacy of the Void」が、今年の11/10に登場します。

StarCraft2 *Wikipedia

もう、5年近いんですよねぇ。

私ももちろんの事、第一弾「Wings of Liberty」、第二弾「Heart of Swarm」をプレーしまくってまして、元は十分取った感じですw

RTS(リアルタイムストラテジー)というジャンルで、正直なところマイナーです。日本向けのパッケージも無いので、日本人でプレーしてる人もかなり少ない。

※Bllizardのウェブサイトは、(やっと)最近になって日本語表示がされるようになりました

前作のStarCraft(2007年発売)をプレーしていた人が、ちらほらスタクラ2を購入してるといった印象です。私もその1人ですけども。

当初、一緒にプレーしてた日本人のFriendsも、1人づつ減っては・・と、皆無となってしまった現在・・、孤独ですなぁw

これで、また戻ってくるんじゃなかろうか(;^ω^)

来月となったので、そろそろ、VOIDのためにPCを新調しようかと思ってます。SkylakeとGeforce970辺りで組もうかと・・。

現在:Core i5 4670K/RAM 24GB/Geforce 760、フルHDでギリギリFPS60をキープ、稀にコマ落ち

sc20151009000211

いま体験版なら無料でダウンロードできるようです(ストーリーモードでしょうけど・・)

ダウンロード版39.99ドルで、現在120円/米ドルなので、5000円位でしょうか(クレカの手数料込)

デジタルデラックス版なんてものもありますが、正直、眉唾ものですので、普通のやつで良いでしょう。

Wings of libertyはコレクター版パッケージを、アメリカのamazonで1万円(当時は円高)で輸入購入したけども、かなり微妙だったので。

sc20151009001057

ちなみに、アメリカのAmazonでは、予約販売されてます。

コレクターパッケージで、79.99ドルのようです。

サントラCDとかDVDとか、冊子とか、DLC(スキン系)程度です。

・・で、でも・・。

店頭で見つけたら、コレクター版買っちゃうなぁ・・俺。

Bllizardさん、日本で販売したらええのに・・。

まぁ・・最終章なので、いまさら・・ですけどもね。

sc20151009001529

ちなみにですね、日本のAmazonで検索すると、こんな結果が出ます。

アフォかとバカァかと。

俺が購入したWings of libertyのコレクター版は、72000円と・・w

誰が買うんだよ。


Screenshot2015-10-09 00_35_13

んで、只今、Legacy of Voidのインストールが終わりました。

んで、起動してみたら、恐ろしい事が起こりました。

ガチガチに、PCフリーズです。

これから試してみる方は、超!!注意です。

正しくは、フリーズでは無く、超コマ落ち&セキュリティ関連です。

理由は、グラフィック設定が勝手に変更されて、最高設定となってしまうためです。また、裏面に、セキュリティの警告ウィンドウが出てます。

タイミングを見計らって、Alt+Tabで切り替えて、セキュリティ警告のボタンを押しましょう(新しいソフトの扱いなので表示される)

UIも変更され、背景がゴリゴリに動きまくります。

scsc2

この通り、CPU負荷が100%に張り付いちゃってましたww

Alt+Tabも効かないし、もうちょっとでリセットをする所でした。

なので、Voidをインストールしたら、すぐさま設定画面に行って設定を変更してください。

もし、既にフリーズ中だった場合は、冷静に「REPLAY」タグを押して(背景が動かないので負荷が無い)、低負荷にしてから、設定画面に移動しましょう。

しばらく待ってると、動き出しますから・・(;^ω^)

しかし・・、このUI重すぎます。私のPCですら重いとなると、本気のゲーミングPCじゃないと厳しいのかもしれない。

追記:一度終了した方が良いようです。重さがかなり改善します。

Screenshot2015-10-09 01_12_47私はこんな設定にしてます。

これなら、i5/GF760でも、フルHDで、それなりにプレーできます。

中の下くらいでしょうか・・。

解像度は欲しいんですよねぇ・・。

混戦状態だと、30FPS位まで落ちてしまいます。

新しいPC欲しいぞw

sc20151009010248ゲーム中でなくても、CPU使用率30%ってなんだ、なにをやってんだ?

アップデートで対処されるでしょうけど・・も、これはヒドイ

これの性で、CPUファンが強烈に回りだして、ウルサクなりました。

あと、なんでか、チャットルームが常時表示されるようになっていて、右下に最新のコメントが表示されてます。

ネットワークのスペックも要求されてそうな印象です。

Screenshot2015-10-09 01_07_04

案の定、みんなも同じ境遇のようで、文句ばかりが溢れてました・・w


sc20151009012512

よく見ると、今回から、64bitのコードになったようです。

32bit環境のユーザーもいるのでどこかで切り替えてるのでしょう。

そのため、スタクラ2単体で、1GBもメモリ消費してます。

グラフィックカードを使わず、オンボでプレーしてるユーザーは、地獄を見るでしょう・・・。

シリーズ最終章とはいえ、色々と試行錯誤してるんですね。

【音楽】中古のAVアンプONKYO SA-205HDを買ってみた

P1010696

アンプとか胡散臭くて試した事がありませんでしたが。

中古で安かったので買ってみました。

ONKYOのSA-205HDという2008年頃のAVアンプです。

スピーカーセットなので、正しくはBASE-V20HDです。

エントリー製品ですが、付属するスピーカーも上位機種に付属するようなものですし、なにせ当時の定価が10万w(;´Д`)

P1010697

フロントスピーカーを、同じくONKYO X-N9FXから流用して(偶然同じ頃の製品)


P1010698

付属していたスピーカーは、サラウンド側にまわってもらって・・。

これで、4.1ch環境のオーディオ環境が整いました。

※最大は7.1chですが5.1chを超える2ch分はプリアンプが必要

SA-205HD付属の設定用マイクで、自動設定して(3分位)、普段聞いている音楽やらを鳴らしてみました。

「おぉ~」(;´∀`)やっぱすげーな

無駄にスターウォーズの楽曲とか聞いてみたり・・w

聴き比べも兼ねて。

P1010699

こちらのBuffalo BSSP10 というアナログ2chアンプ。

※当時は約5000円だったがもう絶版品です。高評価な製品

ウーファーの威力か?スピーカーが増えたためか?

BSSP10も中々な感じですけども、迫力も精細さも抜群です。はよ、5.1ch対応の映画を鑑賞してみたい。

パソコンで、5.1chを再生するには、パソコン側で「Dolby Digital Live/DD Live」「DTS Connect/DTS C」の対応が必要なんだそうな・・知らんかった(光接続でも、5.1chの信号量に追いつけないとか)

SoundBlasterとか外付サウンドデバイスとか利用してるなら対応してるはず、光出力が付いてるなら、いまどきのPCなら大丈夫だそうです。

※でも、圧縮された音声で無理やり5.1ch再生のようです

※VAIO Type-SでHDMI接続(音だけ)して、5.1ch再生を確認

・・・・(;^ω^)

んで、ここで気になった点。

消費電力が物凄い事になってる。

普通に再生(つまみも真ん中付近)して、およそ50W前後です。電源をOFFにしても、常時10Wも消費してます。これは設定で回避できるんだろうか。

そんなの当たり前だろ。とか思われる方もいるんでしょうけど、先に紹介したBSSP10は・・、

最大ボリュームで鳴らしても、消費電力2~3Wですよ・・・。

ちなみに、電源OFFしても、しばらくファンが回ってて、サスペンドのような状態が続きます(その間20W程度)

※ファンは、温度が上がったら回り出します、レビューで言われてる程、気にならないノイズです

リスニングモードで、様々な音響を切り替えられるんですが、あまりに豊富過ぎて覚えていられない。皆さん、こういうの使いこなしてるんでしょうか。

再生するソース毎に手動で切り替えてるん?

HDMIポートが2つしかないので、PCとゲーム機繋いだら一杯です。光入力もあるので、ギリギリ許容できる。

AV系の新規格が嫌がらせのように出てきて、すぐ古くなってしまいますが、そもそも対応してるソースが無い以上、音さえ鳴らせれば良い、というなら中古AVアンプなんてどうでしょう。

電気食うけど。。