「pc」タグアーカイブ

【PS4】PCからリモートプレーとやらを試してみる

無題

せっかく購入したPS4は、ほとんど電源すら入ってないのですが、そういえば、PCからリモートプレーが出来るようになったとか。

PCで出来るなら、常時起動してるPCからプレーできるので、便利かもしれない。

ん、そうなのか?(;^ω^)選択肢が増えるという事は歓迎です。

sc20160510205616

PCの方には、こちらのクライアントソフトをインストールが必要です。Mac用もありますね。

https://remoteplay.dl.playstation.net/remoteplay/lang/jp/

起動するととてもシンプルなウィンドウがあがり、設定には、PSNアカウント、解像度、フレームレートの3つ程しかありません。

解像度は360/540/720p、フレームレートは標準と高の2種類。

sc20160510205905

自分のは、PCとPS4共に、ギガビット有線で同じハブ内です。

まず、無設定の解像度540p、フレームレートが標準でやってみました。

見た目では十分に綺麗ですが、アクション性の高いタイトルは厳しかったですね。

フレームレートが標準だと、20とか30位しか出てないんじゃないでしょうか。多分

んで、最高設定720p、フレームレート高だと、ローカルでプレーしてるのと体感的には差がありませんでした。これならアクションゲーでも問題ありません。実際に、グラディウスで確認。

ゲーム中に、一度だけネットワークの帯域不足が発生して画面が停止しました(PCの方で一時的にネットアクセスが増えたのかもしれない)

ただ・・、720pと解像度がわりかし低いので、大画面でプレーする場合は、画像が汚くなってしまうでしょうね。

PlayStation4ゲームソフト

PS4はスタンバイ状態にしてましたが、起動も自動で行ってくれるので、PCからは「PS4リモートプレイ」を起動するだけです。とても便利です(PS4が起動するまで最大1分ほど待たなければなりませんが)

また、既にPS4が起動してる場合は、すぐ表示が行われます。

「PS4リモートプレイ」を終了しても、PS4は電源がOFFにならないので、メニュー上から電源OFF(或いはスタンバイモード)にする必要があります。

【game】StarWarsバトルフロントが57%オフでセール中

sc20160506190504

海外タイトルは、しょっちゅうセールをするので、フルプライスで買うのを躊躇してしまいます。

(;´Д`)

んで、出だしが、あまり好評ではなかったStarWarsがPS Storeでセール中です。

素のバージョンで、3622円です(PS4版)

DLCなどが付属するもので、4182円、8519円となります(こういう商法も当たり前になったw)

だが・・しかし・・Amazonでは2891円 です。

(;^ω^)

高評価と低評価が入り混じってますw こればかりは、プレーしてみないと分かりません。

FPSだと、マウスの方が良いという方が多いので、PC版はどうなのかと、Origin(公式)の方を見てみました

sc20160506191309

こちらは、3369円です(60%オフ)

※Amazonではフルプライス7800円だった

こちらの方が、いくらか安いようです。

ちなみに、4時間だけの無料プレーもできるようです。

もしかして・・・月500円でVaultゲームがプレーし放題に追加されたか?とも思いましたが、さすがに、StarWarsは無いようでした。

BattleField5が出るので、私も所有してる前作のBF4がセール中です。1512円だってよw

ちなみにBF5は、本日に公開だそうですw 5/7早朝AM5第一次世界大戦がテーマのようです。初代BFで、米軍と日本軍との戦いを思い出します。

【PC】入れたはずの無いアプリ「CandyCrushSaga」?Winセキュリティ

sc20160422175251

PCをそのまま使ってると、不要なファイルや設定がゴリゴリ溜まっていき重くなる原因となります。

気が向いた時に、メンテをしているのですが、見慣れないモノを見つけました。

この「CandyCrushSaga」とも読める、スマホゲームとかで聞いた事のあるゲーム?ですよね。しかも悪名高いキングソフト(中国)ですよ。

こういったモノは、PCに入れた記憶も無く、なぜか入ってる??

システムにも記録されて無いので、アンインストール一覧にも無いが、ファイルがそこにあるのです。

sc20160422175950

見つけたのも、ここです。

アプリ毎にセキュリティポリシーを設定できる画面です。

アプリとしてシステムには登録されてるようで、ここの一覧には出てます。

普段使いのアカウントでは無く、(たまに利用する)制限付きユーザーアカウントに紐付いてました。なおさら不思議

そもそも、実行ファイルも無いし、フォルダーが数個作成されてるだけのようです。

アカウント作成時にWindowsが勝手にインストールしたのでしょうか?いや、それも考えにくい。

ちょっと怖いので、関連する文字列で、全検索を掛けて(慎重に)手当たり次第削除するつもりですが、もしかするとまったく問題無いシロモノかもしれませんが、「king.com.CandyCrushSaga_kgqvnymyfvs32」とか、メーカー名&アプリ名とフル名称なんだもん・・。

sc20160422182609

アップデートなんかを繰り返していると、(上の)セキュリティポリシーが追加更新されていくので、恐ろしい程の無駄な設定だらけになりますので、たまにチェックした方がいいです。

アンインストーラーも、ここだけは結構残したままのパターンが多い。

後は、Cドライブの”TEMP”系のフォルダーのチェックが重要。

一般的な、Windows標準TEMPの他にも、純正マイクロソフトのソフトでさえ、これを守らず、そこらじゅうに勝手に一時TEMPフォルダを作成しまくってます。

最後に不要なバックグラウンドソフト(サービス)が動いていないかのチェックも定期的に実施しないといけません。

パソコンなら、(やろうと思えば)こういった設定やログも隅々まで確認できますが、スマホだと出来ないので、本当に安易にアプリをインストールするのは、本当に危険だと思います。

sc20160422183743

これは自宅のルータの廃棄したパケットのログ情報です。

IPアドレスから判断できますが、これはスマホで、本体から外部に通信を試みた分、結構な量です。

ある特定のアドレスに、ポート443(HTTPS)で接続しにいってる分なので、アップデート確認か何か?だと思います。

※IPアドレスから、アメリカ住所らしい

ゲームや怪しいアプリは一切入れて無いので、大丈夫(なはず?)ですが、スマホだと実際に確認のしようが無い。

((((;゚Д゚))))

皆様も、定期的にはセキュリティチェックしましょう。