「プライベート」カテゴリーアーカイブ

【Game】StarCraftでハッカー発見@BWHF

starcraft これSC2の画面ですけど・・

さて、StarCraft2が発売される一週間前なんで、今更なんですけど、StarCraftでのネット対戦は未だ(20年近く経ってんだけど)プレーヤーが多いです。

ここまで古いタイトルですと、今まで様々なチートが出ては、アップデートされての繰り返しで、一向にチートプレーヤーが絶えず存在してました。

なので、しばらくの間は、こいつ怪しいと思ったらリプレーなんか見て発見して、アカウントを覚えておく・・・みたいな感じでやってましたね。

ちなみに自分、SC1の発売日(もち、BroodWarも未発売)から、輸入してやってるので、恐ろしく古株プレーヤーです。(MSのAoEで火が付いたんだな・・・)

結構前からハッカー発見ツールとして、いつものメンバーから紹介されてずっと活躍してるものがあります。

今、日本語の解説ページとかあるのかな?と思ったら、全然無いでやんのw

という事で、簡単な使い方だけ書いておこうかなって書いてます。

GoogleでBWHFを検索するとすぐヒットしますので、ダウンロードします。もち、普通の人はWindowsだと思うので、間違えずにDLする事。

インストール作業は要らないので、解凍内に、BWHFAgent.exeがあるので実行します。

image

こんな画面が開きます。左メニューから色々調べられますが、時間のあるときにいじってみてください。

ここでまず、貴方が使用しているPCが、64ビットだったりすると、ちょっと修正が必要です。その他、変な仮想環境系のソフトとかの場合。

メニューからGeneral settingsを選択して、Starcraft directoryを確認します。64ビットとかだと、パスが違うはずです。ここを、StarCraftの実行ファイルが入っているパスに設定します。

自分Windows7(64ビット)だと、C:Program Files (x86)Starcraftとなります。

image

これで終了です。StarCraftを起動する際は、この画面上部のStart StarCraftのボタンを押して起動します。

このBWHFは、ハッカーデータベースを基に確認しているので、単純にアカウント名だけで見つけます。チャットルームに居る際に、PrintScreenキーを押すと、音声で教えてくれます。

あと、便利なのが、ゲーム終了後に、ハッカーが存在していたかを音声で教えてくれます。

つまりは、自動でリプレーデータを捜査してくれる訳です。もちろん、リプレーデータから、APMを計測したり、なにをやっていたのかも確認できます。

凄いエキスパートさんが居たときは研究できますね。

image (昨晩のラストゲームの時のデータです)

こんな感じです。ちなみにアカウントを隠してます。このプレーヤーの内ひとつが自分ですけど(熱い時は、APM160位)

怪しいデータがあった場合は(つまりハック)、このチャートに!ビックリマークが付きます。

あと、Battle-Net上には想像以上にハッカーが蔓延してますので、随時データベースをアップデートしておいた方がいいです。

メニューのPlayer checkerから、Update nowボタンを押して更新してください。

もしハッカーが見つかっても、単純に名指しでハッカーだ!と言っても、流されてしまいますので、うまい事空気見て発言してください。大抵、俺は違う!って言いますから。

ホストを長い事やっている方なら、BWHFの存在を知っているので、BWHFの情報ですよ。と言えば大抵BANしてくれます。

ま、過去に好奇心からチートツールを使ってみただけという方も居ます。運悪く、BWHFに乗ってしまったみたいな。自分の知っている古株プレーヤーにも居ます。

とりあえずプレーしてみて、リプレーデータを確認してみるという事も場面では必要かもしれません。

日本人にもプレーヤー(もち自分は純粋な日本人っす)は少なからずいるようですが、かなり少数派です。実際、月に一度会うか会わないか位の頻度です。なので、99%は海外のプレーヤーとプレーしてる有様です。

んで、SC2が出たらどんな状況になるんだろう?とっても不安。

StarCraft2 / BLIZZARD
http://kr.starcraft2.com/

【ケータイ】IS01レビューその弐

SN3J0054

そういや自分のISを撮影して無かったようなので、小汚い状態で(こうなっちゃうという例で)

1週間位経過したでしょうか。

最初にバッテリーです。過去のPDAにありがちな急速な減りはありませんでした。もち、3G+Bluetooth、無線LANなど全てON状態です。

普通の携帯をいじってる感じがとっても合います。普通にワンセグとかウェブとか見てると、普通に減って行く感じです

いまだ、購入してよかったと感じます。

ノートPCの稼働率がガクンと落ちました。それだけ、自分はウェブの利用率が高いんですね。為替やTwitter、Mixiなどは全部これでまかなえますし、(開いて)すぐ利用できるのが良い。

あと、持ち運びについてですが、他に携帯を一緒に持ち歩くのは(案の定)結構しんどいです。普通にかさばりますからね。バックとか常時持っている方ならいいんでしょうけど。

多分、ミヤビックス辺りからケースが登場するでしょうし、そこまで待ちかな。

そういや、EMONEの時みたいに、任天堂DSliteとケースが共有できるのでは??と調べてみました。

SN3J0055(汚ねぇDSです。しばらく使ってません)

おおっ、結構イケるかもしれない。厚さはほぼ同じ、幅高さが1cm程デカイくらいです。

これくらいなら、ソフトケースの類なら普通にいけるかと思います。厚さがISの方が数ミリ小さいので。

あと、Xperiaもそうらしいんですが、例の見たこと無いUSB端子、これマイクロUSBとかいう、インテルの小銭稼ぎとしか思えない規格らしいんですが。探してみると、ダイソーには無いが、Amazonには売っているようです。1000円位。一個持っておくといいかも。

あと早めに用意しなきゃいけないのが、ストレージとなるmicroSDHCカードです。データ移行がめんどいですし。

SDにはCLASSという転送速度の表記があるんですが、microSDHCのCLASS10がバカ高いんです。いま現在で10000円。しかも、メーカーによってはウソ臭いらしい。やはり、国産メーカー(東芝とか)やSanDiskとか大手がいいらしいです。たとえCLASS2だとしても。

まだ、アプリは数個しか試してないので、その辺はこの次に。

ちなみに、ゲームソフトが2本無料でダウンロードできるみたいです(11月まで)

【ケータイ】AU IS01を買ったお@初見レビュー

kddi_android_is01_movie03s

ふらっと寄った量販店に在庫があるというので、気付いたら手元にありました。

はい、物欲に負けました。

今、充電中なのでじっくり触ってないんですが、詳しくはゆくゆく追記していく予定です。

店頭価格は、36750円で、実際に払ったのは、25700円です。

SoftBankの余った契約をMNPして10000円引きで、AUポイントが1050円を使用しました。

さらに、15000円分の商品券が貰えるらしいので、実質10700円で購入した事になります。
(ACアダプタを付けてもらいました。ちなみに本体にはmicroSD 4GB付いてます)

なんという安さでしょうか。こういったガジェットで10000円台で購入なんてありえません。中国のクソ怪しいデバイスなら買えるでしょうけどね。IS01は、シャープ製で案の定メーカー保証がつきます。安全、安心です。

しかも、ISデビュー割で、毎月の支払いは、2年間ほぼゼロ(プランE+IS NET)なんです(実際は、安心ケータイサポートとか加入するでしょうし、300円位)

AUが案内しているように、2台目の端末として持って欲しいらしく、この場合、パケット代だけ払えば良えんよ・・といった形らしい。潔いですね。パケット代の天井は、5985円

emobileなどのモバイルルータを経由して、パケット代を節約しようという輩が非常に多そうですが、AUの思い切った判断にリスペクトしてもいいんじゃないかな。これ単体だけ持ち運ぶだけですし。
(ちなみに無線LAN設定しておけば、自動でそっちに優先に接続するようです)

プランEだと、すぐ天井行きそうですし、パケ代気にせず使い倒すつもりです。プランEの特徴だった「ガンガンメール」が利用できない。非常に残念。

 

持った感触は、シボ加工のおかげか、結構いけてます。重さは見た目そのままです。普通です。

しかし、充電がなかなか終わりません。(バッテリ持ちを調べるため、フル充電中)

l_st_is01ph-17

バッテリーは通常の携帯よりは大きめとはいえ、1400mAhしかないんです。ここが気になってたんですが、価格COMコメントとか見てると、結構持つらしい。

現在気になったのは、充電方法です。WZERO3よろしく、ミニUSBで行うんですが(AUアダプタ変換コネクタ付属)、ゴム製の貧素なカバーを開ける必要があるんです。面倒です。

PDAを使った方ならお気づきかと思いますが、外部に金属接点がありません。つまり、クレードルは将来登場しないって事です。

ちなみに、本体外にLEDが無いように思われますが、表面丈夫のど真ん中に、1つあります。充電中は赤く光ってます。着信とかメール着信でどうなるかは、いまのところ未調査です。七色に光るみたいで、設定可能でした。

ちなみに、ストラップホールはありません。(このサイズ重さでは当然でしょうが)

軽く、AUネットワークで、ネットを見てみました。地方都市ですが、思ったよりも速く、常用できるレベルです。PDAなんかでは、ハードスペックや回線の遅さの性でもっさりしがちですが、ここはGoogleちゃんと作り込んでるようです。

l_st_is01ph-04

キーボードは特に変な配置も無く、普通に打てました。タッチ感は、メンブレン感が出まくってて、ふにゃふにゃです。ここはしょうがないですけど。キーボードライトが欲しかったなぁ。

また、Andoroidならではの、戻るキーやHOMEキーの高さが低すぎて押しにくいです。あと、その性で指油がべたべたしてしまいます。多分塗装が剥げそうな気がします。潔癖性の方は厳しいかも。

ブラインドも結構厳しいかも。でも、まぁまぁ打てますが。

なにより、全体の動作がサクサクです。iPhoneの初期モデルよりサクサクです。Windowsモバイル機なんて足下な感じですね。Andoroidすごす。

Googleサービスとの連携や、Andoroid/AUマーケット(アプリとか)もすでに利用できるようですし、TwitterやMixiアプリの動作も確認、ナビウォークも11月まで無料で利用できるようです。

Googleマップでの、GPSや電子コンパスの動作も確認しました。

こんな高機能なものがコンパクトに収まるもんだなぁと感動すら覚えます。これは、やっとモバイルガジェットに当りがきたか!?

これから本格的に使用してみます。

AU IS01(Andoroidデバイス)
http://au-is.jp/products/is01/

追記:

バッテリーの持ちだけ若干報告。

GPS、無線LAN、BlueToothを全て有効にして、ずっとウェブやワンセグから設定まわりを行ってましたが、一向にゲージが減る様子がありませんでした。んで、2時間経過した辺りで、やっと1目盛り(1/5位)減りました。

心配不要な感じです。

microSDは、もちSDHC対応ですが、バッテリーを外さないと装着できませんでした。

PCとのBluetoothペアリンクはなぜか失敗します。USBもなぜか認識しません。なにか設定が必要なのかもしれない(USB通信中も充電可能みたい)追記:マウント操作をしないといけないみたいでした。マウント中は通話ができないような仕様のようです。

カメラは普通でした。安物の携帯についているような感じです。ただ、iPhoneのような撮るだけのシンプルではなく細かく設定できるようです。この点で多少遊べそうです。もち、動画もOKでした。追記:AFが付いているようです。明るい所では、iPhoneよりも全然綺麗です。期待してもOKな感じです。

GPS情報や方角情報を付与できるのかな?と色々やってみたんですが、うまく出来ません。自動で付与して
くれたら、写真データベース作成がとっても便利になるんですけど。

音楽はUSB接続経由で、LISMOが使えました。ただ、転送にとっても時間がかかる(アルバム2枚分で10分位か)ので、直で再生できるようなものがあるんでしょうね。そのうち探す予定。

iTuneストアよろしく、AUも環境整備するんでしょうけど、ちゃんと最後までちゃんとやって下さいよ。いつもグダグダですから。

追記:

Bluetooth周辺を調べました。PlanexのBT-HP01ADというステレオヘッドセットにて、全部のプロファイルにて認識。A2DPでの音楽もOKでした。ただ、どちらが悪いのか分かりませんが、ズボンのポッケに入れて聞くと、通信断が激しくて使い物になりませんでした。ウラ面の方にアンテナがあるみたいでした。

調べてる時に気付いたんですが、これFMトランスミッタが入ってるんですね。驚きました。車にて利用してみましたが、これは実用に耐えます。とってもええです。

もしかしたら・・・・と、FMラジオが付いてるのか?!と。そういったアプリは入ってないので、ダメなのか、ハード的には内蔵してるのか、現時点では分からない。

購入2日目ですが、特に不満無く、快適に使わせてもらってます。

寝っ転がりながら、ふっとネットで調べ物とかするとき、開けばすぐ利用可能で、すぐネットアクセスができるので、これはUMPCとか携帯電話よりも便利で速攻です。

ワンセグも、まぁまぁ普通な感度で、全画面で観れますし、バッテリーも全然いけますし、本気でナイス(補正無しで)なデバイスです。

これまでで、2?3回程、勝手に再起動に入った事があります。大量のファイルが置いてあるものを観た時(写真)とか、ワンセグ起動時とかだろうか。Andoroidは前iPhoneとは違いマルチOSなので、終了させないアプリが大量にあると、メモリが無くなるとかいった類の気がします。

あとちょっとすれば、バージョンアップとかで色々な点に改良の手が入る事でしょうから、そこまでは、色々いじりまくればええでしょう。