【PC】ChromeをこっぱやくするRAMDISK

chrome

いつかやろうと思ってたんですが、気が向いたので昨日やってみました。

今時、メモリとか大量に入ってるし、大抵の場合、1GBも消費していない訳ですよ。
あと、4GB積んでるんだが、32bitOSの性で1GB無駄になってるとか(俺のパターン)

なら、常用しているWebブラウザの負荷の掛かるキャッシング部分をRAMDISKに置いて、高速化を図ろうという魂胆です。

これが結構簡単で、もう情報やソフトもこなれているので安全です。先人の方に感謝です。

まず、RAMDISKを実現してくれる部分です。

PC周辺機器で有名なバッファロが提供しているソフトがあります。もち、無料です。
Windows7/Vista対応で、64ビットOSにもOKです。

BUFFALO RAMDISK
http://buffalo.jp/download/driver/memory/ramdisk.html

但し、64bitOSの場合はなぜか、256MBまでのドライブしか作成できません。いつかは対応してくれるんでしょうか。無料だしなぁ。。。無理かな。。。

ちなみに、VSuite RamdiskやGavotte Ramdiskとかの有名なものもあるので、興味のある方はどうぞ。Gavotteは中国製みたいです。KingSoftと同様に、中国に嫌なイメージを持つ方は避けましょう。

あと、Thinkpad X200(SSD/XP 32bit)に導入したのは、VSuite(FREE版)の方です。日本語が使えるのは有償版というおとろしい事になってますが、ま、気に入ったら買えばいいだけです。
(ちなみにFree版は、電源断時に、RAMDISKイメージを保存してくれません)

後は、Webブラウザの設定です。

Buffaloのやつは、IEとFireFoxの設定は自動でやってくれるようです。

ちょっとめんどいんですが、ショートカットに対して設定する必要があります。そう、EXEに引数として設定を渡すんですね。なので、直でEXE叩いてはダメっちゅう事です。

ショートカットのプロパティのリンク先を以下のように設定します。–userから以下の部分が追加した部分です。もちろん、RAMDISK内のディレクトリを指定してください。

"C:Program Files (x86)GoogleChromeApplicationchrome.exe" –user-data-dir=z:chrome_cash

RAMDISKが使えるとなると、OSの一時ファイル(テンポラリファイル)や、仮想RAMの書き出しなんか(細かく言えば、ソフトのログ書き出し、開発なら、ビルド系周りなど)も、RAMDISKに書き出しちゃえばええやんなんて思いますが、結構厳しいらしいです。

起動タイミング次第なんでしょうが、忘れた頃にインストールしたソフトでアウトッ!ってな事象が起きそうなので、自分はやってません。

消えてもOKなファイルというスタンスが安全かと思います。

SSDの寿命が怖くてと言う方は、ちゃんとした製品を購入した方がええかと思います。

劇っぱやなので、ぜひHDDベンチとかとってみてください。転載ですが、グラフ振り切ってます。

ramdisk100mb

【ネット】Twitterって結局どうなん?

twitter

自分は流行する1年前くらいから、ITニュース系サイトあたりの記事を見て初めて、当初はハマッてた時期があったけど、結局のところ、Mixiの初期と同じ感覚と同じだなぁ・・てな感じです。

システムというより、知らない人とのコミュニケーションが楽しいだけなんですね。

Twitterって、ミニブログとか言われますが、技術屋から見ると、単純に掲示板のレスの部分です。何も難しい事やってないんですよね。クライアントレベルから見れば、RSSで作り上げればいいだけの事。

非常に残念なのが、Twitterマーケティングとか、まじめに語っているTwitter教信者が多い事、Followerが少ない内は、Mixi始めの様な局所的なローカルコミュニティの楽しさを満喫できるが、それが多くなりすぎると、特定グループの発言を追うことも難しく、結局のところ、コミュニティが逸脱してしまいがちになる。
(クライアントソフトで対応できるものがあるんでしょうけど)

広告や宣伝めいた人も多くなってくるし、イデオロギまで突っ込んでくる人たちも多い。

情報ツールとして活用できるよう、ある程度、距離をとって、利用するのが良いのかも。

と、戯れ言でした。

Twitter
http://twitter.com/

【Game】遂に発表したらしいStarCraft2パッケ

キャプチャ

偶然、公式サイトに行ったらこんなページが。

コレクターエディションというパッケで、その内容物が紹介されてます。当初、各種族毎(3つ)にパッケ販売するとか聞いていたので、待ちきれない奴を対象に、資金を回収する見込みなのでしょうか?えぇ、そうとも、買いますよ。

リアルに開発に10年掛けるなんてありえませんが、かなりの予算を計上したのは言うまでもなく、単純なパッケ販売だけはありえないので、ネット課金は当然の事ながら実施するでしょうね。
(えぇ、いくらでも払いますよ)

ゲームの性格上、コンシューマ機への移植も考えにくく、販路拡大が出来ないのが悔しいところ。(個人的には、映画化して欲しいんだけど。長編3部くらいで。予算が無いか・・)

やり方次第では、BLIZZARDが傾きかねないんじゃないかな。頑張って欲しいけど。

再三の日本語化をメーカーにお願いしているんですが、やっぱ駄目みたいなので、今回も英語版を購入するでしょう。一瞬でも、円高に振れてくれれば、その瞬間に買いです。エゲレスAmazon狙いでしょうか。

これで、多少でも国内で売れてくれれば、考えてくれるんでしょうけど。

(僅かな英語力で)ページを読んでみると、「10年を超える開発を・・」なんてあります。こちとらも、10年待ちましたよ。

Battle.net上でも、SC2の発売はいつになるのかなんてずっと言い続けられてました。

近くニュースサイトとかで詳細が発表されんでしょうが、楽しみです。

THE ULTIMATE WINGS OF LIBERTY EXPERIENCE / StarCraft2 @ BLIZZARD社(米)
http://us.starcraft2.com/features/collector/

nabekのなぬげなblog(゚∀゚)