【PC】TN07Pレビュー2@Ubuntu本番インスコ

DSC00346(なかなか終わらないアップデート)

Ubuntu 10.10 Desktop 日本語 Remixを用意して、Live版では無く本番のものをインストールしました。

DSC00341DSC00342

地方都市では、定価で買うしかないんか!!ムカついたので、結局これ98円でゲット。Amazonとか通販でちゃんとしたのをゲットしよう。microSDの中身を構築さえすればいい訳だし。

(microSDカードは、Sundiskの16GB class2を使用しました)

結果は、多分・・・問題無い、当然ですけど。案の定USB(microSD)をストレージにするのは、やっぱ厳しい。こればかりは、Class10でも同様です。所詮はSDカードです。(速くなるのは、シーケンシャルアクセスだけという訳だ)CFは本気で速いんだけどなぁ。

そういや、脱線するけど、SONYのSDカードを店頭で見つけたよ。どうした、恥も外聞も無いソニーの終焉だ。

DSC00343DSC00345

(左:インストール先の設定、右:速く終わるよう有線接続)

インストールに1時間、日本語Remix適用に(謎の)2時間、最終アップデートに(現在進行中だが)約2時間かかりました。日本語Remix適用の際に、なぜかflushpluginの所で、なんどもエラーを吐いてエンドレスになっていました。もう、強制終了して手動にて更新しました。

なので、まだ、Ubuntu本格使用状態になっていません。あぁ・・何だかんだで、丸一日掛かってんなぁ。

Ubuntuインストールで気をつけないといけないのが、ブートローダの設定です。これ忘れてたので、しばらく悩んでしまった。自動を使うと、勝手に内蔵ドライブを対象にしてしまうんです(手動でパーテーション切りしないとだめ)Windowsマシンにインストールを考えてる方は、この点だけ気をつけてください。壊しちゃいますから(復旧方法があるようですが、その辺は検索すれば見つかります)

DSC00344

ネットブック全般にいえますが、縦解像度が600しかないので、こんな感じで切れます。こればかりはしょうがない。

やはり、分解しぃのHDD(PATA)とかPATA-SSD(高価すぎて無理)、高速CFアダプタ辺りでの運用しかないのかなぁ。分解、本気で厳しそう。

或いは、内蔵の2GBフラッシュドライブに、コンソールベースのBSDとか入れてお茶を濁すか?うっそぉ。ウェブ見れなきゃ嫌や。

DSC00337DSC00338

(左:TN07Pのメモリスロット、右:SC3のメモリスロット)

DSC00339

メモリスロット。SC3に入ってた2GB(DDR2-800)を挿したら、無事動作。よかった。でも、Ubuntuを使う分には、512MBでも常用に耐えそうな気もしました。2GBはオーバー気味な気がします。多いに越した事ないですけどね。ちなみに、PC3200動作になってしまうので、DDR2に足かせが付いた状態で動作してます(この頃のPCは全てそうですけど)

DSC00340

参考:Thinkpad X200との比較写真。

【Game】StarCraft2どうでしょう

chx-sc2_1_1

なにげに、毎日プレーしています。Game数も1500に届きそうな感じです。750Winまで、あと10Game位なので、やっと新アイコンをゲットできます。

portrait_banshee-large

ですが、未だにストーリーモードをやってないし、Terran以外の種族を選んだ事もありません。

ストラテジーってやり込める恐ろしさがありますよね。今だ発見要素があるもん。お陰で、APMが結構高くなりました。

そんなStarCraft2ですが、パッチも結構な頻度であり難易度調整や、チャットルーム機能などの追加もされました。

また、MasterLeagueというのが追加されたそうで、これの性なのか、Platinum(Rank1)からGoldにたたき落とされましたww

なにか飽きっぽいのか、日本人プレーヤーが少なくなってきてるような気がします。あらら、StarCraft1の時の雰囲気だな。別に、いいけどさ。

1245991226006f1ecb6yfmw_medium

いま自分の中で流行ってるのが、HelionとReaperですね。ラッシュ用ではなく、哨戒用としてです。Helionも3機居れば、かなりの戦力に化けますし、Reaperなんかは、高台にちょこんとHoldしておくだけでも、面白い(→Replayで確認すると、焦ってるのが分る)

Helionで注意すべきなのが、単純な"p"(パトロール)じゃなくて、アクションを指示するのがミソです。せっかくの特殊能力は生かすべきです。つまり、Droneを一掃したい時は、逃げているDroneの先頭に攻撃ポイントを合わせておくんです。簡単に、一掃できます。これは、相手がZargling/BaneやZealotでも有効です。Helionが輝きます(対Lightユニットだけなのですが)

vessel左:StarCraft1のVessel

あと、自分の中で課題になっているのが、Gohstを作り忘れている点です。SC2でいうVesselは、GohstとRavenなんですが。Ravenは、気付いた時に"r"を押して用意してるんですが、どうにも、Ghost Academy作ってない。

対Protoss戦での、EMPは必須なんですよね。SC1の時は、Vessel3機位は同伴してたんですが。

あと、そんな優秀なVesselのIrradiateという特殊能力が、SC2のTerranにはありません。が、これも必須です。ProtossのStormを緩くして対生物にしたようなもんです。

irradiate左:Irradiate能力(写真じゃわからんな)

多分ですが、これに変わるものが、RavenのSeeker Missileなんでしょうね。わずか、50ダメージですが、周辺に一瞬でダメージを与えられる点は、素晴らしい。建物も含む。4発のSeeker Missileであれば、大抵のユニットは消えますね。

しかし、まだSeeker Missileが身に染みてないんですよね。イザという時に忘れてる。思い出したと思ったら、研究し忘れてる、"D"(PointDeffence)多用でエネルギー無い。

Vikingの安さ(150/75)と、リーチの長さにも注目してます。対BattleCluser軍団にも、楽勝でしたし。戦闘中の生産にも対応可能なところが素晴らしい。

Valkyrie_squadron_(StarCraft)(Mutariskに対峙するValkyrie)

StarCraft1には、Valkyrieというとてもとても強力なユニットが居たんですよ。居たんですよ。居たんですよ。居たような、居なかったような。

PlatinumPromotion(左:写真拾いもんですよ)

いま、良くやってるチーム戦では、いまGold Leagueです(先日Platinumから落とされましたが)

確かにプレーヤーの質が変わってます。Goldに落ちたとたん、変なプレーヤーが必ず一人は居ますすぐ、落ちる奴が多い。いくらでも復活できるのにです。

Platinumの時はそんな事なくて、地道に復活してる人が多かった。もちろん、チーム戦なので、暗黙でミネラルを送ったりし合います。Goldはそういう場面にまず遭遇しない。大量に、現金を抱えたままお亡くなりになっちゃいます。

馬鹿みたいに強い人が居たら、確実にReplay保存でして、何度も見た方がいいですね。とても、参考になります。ですので、見られているつもりで、プレーすると気合いが入っていいです。いやぁ、この前の人APM平均150超えだった。恐しい。。。。チーム戦だったので、なんとか勝てたけど。

今回はこの辺で。

【PC】TN07Pのレビューその1

DSC00320

さて、本日届きましたので、可能なところを急ぎレビュー致します。

箱を見てふと気付きましたが、箱ごと工人社からのOEMなんですよ。KOHJINSHAというところ全てに、「Nexterm」というシールが貼って隠してるだけなんです。まぁ、業務製品向けだから、箱なんてどうでも良いんですけどね。

でも、これは製品も同様で、それっぽいシールで隠してます。シールにうっすらとKOHJINSHAが透けて見えてます。ちょっと、これは格好悪いので、剥がした方がいいですね。

DSC00317←たとえばここ

しかしながら、付属のソフトケースとか、隠しきれない部分はそのままKOHJINSHAと書かれてます。

DSC00326←こことかね。起動画面

電源を入れても、もちろんブートしません。WindowsEmbedded云々という情報をどこかで見たので、もしかしたらWindowsCEみたいなものが上がるのかなぁとか思ってたのですが、普通にLANブートですね。

ストレージは、2GBがIDEで接続されているようです。トランセンドという製品までは分りました。CFの変換アダプタだろうか?開けるまでは分りません。誰か人柱!!

DSC00321DSC00322

DSC00323DSC00324

DSC00325

んで、BIOSの一覧です。時間はずれてました。工場からしばらくの間経ってたんですね。

DSC00327DSC00328

とりあえず、動作確認だけしてみたいという事で、Ubuntu Liveを用意して、起動してみました。UNetbootinにて、Live環境を準備しました。USBブートはOKという事です。

DSC00319DSC00318

ちなみに、CFスロットではブートできないみたい。SDスロットもそうですが、工人社の製品は、簡単に抜けちゃうタイプのスロットなんですよねぇ。とても不安。あと、ちなみに、SH6にはあったワンセグチューナーは内蔵してませんでした。アンテナのふたを開けると、ガランドウです。
一輪挿しとかすると丁度良いかもしれない。

DSC00331DSC00332

(撮影に失敗してました。暗い)

Ubuntu10.10の起動がなんなく成功しました。解像度、無線LAN、Bluetooth、サウンド、タッチパッド(2本指OK)、タッチパネル(要調整)、画面側インターフェース(一部不可)と意外な程あっさり自動認識でした。Ubuntuすげーなをい。

カメラは、まだ未チェック(多分OKでしょう)、画面のスティックポインタが異常に重い(調整意味無し)、などの点はありますが、これはイカしたおもちゃになりそうです。

しかも、思いの外サクサクです。PuppyLinuxにすべきかな・・とか心配していたので、これは朗報です。

DSC00333

起動から10分後位の様子です。適当に操作してたので、CPUリソース率はスルーしてください。メモリも、こんな感じなら512MBでも余裕な感じか?

んで、こんなしがない情報ではあれなので、手持ちのSC3との比較写真を掲載しておきます。形状的には、互換性がありません(SC3の方が新しい製品)

DSC00334左:本機、右:SC3(大容量バッテリ)

DSC00335

SC3の方が一回り小さい印象。タッチパイピングは、・・いやタイピングは、ダントツにTN07P/SHに軍配があります。SC3は小さすぎるんですよね。

DSC00336インターフェースの有り無しは大きい?

分解は大変そうなので、しばらくはミニUSBアダプタ+microSDをストレージにして、Ubuntu環境を作ろうと考えています。次回は、その辺のレビューを(購入しないといけないので。。)

多分購入する部材、ミニUSBアダプタ、microSDHC 16GB(Class10)、PC2メモリ2GB、大容量互換バッテリ、クレードル、専用ハンドストラップ、ペンギンシールとか。

(SC3の方にDDR2 SO-DIMM 2GBが入ってるので、テストしてみる予定ですが)

いまだとOTTO通販でも手に入れる事ができるようです。欲しい人は急いで、人柱になってくれ!!

(工人社じゃなくて、工人舎ですね。めんどいので、直しません)

nabekのなぬげなblog(゚∀゚)