【GAME】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その78

image

追記:DMSミッションの和訳作業

追記:DMSの解析

サーバの起動時間で結構待たされるので、ロゴを新しくしてみた。

(;^ω^)

念には念を・・と、若干ばかりのデバッグを繰り返し作業してます。ランダム要素が多いので、余計です。

Arma3スクリプトでの文法エラーはやっぱり厄介で、表示された箇所をどーみても正常で、実際は数行上にあったりします。

あと、多いのが解釈順序関係・・。selectとかで良く引っかかります。

getPos _x select 0;とか何気に書いちゃう訳です。丁寧に括弧で順序指定しないといけまへん。

20190122004710_1

アドオンの新機能のやつチェック(ランダム配置)

クリーンウォーターはSimpleObjectでもOKなんだが、コンクリミキサーはダメらしい。

う~む。

20190122224818_1

AIの動きは設定によってまるで違います。こいつは、ヤバい方みたいだ。

若干改造してたので、DMSミッションの動作を確認。

う・・ん、もうちょい変えたい・・。

(;^ω^)

追記:DMSの解析

image

ミッションの場所はどーやって決められてるか気になっていたので調査。

@DMS/scripts/fn_FindSafePos.sqf(69行)

で決められてる。

[DMS_MinMax_X_Coords call DMS_fnc_SelectRandomVal,DMS_MinMax_Y_Coords call DMS_fnc_SelectRandomVal] isFlatEmpty [_nearestObjectMinDistance, 0, -1, 1, -1, false, objNull]

色々経由してるが、やってる事はMAP上ランダムで位置決め、そして、平坦な場所や海沿いなどが選択されてる。

セーフゾーンやブラックリスト等のチェックがOKならば、その場所にミッションが設定される。

ちなみに、このチェックが失敗したら、もう一度、頭からやり直しを行ってる。調査限界は、5000回になってる。。。

(;´Д`)

ここら辺をチョコチョコ弄れば良さげ・・です。。

追記:DMSミッションの和訳作業

image

ミッション開始時や終了時に、画面左上にメッセージが表示されますが、イマイチ何のことやら・・という感じでしたが、これくらいのサイズなら、和訳してしまおうと作業。

確か、コンガリベーコンは和訳されてましたよね。

Google翻訳使って、ちまちまやってますが、数が多いので大変。。

(;^ω^)

(追記予定)

【pc】今話題の激安マザボをゲッツ@H110BTC

P_20190122_133846

かつての仮想通貨発掘ブームの売れ残りのやつです。

箱無し、本体のみですが、H110チップ搭載マザボが1598円やった。

まぁ・・買っちゃいますよね(;^ω^)

ASRock H110 Pro BTC+

自分が見た時は、在庫ラストだったみたい。ちょうど良いタイミングやった。しかも、中古とかジャンクじゃなくて、普通に保証が付いてきた。自作パーツとしての扱いみたい。

無論、普通のPCとして利用可能です。インテルだと、7xxx/6xxx(Pentium/Celeronだと4xxx/3xxx)シリーズのCPUが利用可能。

P_20190122_133914

PCIex16やM.2端子も普通にご顕在。

P_20190122_133930

基板上に、電源やリセットボタンもある。これは便利です。唯一の付属物に、電源とリセットボタンが付属してるけど(写真に写ってるケーブル)

P_20190122_134006

背面はこんなです。安価版マザボな感じ、HDMIポートは無い。ちゃんと、USB3.1対応。インテル製LANは美味しい。

P_20190122_134052

とっても特徴的な、ずらーりと並んだPCIex1ポート。。。12個も並んでます(PCIe2.0接続)

(;^ω^)もう、お菓子にしか見えない

CPU周辺のVRMが、9つ見えます。安価なマザボだと4~5個とかなんで、意外にも頼もしい印象です。

image

ですが、残念な事に、インテル製CPUが未だに品薄状態で、見ての通りの超高騰中なのです。

この世代で高コスパで売れた、Pentium G4600(2コア4スレ3.6Ghz)が、当時8000円台だったんですが、今や15000円です。

後はゆっくりと中古のCPUとメモリを探しましょうか。。

まだ、売れ残ってるかもしれません。パソコン工房が近くにある方は、ぜひとも寄っていってみてください。

【game】DHARMAPOINTが3861円!

image

知る人ぞ知るゲーミングマウスの老舗ブランド「DHARMAPOINT」が、3861円で特価中。

これも、あと一週間で、新型DPTM39が出るからなのかもしれない。

ダーマポイントといえば本体形状でしょう(スイッチはオムロン製)

私も、かつてはこのマウスを使っていたので、ちょっと気になります。

過去には、金型が盗まれた・・とか、色々と悪いニュースばかりが飛び交ってた印象しかないんですけども。

日本メーカーなのでぜひとも応援したいです(中国製造だけども)

nabekのなぬげなblog(゚∀゚)!