【Net】C02LCを常時ネット環境として利用できる?

SoftbankのMVNOとしてのサービスが開始された例のこれですが、地元のお店で、スパボ一括0円だったので、勢い買いをして、割引開始の待機期間ラスト1ヶ月に入ったので使ってみた。

(300?3980円の重量制(割引後))
(スパボ一括の素晴らしいところは、解約時の手数料が0円という点だけ)

もち、ここ山形は地方都市ですので、下り7Mbpsといえども、都市部の様にはいくはずも無く、どんなに良くてもADSL1Mプラン程度の速度しかでません。

まぁまぁ、使えなくもないので我慢してますけど。

ちなみに、同じ場所で、EmobileのEM-ONEは接続できなかったので、機器的にはこれより良しなんでしょうか。

ちなみに、同じ場所にて、Willcomも同じような感じです。周辺環境ベスト値の1/2位でしょうか。

んで、いま自宅にはBフレッツ(NTT東日本光回線)を引いてあるんですが、マンションタイプとかじゃないので、結構高いんです(料金が下がったみたいですが)

6600円/月

これを、3980円にしちまおうっていうプランだ。うん、このC02LCをメイン回線にしてまおうと。
(月月割?1000円は、2年間有効。もち、2年後は状況が変わっているだろうと予定)

ただ、ゲーム機やら、家族でのPC利用があるので、今で言うモバイルルータを用意しないといけない。
(余ったPCを、ルータとして組み上げてもいいんだけど、電力消費的に厳しそうなので却下)

通常のルータにUSB端子が付いていて、ここに接続するだけで、通常のルータとして利用できる便利なもんです。

CQW-MR500

これはPlanexの製品CQW-MR500(5000円位)、あまり評判が良くなさそうですけど。。

20091029emobile_2

emobileのD25HW、これ単体でSIMを指せば無線LANルータとして機能する。但し、人気が高く非常に高価です(25000円位)

C02LCのSIMは、emobileそのものなので(赤SIM)、emobileの白ロム端末を利用できる。ちなみに、回線速度は、SIMではなく端末の方に依存するので、できるだけ電波掴みの良いものがいい。

Willcomのx4カードもあるんですが、アンテナが近いとC02LCと並ぶ位の速度が出るんですけどね。う・・む

Willcomやemobileの音声サービスもある訳ですが、果たしてちゃんとサービス提供してるんだろうか不安になる位の電波環境なんですけど、実際のところはどうなんでしょう。データ通信に置いては、範囲的には厳しすぎます(地方では)

SoftBank/C02LC
http://mb.softbank.jp/mb/data_com/product/usb/c02lc/

【PC】ChromeをこっぱやくするRAMDISK

chrome

いつかやろうと思ってたんですが、気が向いたので昨日やってみました。

今時、メモリとか大量に入ってるし、大抵の場合、1GBも消費していない訳ですよ。
あと、4GB積んでるんだが、32bitOSの性で1GB無駄になってるとか(俺のパターン)

なら、常用しているWebブラウザの負荷の掛かるキャッシング部分をRAMDISKに置いて、高速化を図ろうという魂胆です。

これが結構簡単で、もう情報やソフトもこなれているので安全です。先人の方に感謝です。

まず、RAMDISKを実現してくれる部分です。

PC周辺機器で有名なバッファロが提供しているソフトがあります。もち、無料です。
Windows7/Vista対応で、64ビットOSにもOKです。

BUFFALO RAMDISK
http://buffalo.jp/download/driver/memory/ramdisk.html

但し、64bitOSの場合はなぜか、256MBまでのドライブしか作成できません。いつかは対応してくれるんでしょうか。無料だしなぁ。。。無理かな。。。

ちなみに、VSuite RamdiskやGavotte Ramdiskとかの有名なものもあるので、興味のある方はどうぞ。Gavotteは中国製みたいです。KingSoftと同様に、中国に嫌なイメージを持つ方は避けましょう。

あと、Thinkpad X200(SSD/XP 32bit)に導入したのは、VSuite(FREE版)の方です。日本語が使えるのは有償版というおとろしい事になってますが、ま、気に入ったら買えばいいだけです。
(ちなみにFree版は、電源断時に、RAMDISKイメージを保存してくれません)

後は、Webブラウザの設定です。

Buffaloのやつは、IEとFireFoxの設定は自動でやってくれるようです。

ちょっとめんどいんですが、ショートカットに対して設定する必要があります。そう、EXEに引数として設定を渡すんですね。なので、直でEXE叩いてはダメっちゅう事です。

ショートカットのプロパティのリンク先を以下のように設定します。–userから以下の部分が追加した部分です。もちろん、RAMDISK内のディレクトリを指定してください。

"C:Program Files (x86)GoogleChromeApplicationchrome.exe" –user-data-dir=z:chrome_cash

RAMDISKが使えるとなると、OSの一時ファイル(テンポラリファイル)や、仮想RAMの書き出しなんか(細かく言えば、ソフトのログ書き出し、開発なら、ビルド系周りなど)も、RAMDISKに書き出しちゃえばええやんなんて思いますが、結構厳しいらしいです。

起動タイミング次第なんでしょうが、忘れた頃にインストールしたソフトでアウトッ!ってな事象が起きそうなので、自分はやってません。

消えてもOKなファイルというスタンスが安全かと思います。

SSDの寿命が怖くてと言う方は、ちゃんとした製品を購入した方がええかと思います。

劇っぱやなので、ぜひHDDベンチとかとってみてください。転載ですが、グラフ振り切ってます。

ramdisk100mb

【ネット】Twitterって結局どうなん?

twitter

自分は流行する1年前くらいから、ITニュース系サイトあたりの記事を見て初めて、当初はハマッてた時期があったけど、結局のところ、Mixiの初期と同じ感覚と同じだなぁ・・てな感じです。

システムというより、知らない人とのコミュニケーションが楽しいだけなんですね。

Twitterって、ミニブログとか言われますが、技術屋から見ると、単純に掲示板のレスの部分です。何も難しい事やってないんですよね。クライアントレベルから見れば、RSSで作り上げればいいだけの事。

非常に残念なのが、Twitterマーケティングとか、まじめに語っているTwitter教信者が多い事、Followerが少ない内は、Mixi始めの様な局所的なローカルコミュニティの楽しさを満喫できるが、それが多くなりすぎると、特定グループの発言を追うことも難しく、結局のところ、コミュニティが逸脱してしまいがちになる。
(クライアントソフトで対応できるものがあるんでしょうけど)

広告や宣伝めいた人も多くなってくるし、イデオロギまで突っ込んでくる人たちも多い。

情報ツールとして活用できるよう、ある程度、距離をとって、利用するのが良いのかも。

と、戯れ言でした。

Twitter
http://twitter.com/