【Game】旧型PS3(80GB)が19800円で処分中

ps1-ps2-ps3

先日新型PS3が売り出されたが、GEO(多分全国区だよね?)で、中古だが、PS3が19800円で売り出されて(廃棄)いるようです。

明日までの特価らしいので、基本性能はほとんど変わらないし、新型より、でっかくて格好良い(と個人的には思う)ので、欲しい方は急いだ方がいいですよ。

1万円差はデカイでしょ。。

http://www.geo-online.co.jp/

【ドラ】ふらっと日本海に行ってみた

sCA3C0259

山の民なので、なかなか海を見る事がない。

先週ふらっと海に行ってみた。

山形は本州の真ん中付近ですので、日本海(庄内)、太平洋(仙台市)と好きな方を選択できる。

行ってみたのは、夕日が観れる日本海側。

sCA3C0250 sCA3C0248

CA3C0268  sCA3C0261

山形県鶴岡市由良というところで、日本海側では一番の温泉スポットらしく、ホテルが乱立してます。

ぎりぎり地平線(とはいえ田園地帯でね)を見る事ができる山形ですが、地球の丸みを目視できるのは、なんか感じるところがあります。

人気の少なそうな浜辺を発見(名前失念)。サーファーが2人と犬のお散歩しかいませんでした。

 sCA3C0251 sCA3C0253

近くに白山という島があって、観光がてら行ってみる。

小さな島で、軽く一周できる。釣りをしている人がかなり居ました。

sCA3C0257 sCA3C0256

帰りは軽く迷ってしまい、なぜか、隣町の酒田市に。帰るつもりで、秋田県県境にまで行ってしまったのだが。

sCA3C0271

地図を購入後、偶然発見したのがこれ。映画「おくりびと」の撮影場所?らしいです。誰も観光してる人いませんでしたが。酒田市の町はずれみたいなところにありました。

海の近くに住んでいる人が羨ましいなぁ。

【PC】ThinkpadX200のHDD換装してみた

sCA3C0216

やはり、標準のHDDサイズでは、ゆうに越えてしまう。これでは、メインPCとしては失格なのだ。
んで、新しいHDDを購入して、換装を試みようという訳だ。

今までは、普通にバックアップして、HDDをフォーマットして、OSインストールして・・の手順だったのだが、もう手に付けられない状態なので、今まで気になっていたHDDコピーツールというものを利用してみようと思った。

Thinkpad等のメーカー製だと、HDDパーテーションが複数に区切られていたり、リカバリー用のイメージが格納されている事が一般ですよね。これをフォーマットッ!!できるような恐ろしい初心者さんを除いて、OSやアプリの価値も含んでいるため、事は慎重にしないといけない訳です。

んで、自分が使ってみたのが、EASEUS DiskCopyというソフト(フリー)です。実績が結構あり、良く記事を見かけるのが理由。

結果を先にいうと、思いの外、簡単でした。あまりに簡単で不安になる位です。ただ、非常に時間がかかります。約160GBで、2時間程度(SATA-HDD→USB-HDD)でした。

軽く手順や注意点を書いてみたいと思います。

 

■0.まずはリスク排除から

sCA3C0217

こんな、既に接続しているHDDは、事前に外しておきましょう。USBメモリも同様です。HDDの認識に手違いを起こしてしまう可能性を排除します。
転送先になるHDDは、中身が上書きされてしまうので、注意してください。普通は、HDD換装による場合がほとんどでしょうから問題ないかと思いますが。
また、転送先HDDは、元の容量よりも多いものです。また、パーティーションサイズなどもまったく同じとなります(変更は別のツールで行います)

■1.EASEUSブートメディアの作成

まずは、EASEUS DiskCopyをダウンロードして、解凍したファイルに、isoファイルがあるので、これを、ディスク焼きします(ディスクイメージから焼くんですよ)フリーの焼きツールで全然OKですよ。
CDでも良いし、DVDでもOKです。

■2.ブートする

このメディアで、ブートします。
ここでWindowsが上がってしまう場合は、BIOS画面から、スタートアップドライブを、CD/DVDなどに変更する必要があります。

■3.コピーの設定

EASEUSのタイトル画面が表示されましたら。

メニューに従って、次に進みます(簡単な英語が分かればOK)
ビデオドライバの選択画面では、デフォルトドライバで大抵大丈夫かと思います。

ここで、WindowsXPのような画面が表示されます。マウスも利用できるようになります。(このソフトの凄いところがここなんです。あくまでニセWindowsですからね)

■4.コピー元と先を設定する

Source?が元ディスク、Dest?が転送先という意味になります。HDDが3つなど複数出ている場合は、気をつけて操作してください。
ここでは、元と先を選択するだけです。

■5.転送開始

sCA3C0218

ここでしばらく時間がかかりますので、ブレーカーや雷様、お母さんの掃除機に気をつけて、ずっと待ってます(2?3時間は覚悟した方が良いです)

これで終わりですが、再コピーの画面に戻るので注意してください。ボタンの乱押しは避けてください。

■6.パーテーションの変更

以上で転送は完了ですが、パーテーションサイズを直したい場合は、EASEUS Partition Manager Personal Editionが良いです(個人ユースで無償)これは普通にインストールして、Windows上から編集できます。

リカバリエリアなどがある場合は、画面上のパーテーションイメージを、ドラックで、一番右に移動させると、Cドライブエリアが増加できるようになります。これに気付くまで時間がかかってしまった。。。

■7.確認

再起動してちゃんと起動するか確認してみます。ドライブ管理などで、ディスクの状態を確認してみます。再起動ついでに、BIOSで変更したスタートアップを元に戻します。

USB-HDDやUSBメモリなどを元に戻して、完了です。ご苦労ッ!

sCA3C0244 (写真上:X32、右:X200)

これで無事、X200のHDDの換装に成功しました。160GB→320GB、多少は速くなったんじゃないかな。。
ちなみに、2.5USBケース(980円)を買ってきて、それに新しいHDDを入れて、そこに転送しました。転送先がUSBだったから遅かったのかもしれません。ウルトラベースとかeSATA持っている方は、もっと速いでしょうね。

もちろん、リカバリー領域(BtoB)も生きてます。成功です(リカバリメディア作成が可能かどうかで確認)

sCA3C0245

X32以前とは違い、HDDの出し方が変更されてます。この黒いテープみたいなのを引っ張るんですよ。焦ってしまった。ちなみにHDD再度には、振動防止ゴムが付いてました。素晴らしい。

まずい、500GBとかの方がよかったかな。。予算けちってしまった。

nabekのなぬげなblog(゚∀゚)