「アウトドア」タグアーカイブ

【サバ】サバイバーのカメ五郎が活動しはじめる

sc20180612114240一時地上波などのテレビ番組でも出演してしまう話題の人となってしまった、カメ五郎さん。

久々に自給自足のサバイバルを始めたそうです。

※実際は去年から

飽食の時代ですが、あえて、現場で全ての食材を入手するサバイバルをやってのけてます。

シカや狸を解体する様は記憶に残ってます・・

(;^ω^)

これからも、少しづつ動画が上がっていくかと思います。期待して待ちましょう。勉強にもなるんですよね。

【エコ】出揃ってきたぞAC100V蓄電ガジェット

sc20171110001037モバイルバッテリーで有名な「cheero」から、100Vモバイルバッテリーが出ました。

cheero Energy Carry 500Wh

価格も、58,800円と、わりかし安めです。

容量は500Wh(3.6V139Ah)で、ちゃんと正弦波100Vで3Aまで出力できます。

なので、小さなストーブ位(300Wまで)なら動かせますし、正弦波なので、電気毛布の類も動かせます。

出力は、DC12Vが2個、USBが2個、LEDライトも装備してるので、キャンプでもかなり活躍するでしょう。

sc20171110001825個人的に気になったのが、この充電口。

付属のDCアダプタで充電するんでしょうが、25.2V3.5Aとなってます。

他の製品と違い電圧が高めです。だから急速充電できるんでしょうけども。

ソーラーパネルなどで、充電する場合は、別途加工が必要でしょう。昇圧するか、24Vパネルから降圧するか(発電時は28V位になるので)

sc20171110002544こちらは既に販売中のもの。

Anker PowerHouse

絶対にこの製品を意識しているに違いありません。

(;^ω^)

434Wh(120Ah)と若干小さくなるものの、お値段も49,800円と、かなり手頃です。Ankerというのも安心です。

でも、こっちはAC100Vを1.2A(120W)しか流せないので、家電系はまず利用不可能です。矩形波だし。

cheeroは、ウマイ所にスポットを当ててきたんじゃないでしょうか。

sc20171110003057この手の商品で良く目にするSuaokiという中国メーカー。

中々にレビューも高評価が多いのがこれ。

suaoki ポータブル電源 S601

220Whのサイズですが、正弦波100Vで、21,880円とかなり格安です。

ほぼ、軽自動車のカーバッテリーと同容量です。

純正品でソーラーパネルがあるのも安心です。繋ぐだけ。

sc20171110003405んで、400Whと大容量なのが、これです。

43,880円と、Ankerとほぼスペックもお値段も並びます。

自動車のバッテリー上がりにも使える、ジャンプスターターとしても使えます。

つまりは、cheeroとは違い内部は12V系で作られてるんでしょう。

こういったモバイルバッテリーは、中国産がほとんどですが、比較的に多くあります・・が。

スマホの小さなバッテリーでも火災が起きるように、低品質なものだと簡単に出火原因となってしまいます。

しかし、製品が選べるようになったのは喜ばしい限りです。

ポータブル電源

【蓄電】Easternerのアウトドア用バッテリーをゲッツ

P1010927

中古なんですけども、Easternerのアウトドアバッテリーを手に入れました。

バッテリーはナマ物なので、中古で・・とかありえませんが、中身を見たらディープサイクルバッテリーだったので、まぁ・・大丈夫かなぁ・・と。

(;^ω^)安かったし、バッテリーケースとしても使えるし

中に105Ahクラスのバッテリー(硫酸塩)が丸ごと入ってるので、軽く30Kg位あります。めっさ、重たい。

P1010928

上部には、バッテリーチェッカーが付いてました。

目安程度なのでしょうが、購入時でFULLだったので安心。長期在庫によるサルフェーションも起こってないでしょう。多分


P1010929

フタを開けると、こんな感じになってます。

14mmのぶっといケーブルで、ヒューズを仲介して、フタ部のアクセサリーソケットに、繋がってるだけです。

ソケットは2箇所あるのですが、それぞれにヒューズがあって、なんでかヒューズ容量が違ってました(普通のガラス管ヒューズ)

向かって左側が10Aと、右側30Aのようでした。ソケット部には何も書かれてないんですけどもね。

給電は、シガーソケット2つと、ネジ式から取れます。十分ですね。

P1010930

内蔵してるバッテリーは、SMF27MS-730という、評価の低い韓国製のものでした。多分、G&Yuのものでしょう。

しょうが無い・・。

(´・ω・`)

ケース自体にはまだ隙間があるので、容量の大きなM31MFでも入るのでしょう。多分

端子部の腐食も無いし、結構状態が良い品だったのかもしれない。製造年月日を調べようと思ったが、重すぎて、やめましたw

容量は、20時間率で105Ahです。

5時間率で換算して、80Ah程度でしょうか(2割減)

1日(≒20時間)で全部使いきるつもりだと、約50Wの家電を繋ぎっぱなしに出来ます(ヘタってなければの話ですが)

所詮、鉛バッテリーなので、限界まで使えないけど。

P1010931

テスターで測ってみたところ、FULL表示でしたが、12.35Vとちょっと減ってる位。

これは、若干ヘタってるような雰囲気・・(;^ω^)

まぁ・・もうちょっと様子をみよう。

P1010933手持ちのバッテリー充電器で、満充電しておいて、今夜、ベンチを取ってみよう。

ディープサイクルバッテリーって、電圧高めにしなきゃいけないんだっけか?

専用充電器とか買う訳にいかないしなぁ・・。

ま、なんとかなるでしょ。

3Aの小さな充電器ではなかなか終わらない・・(;^ω^)かれこれ、8時間経過してるが・・電圧は14.2V。もうしばらく掛かるなw

P1010932

ちなみに、フタを固定させる構造にはなってなくて、このようにベルトで固定する単純な仕組みです。

筐体もプラスティック製で、結構ヤワいです。

雨風に当てると、すぐ経年劣化しそうです。

水素ガスの逃しのためか、密閉されてる訳でもありません。結構穴があります。水が大量に入るような事があると、簡単にショートです。人なんか簡単に死んじゃうでしょう、超危険。

バッテリーは、MF(メンテナンスフリー)ですが、横倒しなどは厳禁なので、運用には十分注意が必要です。

さて、こいつをどう使おうか・・(;^ω^)12Vソーラーで常時充電しておこうかな。

アウトドア用ですが、停電・災害用にも良いし、まぁ・・イザっという時に役立ちます。日々、満充電状態を維持する必要はありますが。

アウトドア用バッテリー