「オーディオ」タグアーカイブ

【音楽】謎の中華製オーディオアンプが密かに人気

sc20180524170039わずか、2000円程度で買えてしまう、オーディオアンプが実在するのです。

HDオーディオってなんじゃぼけー!って人向けです。

既に色々なところでレビューされてるので、ご存知の方もいるかと思いますが。

多機能中華アンプ 2487円(現在)ELEGIANT HY-V10

Bluetoothも内蔵で、スマホ等のアンプとしても利用できる(FMラジオは残念ながら日本では利用できない周波数帯)

USBやSDカード内の音楽を聞くこともOK、リモコンも付属、イコライザーも付いてる。

DC12V(5.5/2.1DCプラグ)で動作するので、そのままカーバッテリー直結でもOKらしい。というか、車載も想定してるんでしょう(夏場の熱に耐えられるかは未知数ですけど)

sc20180524173025車で使うなら、こういったものでOK。690円

100Vコンセントで使うなら、家の中にある、5.5/2.1サイズのACDCアダプタが利用できる(安価な製品でよくあるサイズ)

※ちゃんと、出力電圧が12Vかどうか確認すべき

sc20180524173533んで、最後に必要なのが、スピーカー

これも、アンプ内蔵じゃない、普通のやつ。

ハードオフとかで、500~1000円程度で売ってるやつで良いんです。

安いのは当然として、素直で綺麗な音が出るんだそうです。

人気の理由がもうひとつ、もう、こんな価格なので、改造しちゃってる方も多い。

sc20180524174118遡る事、これらの火付け役と言っても過言じゃない、これがありました(今でも売ってます)

Lepai LP-2020A+

偽物まで出回るほどの人気でした。

(;^ω^)

ちなみに、こういった中華製オーディオをメインに取り扱ってるショップがあります。

North Flat Japan(大阪市)

sc20180524174559わざわざ特注して販売してる位です。

これなんか真空管ですよ。

NFJオリジナルモデル TUBE-01J

4970円(5/24現在)

そもそも、どこまで、お金を掛けるか・・微妙なところですけども。

(;´∀`)

sc20180524175244自分も同じ様な構成で利用してます(2013年に買ったんだ俺w)

もう絶版ですが、BuffaloのBSSP10というやつ。

カーバッテリーに直接繋いで使ってます。

当たり前ですが、ノイズがまったく乗らないので、綺麗に鳴ります。まぁ・・自分は素人耳ですけど。

スピーカーが余ってる方、どうです?テレビとか、PCアンプでもグレードアップできます。

【音楽】中古のAVアンプONKYO SA-205HDを買ってみた

P1010696

アンプとか胡散臭くて試した事がありませんでしたが。

中古で安かったので買ってみました。

ONKYOのSA-205HDという2008年頃のAVアンプです。

スピーカーセットなので、正しくはBASE-V20HDです。

エントリー製品ですが、付属するスピーカーも上位機種に付属するようなものですし、なにせ当時の定価が10万w(;´Д`)

P1010697

フロントスピーカーを、同じくONKYO X-N9FXから流用して(偶然同じ頃の製品)


P1010698

付属していたスピーカーは、サラウンド側にまわってもらって・・。

これで、4.1ch環境のオーディオ環境が整いました。

※最大は7.1chですが5.1chを超える2ch分はプリアンプが必要

SA-205HD付属の設定用マイクで、自動設定して(3分位)、普段聞いている音楽やらを鳴らしてみました。

「おぉ~」(;´∀`)やっぱすげーな

無駄にスターウォーズの楽曲とか聞いてみたり・・w

聴き比べも兼ねて。

P1010699

こちらのBuffalo BSSP10 というアナログ2chアンプ。

※当時は約5000円だったがもう絶版品です。高評価な製品

ウーファーの威力か?スピーカーが増えたためか?

BSSP10も中々な感じですけども、迫力も精細さも抜群です。はよ、5.1ch対応の映画を鑑賞してみたい。

パソコンで、5.1chを再生するには、パソコン側で「Dolby Digital Live/DD Live」「DTS Connect/DTS C」の対応が必要なんだそうな・・知らんかった(光接続でも、5.1chの信号量に追いつけないとか)

SoundBlasterとか外付サウンドデバイスとか利用してるなら対応してるはず、光出力が付いてるなら、いまどきのPCなら大丈夫だそうです。

※でも、圧縮された音声で無理やり5.1ch再生のようです

※VAIO Type-SでHDMI接続(音だけ)して、5.1ch再生を確認

・・・・(;^ω^)

んで、ここで気になった点。

消費電力が物凄い事になってる。

普通に再生(つまみも真ん中付近)して、およそ50W前後です。電源をOFFにしても、常時10Wも消費してます。これは設定で回避できるんだろうか。

そんなの当たり前だろ。とか思われる方もいるんでしょうけど、先に紹介したBSSP10は・・、

最大ボリュームで鳴らしても、消費電力2~3Wですよ・・・。

ちなみに、電源OFFしても、しばらくファンが回ってて、サスペンドのような状態が続きます(その間20W程度)

※ファンは、温度が上がったら回り出します、レビューで言われてる程、気にならないノイズです

リスニングモードで、様々な音響を切り替えられるんですが、あまりに豊富過ぎて覚えていられない。皆さん、こういうの使いこなしてるんでしょうか。

再生するソース毎に手動で切り替えてるん?

HDMIポートが2つしかないので、PCとゲーム機繋いだら一杯です。光入力もあるので、ギリギリ許容できる。

AV系の新規格が嫌がらせのように出てきて、すぐ古くなってしまいますが、そもそも対応してるソースが無い以上、音さえ鳴らせれば良い、というなら中古AVアンプなんてどうでしょう。

電気食うけど。。

【pc】PCの音響環境とか@SE-U33GXVを導入

NCM_0168

こちらがメインPCのVAIO様。外部モニターで利用してるので、普段は、畳んでる状態です。

VAIO Type-S 2013年、Core i7/12GB/SSD512/17液晶

音響なのですが、現在は、ONKYO FR-N9FXというコンポにアナログで接続して利用しておりました。

その前は、BUFFALO BSSP10(アンプ10W)に安いパッシブスピーカーでしたw

sc20140107214450

このスピーカーが良い音を出してくれてます。なにぜ、当時の高級志向モデル。2008年

ちょっと古めの機種ですが、音響はそんなの関係ありません。というよりも、古めの方が良かったりもします。

ちなみに消費電力は、黙って25Wは消費してる

でも・・、自分がよく聞くのは、中田ヤスタカさんとかズンシャリ系が多いので、あまり向いてないのかもしれません。

NCM_0167

んで、今回、唯一の欠点だった、アナログ接続部分を、USB DACによってアナログ距離を短くするのであります。

ノイズ源から離したところでアナログ信号に変換していただきましょう(゚∀゚)

コンポと同じメーカーのONKYO SE-U33GXVです。現在は、後継機のU33GXV2。

ONKYO WAVIO USBデジタルオーディオプロセッサー ブラック SE-U33GXV2(B)

3.5プラグの入出力、RCAの入出力がそれぞれあります。入力から出力へスルーするモードもあるようです。

NCM_0169

このN9FXは、光入力があるので、本当なら光のまま入力したいんですが、ここはお財布との相談です。

奥に見えるのは、PS3です。最近まったく起動しておりません。

んで、早速聴き比べしてみます。ケーブルは同じものなので、純粋に比べる事ができるはずです。

 

何度も視聴してる、こちらのRIDGE RACERのサントラ(ライブ)です。

VAIOの内蔵DACでも、ノイズはほとんど無い状態だったんですが。やっぱ、ほとんど変化は感じられない。まぁ、そら当然ですが、ただ心なしか、メリハリが若干良くなった印象はあります。

新しいパソコンだと、標準でも十分高機能なDACが内蔵されているので、あまり必要性がないのかもしれませんw

U33GXVの最も使える場面は、手元で操作可能なヘッドホン&イヤホンアンプでしょうか。又は、高級な音声入力装置といった所。

消費電力は、200mA/5Vなので、1W程度。

NCM_0170

ちなみに、ゲームPCでは、こちらのUSBヘッドホンを利用してます。

HP製 Core i7-2600/12GB/SSD120GB/Geforce 650ti Boost

このヘッドホンは、複数のスピーカーを内蔵した、面白いシロモノなのですが、あんまり恩恵に預かってませんw(;^ω^)

バッファローのBSHSUH05という製品。一応ゲーム用途の製品ですね。完全USBで、7.1ch再生が出来ます。頑丈でオススメです。(詳しくは、ヘッドセットか)

iBUFFALO ゲーミングヘッドセット 5.1chサラウンドシステム ブラック BSHSUH05BK