「ゲーミング」タグアーカイブ

【PC】超安価なゲーミング青軸キーボード@レビュー

P1020110最近になってゲーミングキーボードというカテゴリで、様々な製品が出てきました。

ゲーム用途だけで無く、タッチの気持ち良さや打ち易さから、キーボードにこだわる人がこぞって使い出す訳です。

んで、ゲーミングキーボードというと、大体1万~2万円ととても高額ですが、(もちろん)中国製となるとめっちゃ安い訳です。

こちらのQtuoの青軸(風)英語キーボードが、3000円台ととても安価なのです。モノは試しと購入してみました。ゲーム用途なので、英語版の方が都合が良い。

”青軸”とは書いてますが、Cherry社の青軸ではありません。パチもんです(特許は既に失効)

P1020105手持ちのFILCO Majestouch2(赤軸)との比較です(現在常用中のもの)

ちょうどテンキー部分が無いだけのサイズ。
P1020106東プレRealForceとの比較。

見ても分かるように、キートップの印刷がまったく違います。

Realforceでは、昇華型印刷で剥げる事がありませんが、多分、しばらくするとキートップの文字が消えるでしょうね・・。

P1020107キーボード手前。

キースイッチがそのまま見えてる状態です。構造はとてもシンプルです。

キーの間にホコリやゴミが貯まることが無いので(掃除しやすい)利点でもありますね。

P1020108裏面です。

ゴム足があるので、ちゃんとホールドしてくれます。

但し、スタンド足を閉めちゃうと、奥側のホールドが無くなってしまいます。
P1020109横側から。

とてもシンプルです。ゴミが溜まりそうにないでしょ。

購入してみて分かった事ですが、ボディトップ面は、鉄製なんです。

このためか、重量もあるし、剛性を確保してるんではないかと思います。

青軸は初めてなのですが、”カチカチ”と気持ち良い音を出してくれます。今まで、Realforceや赤軸使いでしたが、特に違和感なく利用できてます。スイッチONまでの距離も違和感無いです。

レビュー等を見ると、Cherry青軸はもうちょっと柔らかいそうですけども。

USBケーブルの長さや質も、普通で文句の付けような部分もありません。

キートップの印刷は剥げそうですが、社外品のCherry軸用のキートップを別途購入すればいいわけですし。

あとゲーミングなだけに、”Fn”キーとF1~F12に機能が割り当てられてて、音量調整やメディア操作などができるようになってます(ありきたりですけども)

説明書が付属しますが、”日本語が変”だしw、変な売り文句など、日本での商売の仕方を誤ってるのは仕方無いとしても・・。

この値段で、この品質が買えるのはなかなかではないでしょうか。

でも、まぁ・・予算が許せば・・RealForceの静電容量スイッチCherry軸の製品オムロンROMER-Gスイッチなどの製品を買って精神的にも安心したいですけども(;^ω^)

sc20170109151704ちなみに英語キーボードを利用する場合は(Windows10)

設定から、「時刻と言語」で、「日本語」のオプションボタンを押します。


sc20170109151827こちらの、「レイアウトを変更する」で、英語レイアウトに変更する事ができます。

テンキーが無いので、87キーの製品ですが、101/102キーでOKです。

日本語を入力する場合は、”ALT”+”~”を押します。

記号の場所が結構違うので、慣れるまでは厳しいかも(こっちの方が理想的なんだけどもね)

【PC】Amazonで激安なVX238H-Pをレビュー@ゲーミング

sc20160907194838

追記あり:9/18

今まで43インチ4Kで無理やりPCゲームをしていたんですが・・。

ゲーミングモニターが言う低遅延・高リフレッシュレートと、そんなに違うんか?

・・と、まず、まず・・Amazonで激安なゲーミングモニターを買ってみた。

台湾ASUSのVX238H-Pという、Amazon限定モデルで15000円以下で購入できる。

TNパネルで、低遅延1ms、HDMI2入力が特徴な製品。

現物チェック

P1020097

VESA非対応モデルにしたので、足が付いてます。適度な硬さで動きます。

とても軽くて薄い、プラスティック感はそれなりに出てますが、まぁ他のメーカーも同じでしょう。
P1020100足は丸型で、ネジで本体に留めます。

裏面は、ゴムが数か所あり、結構しっかりした作り。一部鉄製です。


P1020101小さな事ですが、ちょっと感動。

ドライバー要らずでネジ回せる仕組みがあります。

真っ先にコストを下げられる部分なのに、素晴らしい。

電源周辺と熱

P1020098個人的にはとても大事な、ACアダプタは、19V2.1Aで、最大でも消費電力は、40Wを超えないというようです。

とはいえ、実効電力は、この半分以下でしょうけど。最大でも20Wでしょう。

プラグは、日本の規格EIAJでは無く、ASUSノートと同じでしょうか。19Vだし。

小さくて取り回しもOKですね。

私は、太陽光発電から給電するつもりなんですけども(;^ω^)日本製品のほとんどは、100V直挿しなんですよね・・。SONYの小中型モニターはACアダプタが多い。

あと、長時間使用しているとモニターの左背面上部辺りが、若干暖かくなります。この辺にメイン基板があるのでしょうね。現在夏場で室温が高めで、この感じなので問題無し。

排熱用ダクトがまったく無いので、そもそも発熱は問題にならないようです。電圧変換がACアダプタとして外部にあるし、電気効率が良いという事でしょう。

背面の接続端子

P1020102背面端子部はこんなで、なんでか垂直で差し込みます。

デザイン上、スッキリとしたかったのでしょう。下手なケーブル取り回しをすると、端子部分に負荷が掛かって壊れるので注意です。

HDMI端子は2つ、DSUBが1つです。音声入力と出力があります。

P1020103小さな1Wステレオスピーカー搭載で、穴はここです。後ろ方向に向いてますし、音への期待はできません。


P1020099安価モデルなのに、(要らない・・w)ケーブルまで全て付属してきます。

DSUBケーブル要らないので、HDMIケーブルをもう一本付けてくれ。
P1020104メニューはこんな感じです。思いの外しっかりしてます。

DELL製ですら、変な日本語なのにw

かなり細かいところまで設定できます。怪しい動作も無いです。

ボタンが横並びなので、操作が面倒ですが、このモニターに限った話でもないですね。

使用レビュー

では使用レビューを。

IPSやVAパネルに比べると、案の定・・というか、TNパネル独特な色合いです。綺麗・・とは言えない。

・・が、ちゃーんと設定すれば、それなりに綺麗な表示になります(なんでかデフォルトだと汚い設定になってる)

明るさ30、コントラスト90、彩度40、鮮明度30、TraceFree0」にしてます。”鮮明度”が鬼門でした。ゼロにすると、なんでかブラウン管ばりのボヤけになりますw

ずっと、IPSパネルだったので、懐かしさを感じるw・・というか。まぁ・・昔の液晶はもっと汚かったので、これでも随分進化したのでしょう。

sc20160908035714軽くゲームタイトルを幾つかやってみました。

黒が本当の黒じゃないので(TN特有の漏れ光)、正直なところ、もうちょっとコントラストが欲しい、というのが本音(最大にしてもダメだった)

ただ・・慣れれば・・大丈夫かな・・という感じ。

あと、低遅延1msの具合ですが、確かに、マウスの操作がダイレクトに伝わっているように”感じ”ます。あくまで感覚的に・・ですけど。

たしかに低遅延っぽいですが、「TN特有の残像」の方が気になりました。

他の高級なゲーミングモニターでも、ほとんどTNなので、これは致し方無いんでしょうね。

sc2016090804113015000円買える安価なモニターとして、十分安くて誰にもオススメできる丁度良い製品です。サブモニターでも良いし、ゲーム機専用でも使える。

ASUS社製 VX238H-P

(タイムセールで安売りされてる時があるようです)

モニターでよくある気になる所

  • パワーランプが眩しい?→OK(小さな白いLED)
  • ボディがきしむ? →OK(気にならない)
  • 角度調整は? →上下方向のみ、あまり自由は無い
  • 入力切替は簡単? →OK(ボタン1つ)
  • 電源ON後表示までの時間 →OK(速い)
  • PC電源OFFすると? →OK(自動的にOFFになる)
  • 額の広さは? →およそ1.5cmまぁまぁ細い
  • 高周波音はする? →OK(聞こえません)
  • 内蔵スピーカーは? →普段使いには十分だけども・・ノイズも乗ってないしビリビリ音もしません優秀です。音声出力にUSBスピーカー接続すれば良いかも。
  • ドット抜けは? →私のはOKだった。ASUSでは交換してくれるそうです

追記:

購入後ずーと、このモニターを常用してます。

随分と慣れてきました。やっぱ、23インチでフルHDともなると、ドットが細かいw(43インチ4Kよりもずっと細かい)

軽いので置き場所も困らない。モニターとして当たり前ですが、切替も自動でやってくれるし、自動で電源もON/OFFしてくれる。やっぱPC専用モニターは便利です・・w

このモニターの背面にある音声出力端子にスピーカーを接続してみました。

HDMIからの音声信号が出力される訳ですが、これが、ノイズが乗りまくりでした。非常に残念です。ゲーミングモニターを謳うなら、これはいただけないんじゃないだろうか・・。

PCなら、PC本体にスピーカーを接続すれば良い訳ですけども・・ね。まぁ・・安価なモデルなので・・って事でしょうか。

とはいえ、不満は”ほぼ”ありません。後は、(安いモニターとはいえ)壊れなければ良い・・という所でしょうか。

【PC】超実用的で格安なデスクマット?!@OLFAのカッターマット

P1020021

こんなものをゲットしました。

OLFA(オルファ)のカッターマット

以前から欲しいと思っていたんですが、なかなか売っているところが無いんですよね。

OLFAといえば、カッターの大手メーカー。

P1020022

なんとリバーシブルで、裏面はアイボリー色。

んで、これをどんな用途に使うのかというと・・・。


sc20160118172447

PCキーボード用のマットして使ってみたらどうだろうと。

(;^ω^)

A3タイプで、フルキーボードにピッタリのサイズです。

カッターマットというからに品質は申し分無く、適度な摩擦&硬さで、キーボードが動きません。がっつり安定してます。PCゲーミングにも最適です。

ちなみに、マウスパッドとしても、結構スベってくれました(LogicoolのG502を使用)

こ・・・これ、最強じゃん・・ヽ(;゚д゚)ノ !!

A3タイプで、700円以下で購入できます(2016/1現在)下手なゲーミングマウスパッドだって、2000円はしますよ。

※私のマウスパッド、Artisanの紫電改(2500円)

むろんカッターや工作時にも使えるし、こんな無敵なマット、他には無いですよ!!超オススメです。

一番大きいのでA1サイズ(約90*64)、用紙サイズ毎に製品展開しているようです。

OLFA カッターマットA1 160B

【pc】RealforceとMajestouch(赤)甲乙つけがたい

P1010872

キーボードといえば、「Realforce」「Majestouch」の2大巨塔となっております。

※HHKは変態系と分類してますので・・

両方持ってるのですが、かれこれ、もう5年以上(いやもっとだな)も、愛用しております。

(Realforceは3代目、Majestochは2代目)

これが、どちらがメインにもなり得る素晴らしい製品なのです。

Realforceの優しいタッチフィーリングが最高ッ!と思ってしばらく使い続けては、Majestouchの硬派な音とタッチ感(赤)に、また惚れなおしてしまいます。

P1010873

FILCO マジェスタッチ

気分次第で底打ちしたがりなので、Majestouchの「カッ」という音がタマらない。

真っ黒で小さめ&剛性ボディがまた硬派で、デスク上に映えるのも、所有欲を満たしてくれます。

Cherry軸なら、他社製のオプションが利用できるのも大きい。

カラフルキーや鉄製キーに差し替えたり、静音化などカスタムできる。

サイズ Cherry MX軸対応 LED光透過型メタルキーキャップ MXKCLEDMETAL-SL

サイズ Cherry MX軸対応 静音化リング MXORDP

マジェスタッチは、通常モデル(約10000円)とワイヤレスモデル(約15000円)、小さい「MINILA」というモデルがある。

P1010874

東プレ RealForce

静電式スイッチの優しくて、静音、なんとも落ち着きはらってデスク上に鎮座してます。

とにかく指先を優しくサポートしてくれるんです。

マジェとは、また正反対な印象です。さすがは、業務用と謳ってるだけあります。

これまで長~い間、大きな変化も無く、価格も変わらずw、ブレずに突き進んできたRealForceですが・・。

sc20151014191148

先日のイベントで、ゲーミング用の製品を公開しました。

七色に輝くんだそうです・・。

(;^ω^)

しかも、全てのキーで、アナログ入力をサポートして、入力の深さを自在に設定できるとの事。

アナログ入力を活かして、MIDIキーボードのように鍵盤とか、ゲーム用パッドの様に使う事もできるらしい。

どうした東プレヽ(;゚д゚)ノ ・・と心配してしまいますが、そろそろこういった攻めの姿勢も必要でしょう。

だがしかし、いくらするんでしょう・・・(;´∀`)3万とか?

ゴムの感触しか無い安価なキーボードとは別次元ですので、このいずれか、オススメです。

【pc】やっぱ、ロジG502を買ったった。ええよ~

P1010482

PCゲーミング用として、G600を使ってましたが、どうにも、重い・・(;´Д`)

ゲーミングマウスとして好評の、G502をゲット致しました。

LOGICOOL G502 チューナブル ゲーミングマウス G502

だいたい、5000円強ぐらい。

売れてる製品なので、スペックなどを語るつもりはありませんので、自分なりのレビューを。

P1010483

以前は、G400/G500という名機をずーと長く利用してきたので、後継ともいえるこの機種は、違和感なく掴めます。

裏面には、マグネットで簡単にフタを外せて、オモリをセットする事ができます。

なので、持ち運び用途だと、カバンの中で、オモリが飛び散ってしまうかも・・。

自分的には、オモリ無しの方が、調度良い感じです。軽い方がいいです。オモリは、1個36gで5つ位付属してます。設置箇所で、重心を調整できる構造なんですね、さすが考えられてます。

P1010484

G502は、見た目にとても大きいのですが、接地面がとても少ない、ホイールから上部は浮いてる、大きなミゾが2本掘られてるし、センサー周辺下部も、わずかに浮いてる形状です。

先日同時に購入した、アルチザンの紫電改マウスパッドと、めっちゃ相性がよろしいです。

つるっつるっですよ(゚∀゚)アルチザンすげー

【マウス】国産アルチザンの高級マウスパッドを買ってみた

sc20150225175503

独自な設定は、この「G」というライトの、明暗程度です。

プロファイル切替LEDを点灯させる場合は、「G」の自動明暗は利用できないようです。

あと、G600とは違い、色の変更は出来ません。青色のみです。

まぁ・・ゲーム中とか気になるので、消灯しちゃいますけどね。

・・で、気に入らないポイントを。

G502で久々の、クルクルホイールでしたが、これが無骨過ぎて、あまり気持ちよく操作できませんし、設定でも解消できなかった。

G700のような、品質を期待しちゃうとダメなようです。

感触も「ゴリッゴリッ」という感じで、工具でも扱ってるかのような印象です。

あと、オモリが無い状態でも、それなりの重量を感じます。自分的には丁度良いですが、「つかみ持ち」で小さなマウスを常用してる人には、慣れが必要かもしれません。

まず、サイズが丁度良い(゚∀゚)ノ

なんでしょう?アジア人向けに作ったのでは?と思うほどです。男性の手のサイズで、丁度全体をホールドできますし、全てのボタンへのアクセスも、酷ではありません。

多用する左右ボタンも、わずかな「くぼみ」で加工されていて、自然に適切なポジションに指がくるんですよね。

さすが、歴史があるだけあります。G500の正当後継機です。デザインの良し悪しは個人差があるかと思いますが、高度なセンサーを搭載し、デザイン業務などでも威力を発揮するのではないでしょうか。

LOGICOOL G502 チューナブル ゲーミングマウス G502

1000円程度安価な、G402というモデルもあります。

LOGICOOL ウルトラファースト FPS ゲーミングマウス G402

【pc】世界で話題の純国産のマウスパッド「Artisan」

sc20141223161343

2010年から販売を開始していたとの事で、正直なところ知りませんでした(;^ω^)

主にPCゲーミングで世界から話題となっているアルチザンという日本のメーカーです。

何が凄いって、マウスパッドの種類の多さとコダワリヽ(;゚д゚)ノ

パッド表面の素材、厚さ(3種類)、サイズで数十種類もある。

マウスの滑りっぷりや、止まりっぷり、パッドの安定度、サイズから自由に選択できる。

しかも、洗えるという高品質っぷり。

sc20141223161933そしてロゴには、自前のものをプリントできるというから、ゲームでのチーム名などをあしらう事ができるわけです。

これは嬉しい。


ゲーム用途に限らず、通常の用途でも、マウス環境を快適にしてくれる訳です。

sc20141223162449

一番滑るのが、こちらの「紫電改」だそうです。

色はオレンジ一色のみなのですが、表面にガラスコーティングしているそうで、こんな製品はこのArtisanだけとの事です。


sc20141223162730

これは「紫電」で、同じガラスコーティングだそうです。

違いが分からない・・(;^ω^)


sc20141223162947

これは「飛燕」で、一番の売れ線のようで、よく見る布系の素材のようです。

なんだか奥が深い・・、秋葉原などのパーツショップでは店頭に並んでいるようですが、地方在住ものにとっては、レビューなどを参考にするしかありません。

sc20141223163650

PCゲーミングにおいて有名どころといえば、Razer、Steel、Roccat、Logicoolなどをよく見かけます。

http://wasd.jp/rankings/brand/2014/

しかしながら、意外や意外、このArtisanシェア3位に食い込んでるんですよね(マウスパッド部門では2位)

日本製なのに、知らないのが日本人という不思議な状況のようです。海外で売れまくってるフナイやAIWAのような感じか?(;^ω^)

キーボードでも、日本製のRealForce/Topre社(1位)やFilco社(3位)、Baffalo社(8位)がランキング内にいます。すげーなw

sc20141223164359

お気づきの方も多いはず、製品名は、かつての日本軍の名機の名称です。

次は、軍艦名で、マウスも製品化して欲しいですね。

パソコン本体は「鎮守府」とかにしたら、一部のユーザーが飛びつきますなw

価格も、およそ1000~3000円と思ったよりもお手頃なので、気になる製品をいくつかピックアップしてもヨサゲです。

Artisanマウスパッド

【pc】新しい相棒Logicool G600rがきたのでレビュー

P1010380

お気に入りのG500がイカれてしまい、サポートによる交換で、G600rとなりました。

G500は製造中止のため

一見変態マウスのように思えますが、意外にも違和感はなかった。

他サイトでは、「重い」という書き込みを見かけますが、言うほど重くは感じませんでした。

まぁ・・「つまみ持ち」な使い方をしてる人が重さを感じるのかと思います。

持ち方的には、「かぶせ持ち」がベストで、上部の3ボタン(左・右・シフト)に、人差し指・中指・薬指が乗っかり、親指と小指でマウスを挟む形です。

なので、親指・小指だけでこの重さを掴む事は不可能ってわけです。

サイドの12ボタンの上には、親指が常に乗っかってる感じで、意外にもボタンの位置が分かるんです。

機能ボタンは12ボタンで、シフトを押すとさらに別機能を割り当てられます。恐ろしい程のボタン数な訳です。

ただ、残念な事に、このシフトボタンが硬めで、薬指でぐっと押さないと反応しません。ゲーム中の忙しい時に、思考が中止されるはず。

また、構造的な問題ですが、このマウスでFPSなどの敏感なマウス操作が難しいと感じました(私の場合はRTSですが)

理由は、マウスをきっちり抑えられないのと、激しい操作をすると、稀にマウスが浮きます(何度か経験済み)

「MMO向き」というのも納得です。

また、個人的に気になったのが、クリック感です。本当に微妙な差なのですが、やんわりした印象です。スイッチのメーカーが変わったのでしょうか?

全体的には、素晴らしいデキです。カスタマイズ次第では、どうにでも化けます。

12ボタンですが、今のところは、PgUp/PgDownやHOME/END辺りを割り当ててる程度です。ブラウザなどで便利です。デフォでは、テンキーっぽい設定です。

12ボタンフルで設定しても、常用できそうなのは6~7ボタンです。奥の方は届きませんし。

LOGICOOL MMOゲーミングマウス G600r

【pc】マジェスタッチとロジG500が同時に壊れた(´・ω・`)

P1010379

追記あり:

こんな事あるんだろうか・・。

お気に入りだったMajestouch(赤軸)と、ロジクールG500がほぼ同時に壊れました・・。

。゚(゚´Д`゚)゚。

高価なパーツなだけにショックです。

写真のは、控えのPS2のIBMキーボードwwwと、MadCatzのMMO7(超高価マウス)です。慣れない・・

マジェは、スペースキーだけが突然壊れました。入力できませんが、USB再接続時は、なぜかスペースが永遠に入力されます。何かキーを押すと、それが止みます。とっても、不思議。

G500は、横軸方向だけほぼ動かないという状況、ボタン類も無反応となりました。既に、チャタリングっぽい挙動は発生してましたが、騙し騙し使い続けてましたけど。

マジェはフルサイズの赤軸で、1年前に購入したものです。メーカー保証は1年、完全に修理扱いでしょう(´・ω:;.:…  ソニータイマーかよ

ロジクールG500も、ほぼ1年前位に購入したもの、ただ、ロジは3年保証なので、多分OKでしょう。

ロジはこれまでも何度もサポートを受けてますが・・、なんだか、結構すぐ壊れますね・・(;^ω^)

MXレボやG1、G600、G700とチャタリングを起こしてます。

sc20141126213406

メーカー保証外ですが、一応、マジェのダイヤテックのサポートに問い合わせをしてみました。

ネットのレビューでは、高評価っぽいので、一応試しです。

マジェはお気に入りだったんですが、もし保証がダメなら、RealForceにでも鞍替えしましょう・・(´・ω・`)

結果は、追記で書きます。

ロジクールの方は、サポートサイトがバグ??っぽくて、問い合わせ自体ができないようです。リンクもおかしいし・・、なんだこりゃ。

明日、直接電話を掛けてみるつもりです。

こちらも結果は、追記します。

サポートって大事ですよ(`・ω・´)多少高くてもサポートがしっかりした製品を買うべきです・・。

追記:

残念ながらマジェスタッチの方は、保証期間外もあって、有償修理の扱いとなるようです。

修理費用は、2376円+送料で、約3000円でしょうか。むむむ、微妙だ・・(;^ω^)あと6千円出して新品にするか?ま・・修理には出すけど。

※スイッチ交換1箇所だった場合で、数カ所の場合は増加、基板交換だともっと高額でしょうねぇ

あと、ロジクールG500は、3年保証内で評価通り、無条件で新品交換となりました( ´∀`)

ただ、現在、サポート用のウェブサイトがメンテナンス中らしく、正常に動作しないようです。書いておけよ・・と言いたいが・・(;^ω^)

なので、電話でサポートを受けるしかないようです。2014/11現在

ただ、G500は生産中止なので、他の製品を勧められました。

追記:

P1010386マジェを箱にしまって、勢いでRealForceを購入しては届いて、ほぼ1週間後でしょうか。

ダイヤテックの修理サポートに送ろうと梱包して・・

最後に、一応動作チェックしてみるか・・(´・ω・`)」

とおもむろにPCに繋いだら、直ってやがった(´・ω:;.:…

結露?ずっと屋内利用だし、考えにくい。えぇ・・・工エエェェ(´д`)ェェエエ工

ん?でも、なんかおかしいような。