「ゲーミング」タグアーカイブ

【PC】禿しい1650SuperとR5500

image

追記:流通版のRX5500とメモリ量

追記:Radeon RX 5500発売日と価格がリーク

先日、NVidiaのGeForce GTX1650 Superが発売されました。価格は、2万円前半(無印1650の、ちょい上の価格帯)

アナウンス通り、ほとんどのタイトルで、フルHD(1080p)60fpsを維持できるようです。

もうすぐ発売されるRadeon RX5500も、こいつが競合になります(ビデオで惨敗続きのAMDのやる気次第では、面白い事になりそうですが・・)

これでNVidia現行製品は、DDR6メモリに移行できた感じ・・・ですが、(まだ売ってる旧製品含め)製品が多すぎて、ワケワカリません。

(;´Д`) 間違って買われないように

旧製品で、性能低い所からでいくと(エントリーレベル)

1030 > 1050 > 1050Ti > 1060(3G) > 1060(6GB)

現行製品だと、こんな感じ(旧1060/3GBが、1650辺りの性能です)※無印1650&1660だけDDR5メモリ

1650 > 1650Super > 1660 > 1660Super > 1660Ti

image

さて、マイニングブームが終焉を迎えて、しばらく超絶人気だった、Radeon RX470/480/570/580(最終は590)

※NVidiaでいう所、性能1060(3GB)や1650辺り

未だに、格安で手に入れられるようです・・が、マイニングで疲弊した中古だけは、気をつける必要があります(高熱に曝されるので温度差による、サビが出てたら注意)

発表はされど、未だに発売されないRadeon RX5500ですが、海外のリークを見るに、RX580/590や1060(6GB)/1650Super辺りの性能に落ち着くようです。

※Radeon560のほぼ倍、設定次第では60fps張付期待OK

※朗報:電力性能は、かなり改善したようです

エントリー・普及帯の激戦区なだけに、気合入れて欲しいですが、価格がどの辺りになるのか、です。

Radeon旧世代品の在庫がまだ大量にあるようなので、これよりも上で設定してくる可能性大(15000~20000円)

って事は、1650Superと、もろカブりの、20000円弱じゃないでしょうか。

※未発売RX5600が3万円帯とも考えうるし、5500XT?が+5千円で間を取ると

海外のPCショップでBTO(パソコン構成変更)の一覧から、(かなり大雑把だが・・)丁度、無印1650から、+50ドルで選択できるページが発見されたようで・・。

2万円弱の確信にも繋がります。

・・が、そこはAMDさんがどこまで頑張れるか、楽しみな所でもあります(これまで期待を裏切られてきた経緯があるが)

年末商戦に合わせてくるつもりなんでしょうか。その前に、(後出しだった)1650Superで需要一掃されてしまうんじゃないだろうか。

追記:Radeon RX 5500発売日と価格がリーク

海外サイトでのリークですが。

発売日は、12/12で、150から175ドルの範囲なんだそうです(日本時間だと12/13でしょうか)

直接のライバルは、出たばかりのGeForce 1650Super(?)となりそうで、為替をそのまま日本円にすれば・・(108円)

16200円から18900円となり、代理店の利益を乗っけても、価格的に優位に立てそうです。

(;^ω^)いや、わからんぞ・・

肝心のスペックは、リークされており、現行Radeon RX580程度(GF1060≒GF1650Super)のようです。

ヽ(;゚д゚)ノ ええっ!

驚く事なかれ、フルロード時の消費電力が、75Wも低いのですよ。メシ食い&熱いのラデオン先輩が、すっかりスマートになられたらしい!

※7nm+DDR6、PCIex Gen4対応だが、x8の帯域制限

微妙なのが、(マイニング需要で)安価で配られまくったRadeon RX400・RX500シリーズの所有者には、どうにも食い付き難いスペックでもあります。

後発されると思われる、Radeon 5500XTや、6500が気になる所でもあります。

追記:流通版のRX5500とメモリ量

噂レベルですが、実際にカードとして流通するのは、Radeon RX5500XTのようで、Youtube等でのリークベンチよりは、さらに向上するっぽいです。

Radeon RX5500(無印)は、PCメーカー向けのみのモデルらしいです。

よって、実際に流通するものは、さらに性能が良くて、メモリ8GBのものになりそうです。

事前の価格推測では、GeForce1650帯と書かれてる記事が多いですが、5500XTなら、もうちょい上という感じがします。

AMDのCPUの価格設定を見ても、戦略的(激安)にはしないような・・・。

ここでは、2.5万円付近じゃないかと。

※GF1650SP・GF1660辺りにぶつける

【PC】特撮系OCメモリをゲッツ@Team VULCAN

P_20190408_152221

追記:やっぱ超快適RAMディスク

見た目があれなんで、特撮系と勝手に呼んでた。

(;^ω^)

DDR4のオーバークロックメモリっすよ。3000Mhzですよ旦那。

PC組み立てた頃は、メモリが高騰してたので、今まで8GBで頑張ってた訳です。やっと、これで16GBと、普通に使えるマシンになります。

P_20190408_152342_1_p

なぜかITXマザーを買ってしまうと、パーツ交換の度に後悔するんですよ。。

狭い・・

(;´Д`)

P_20190408_152744_1_p

付属品として、シールが付いてきた。要らない

P_20190408_152900

写真写りが悪いのがこの製品。現物は結構イケてますよ。

P_20190408_152946_1_p

横から見るとこんな感じです。横に数ミリ出てますが、縦方向での干渉はまず無いです。

P_20190408_153344

今までご苦労であった。当時、同じ値段の8GB・・・

ITXマザーなので、2枚しか挿せない。これ、余ってしまった。。

P_20190408_154146

デフォルトだと、2666Mhzとなってます。XMPを読み込ませて、OCさせちゃいます。

P_20190408_154126

ポチッとな。

P_20190408_154217

ココらへんはチキって、2933Mhzを選んでしまいそうですが、せめて3Ghz超えをしてみたい。

念の為、3066Mhzを選んでおく。

P_20190408_154533

いい加減に、適用翻訳やめなよ、ASRock(その他大勢外国製)

P_20190408_154712

おお、なんという広大なメモリ空間。Micro/ATXマザーやったら、24GBだったのにね・・。

速度もしっかり3Ghz超え!これでしばらく使用して問題が無かったら、もうちょい上を目指したい。。

(;^ω^)

細かなデータが頻繁に行き交うゲーミングならでは、効果絶大でしょう(でも数%)

追記:やっぱ超快適RAMディスク

image

8GB環境では、利用できなかったソフトの一つ。RAMディスク

久々に利用しようとしたら、BuffaloのRAMディスクはWin10版配布をしていないらしく、露頭に迷っていたら、オープンソースでImDiskというものがあるらしい。

日本語版が無いが、RAMディスクを利用した事があるなら問題ないでしょう(細かく設定できるので、そういう意味で多少難易度が高い)

とりあえず、TEMP系の書き出し先と、Chromeブラウザのキャッシュとして利用。

めっちゃ高速ッ!

(゚∀゚)ノ

今の所、2GBを割り当ててるが・・、RAMディスクを利用してる事を頭の片隅に置いておく必要がある。

なぜって、2GBを超えるダウンロードが不可能って事です。Windows大型アップデートの時とかね。

容量を変更するか、その都度RAMディスクを止めるとかしないといけない。

【pc】Athlon200GEがOC可能に@i3同等

image

何やら、AMDの6千円で買えるRyzenのAthlon 200GEで、オーバークロックができるらしい。

公式には、「OC出来ない」はずなんだけども、一部のマザボBIOS更新によって出来るようになったとか(AGESA1.0.0.6)

tom’s HARDWARE

こちらでは、なんと、4Ghz超えで、Core i3-7100とほぼ同等の所まで性能が上がってます(i3-7100:2C4T 3.9Ghz)

Ryzen恐ろしい・・。

(;・∀・)

6千円前半で買える、しかも、(非力ではあるが)VEGA GPUまで搭載してる訳ですよ。

公式では非対応な訳で、グレーなんですが、より安価にゲーミングPCを組みたいなら・・アリかもしれない。