「ソーラー」タグアーカイブ

【発電】猛暑でも嬉しいという自家発電者のメンテ

P_20170720_164726連日の猛暑ですが、自家発電してるモノとしては、反面嬉しい場面でもあります。

ガチガチに発電してくれてます。

まぁ・・オフグリッド(非売電)なので、電気を溜め込んでるだけの事ですけども。

かれこれ、4年目でしょうか。特にトラブル無く運用できてます(経緯は過去記事を)

P_20170720_162801メンテナンスを実施しました。

ケーブルの緩みや、バッテリー液の確認など。

核ともいうべき、COTEKの600Wインバーター(24V)、ホコリまみれだったので綺麗に掃除。

ファンを内蔵してるんですが、300Wを越える負荷を掛けない限りは回らないので、静かなモンですが、本体は結構熱くなります。

P_20170720_162827ケーブルは、板金用?ごん太ですが、2mm4本のモノを、2本毎束ねて4mm相当で使ってます。

10A程度は流れてるので、しっかり確認。しかし、汚い加工だな。
P_20170720_164040ケーブルだらけですが、自分の中ではちゃんと理解してます。

スイッチ付きの電源タップだと、発電状況に応じて、ON/OFFできるので便利です。
P_20170720_164205引き込み部分。

ここが最も電気が流れる部分ですので、しっかり確認です。

当初は不安でしたが、VVF2mm(単線)でも十分ですね。発熱もありません。

流しても10A程度だから、かもしれませんけど。

ちなみに、このブレーカーは、AC用なんですけど、ちゃんと遮断してくれます。

ですが、危険な使い方なのでオススメできません。

なので、あくまでスイッチとして使ってます。OFFにする時も、可能な限り負荷側をOFFにしてから操作します(でないと、スイッチ内のアーク放電で火災の危険があります)

無論、この上位側にも、ヒューズやスイッチがあります。安全対策は必須です。

P_20170720_163944最も多く利用してる5V負荷側もメンテです。

これらは、24時間ずっと通電しっぱなしです。

結構発熱するんですよねぇ。

これらの他にも、沢山接続してます。Wifiルータが一番大きい消費電力かな(500mA前後)

あと、12Vの100Ah容量のデカい鉛バッテリーがあって、これに、スピーカーやら、USB3.0ハブなんかに電気を供給してます。

P_20170720_164752これは、車のバッテリー交換で、余ったバッテリー(36Ah)を使った、常夜灯のやつ。

これは、2年目かな。

50Wソーラーパネル1枚だけなんですが、真冬でもしっかり満充電を維持してくれてます。

LEDのライトが2つ。夜間だけですが、1Aの負荷を繋いでます。12W相当なので結構明るいんです。

ここは屋外に近いので、ネジの緩み、水分の付着があるので、確認を頻繁にしてます。

何度もショートを経験してるので、電気の怖さはよーく知ってます。メンテ大事ですよ。

【エコ】ソーラー発電でPCモニターVX238Hを動かす

P_20170318_114241前々からやってみたかった事だったんです。

このAmazonで1万円で人気のあるゲーミングモニターのASUS VX238Hなのですが。

これ、本体に100V整流器を内蔵してない、ACアダプタタイプなのですね。

つまりは、電圧とプラグさえ合わせれば給電できる訳ですよ。

P_20170318_114449ACアダプタを見ると、19V4Aの表記、プラグを見ても、一般的なノートPCと同様のものを利用してるようです。

電圧を測ってみても、内部が+極で、19.1Vです。

ちゃんとサイズは測ってませんが、(日本以外の)標準的サイズのように見えます。

(;^ω^)5.5/2.5ですよ。これ・・

P_20170318_114321丁度良く持ってるこれ、DCA-PC90というやつ。

自動車でノートPCを使うためのアダプタです。

5.5/2.5アダプタはもちろん付属してるので、電圧&極性をチェックしたら、19.3V近辺でそのまま使えそうです。

P_20170318_114335家の太陽光発電は、オフグリッド蓄電(自作)で、500Wと小規模です。

24Vシステムなので、これを12Vに減圧してから、DCA-PC90に接続します。

メルテックのDCコンバータで12Vに減圧してます(トラック用ですけども・・w)

結果は、上写真にもあるように、なんの問題もなく利用できてます。

(゚∀゚)ノ

VX238Hは、そもそも10W程度の消費電力ですし、100Vを経由していないので、最も効率的に電気を利用してる事になります(でも、実際は、24Vから19Vに直接降圧した方が一番なんですけどもね。回路工作が必要)

夜間でも常時12V1A程度流せる蓄電池があれば、余裕で電気代ゼロで利用できます。

私の場合は、蓄電池がこころもとないので、発電時だけの利用にしてます(サブモニターとして)

これで・・パソコンのエコ化計画は一歩進みました(ガチのゲーミングデスクトップPCね)

マウス&キーボード&カメラ&ヘッドセットは、USB3.0ハブ込みで完全エコ化完了、スピーカー(Creative T10)、Wifiルータも既に完了。

これに液晶モニターが追加されました。細かいですが節電できてます。

【発電】太陽光オフグリッド発電2016年後期報告

P_20161006_120600追記あり:10/22

今年も問題なく運用できたようです。

オフグリッド蓄電の”肝”ともなるバッテリー。

日本製のお陰か、バッテリーのヘタりも無いようで、まだまだ持ってくれてます。投資分の回収には、後5年位は使い続けたいけどもw

今は10月、太陽の角度もかなり傾いてきて日照時間も短くなってますが、”気温”がバッテリー&ソーラーパネルに最も適してる季節でもあり、晴天時は、年間の最大値を指してくれてます。

P_20161006_120450

寒くなる前に、ちゃーんとメンテナンスをしようと色々チェックしました。

接点の確認や温度、ケーブル焦げや異常、バッテリー液量、パネル固定の緩みなど。

発電時や給電時に、異常な発熱が無いか、直接触って確認します。ケーブル自体が発熱源の場合もある。

ネジなんかも、自然に緩んでくるので、要注意。
P_20161006_120409

今年は、あまり構成を変更せず、ほぼ去年のまんまの状態での運用でした。

中古のディープサイクルバッテリー(12V100Ah)を1台追加した位でしょうか。

P_20161006_1216345V系負荷側(USB)も元気に動いてます。写真の他、Wifi APやスマホやタブレットの充電全てを賄ってます。

AnkerのDC24V-USB変換を使ってます。これが3つ位ありますw

現在絶版中のようです。あればもう一個欲しいのに・・。

(;´Д`)

P_20161006_120338

24V系負荷(≒システム電圧)でもっとも活躍したのが、これ、ワクヨさんですww

400mlまでしか沸かせませんが、20分程で沸騰まで持っていけます。24V5Aなので、130W程度なので、まぁ・・しょうがない。

お湯を沸かすって、凄いエネルギーが必要なんですよ。

沸かしたまま放置すると、ナント、オイルヒーター的な利用にもなるw(400mlだけの蓄熱暖房)

休みの日なんかは、タケルくんで、ご飯も炊いてますw

P_20161006_120322

今年からは、12V系負荷は、専用バッテリーから供給してます。

ノートPCの充電はもちろんの事、パソコンにも供給してるのがミソです。

このセルフパワー式USBハブの電源です。つまり、これに接続したUSB機器分の電気は、パソコン側では無く、オフグリッド蓄電から供給してます。

AnkerのUSBハブだと、5.5/2.1のDCプラグで、しかも12VでOK

もちろん、やろうと思えば、デスクトップPC内部の12V系に供給する事も可能ですが、さすがに、10-20Aも流せるほどキャパがありません・・w

※ファンやPCIカード系、ビデオカードでほとんどを持ってかれる

P_20161006_121908こちらも、蓄電と言えます。

Ankerの20Ah(内部3.7Vですが)もあるバッテリーです。

曇り空が続いた日など、緊急的な5V系のセーフティガードです。

リチウムイオンなので、鉛バッテリーとは違い、使いっぱなしを、そのまま保管できるのが利点。

P_20161006_121701100V系負荷は、晴天時だけ利用してます。

こちらもAnkerのUSB給電が働いてます(Ankerばっかだなw)

COTECの600W正弦波インバータなのですが、なんか電圧が安定してないんですよねぇ・・。ちょっと怖いので、電動工具とか、充電系で使ってます。

写真左に写ってるアイソレータは、今度、12V系専用バッテリーに充電するために利用する予定なのです。

アイソレータは発電時(26v以上)だけ電流を流すので、これ経由で24Vから12Vにダウンして(実際は16V位)、バッテリーに流して充電します。ただ・・電流制御しないといけないので、それをどうするか考えてます。

P_20161006_120649バッテリーの粉吹きもありませんでした。

つまりは、”ほぼ”最適な充電をしてるという所でしょうか。チャージコントローラーでは、念のため27.0V止まりで設定してます(それでも越えてきますけどw)

電圧は毎日チェックしてるので、まず大丈夫でしょうけども。

まぁ・・数ワットの細かい電気だけを賄ってますが、(皮算用)月300~500円位は回収してるんじゃないでしょうか。電気代の節約というよりも・・

追記:常時24V500mA流れてるので、常時12W+その都度の負荷分なので、1000円程度の節約になってます。

電気利用を意識するようになった」という点が大きいような気がしなくもありません。テレビも一切見なくなったしwその都度、消費電力を確認しながら利用してます。

※下手にスイッチをON・OFFすると電化製品の寿命を縮めるので、製品の正確を知った上で、行うべきです(待機電力対策とかね)特に冷蔵庫とか、情報家電系はOFFしちゃいけない。

安価だったので、20Ahを6個で構成してますが、最初からディープサイクルバッテリーにしておけば良かったw(;^ω^)

追記:

本日は、パネル表面のクリーニングと、冬に向けたパネル角度調整を行いました。パネルは、雨で洗ってくれるんですが、鳥の糞?の一部がこびりついてる時があります。

日照時間が少ないので、角度のキツイ、夕日も、バッチリ発電できるようにしました。

あと気になる所といえば、(並列用)ダイオードと、バッテリーまでの15mケーブルで、2~3V程電圧が犠牲になってる訳で、低発電時はまるっと発電してない事になります。

ダイオードはしょうがないにしても、ケーブル長をなんとか短くしなければならない。

15mのほとんどは、VVF2.0mm単線10m+パネルケーブル(4mm)5mで、だいぶ余り気味な配線なので、なんとかなるかも。