「バッテリー」タグアーカイブ

【動画】衝撃映像!モバイルバッテリーが爆発すると・・

sc20180223183259リチウムイオンを利用したモバイルバッテリーが主流ですが、今のところ、法律的になんの規制もありませんでしたが・・

来年2019年の2月にやっとこさ、認定を受けてない製品は全て販売・製造・流通する事ができなくなります。

安価な中国・韓国製のバッテリーを搭載した、製品が沢山店頭に並んでいます。サムソンのギャラクシーが爆発したニュースも記憶にあるんではないでしょうか(家や車も燃えました)

リチウムイオンは、スマホ、ノートPC、EV自動車など様々な製品で切っても切り離せない技術でもあります。

もし・・発火・爆発したらどうなるか?!

・・を、製品評価技術基盤機構にて公開しております。

かなりの衝撃映像です。

それだけのエネルギーを、あの小さな円筒に押し込んでる訳です。

それでも、使わない訳にはいかないので、可能なら怪しい製品を購入するのは避ける事はできるはずです。

【蓄電】40A大容量のモバイルバッテリー@suaoki S270

sc20180205163838中国製品ではあるのですが、suaokiは古くからバッテリー系で製品ラインナップがあり、まぁ・・発展途上ブランドってとこでしょうか。

そんなsuaokiから、面白そうな製品が出てます。

suaoki S270という、40Ahリチウムイオンバッテリー内蔵のモバイルバッテリー。

価格も、13000円程度と結構安い。

矩形波だがAC100V出力が付いてるので、家庭用電気製品も利用できるのが利点(制限は1.0A相当100Wまで)

USBポートは4基搭載(QC対応、最大18W)、LEDライトも搭載。

DCポート(12V)も4基搭載(最大10A、120W)してるので、カーアクセサリーも利用可能。

sc20180205165853なによりも特筆すべきなのが、充電方法です。

これを見ても分かるように、普段は見慣れないケーブルが付属されてます。

MC4ですよ。

(;・∀・)

つまり、ソーラーパネルから直接接続できるよう考えられてるんです。

しかも、MPPT機能内蔵ですよ(高効率充電)これが、大きな目玉と言っても過言じゃ無いくらい(充電は、100V電源や自動車からでも行える)

リンク先レビューでは、容量が違うとか書かれてますが、多分、3.3V計算と、12V計算の違いではないかと思います。つまり、内部は12Vで設計製造されてるって事です。利点でもあります。

3.3V 40450mAh ≒ 12V 13500mAh

12Vで13Ahだと、軽自動車並みのバッテリー容量ですね(自動車は鉛バッテリーだけども)

このS270、USB・12V・100Vが使える&どこでも充電で、1万円ちょっとで買えるが利点じゃないでしょうか。

災害時でも、キャンプ・アウトドアでも、(私は)常用エコ生活でも便利です。

多分、買うかもしれない・・(;^ω^)

【エコ】出揃ってきたぞAC100V蓄電ガジェット

sc20171110001037モバイルバッテリーで有名な「cheero」から、100Vモバイルバッテリーが出ました。

cheero Energy Carry 500Wh

価格も、58,800円と、わりかし安めです。

容量は500Wh(3.6V139Ah)で、ちゃんと正弦波100Vで3Aまで出力できます。

なので、小さなストーブ位(300Wまで)なら動かせますし、正弦波なので、電気毛布の類も動かせます。

出力は、DC12Vが2個、USBが2個、LEDライトも装備してるので、キャンプでもかなり活躍するでしょう。

sc20171110001825個人的に気になったのが、この充電口。

付属のDCアダプタで充電するんでしょうが、25.2V3.5Aとなってます。

他の製品と違い電圧が高めです。だから急速充電できるんでしょうけども。

ソーラーパネルなどで、充電する場合は、別途加工が必要でしょう。昇圧するか、24Vパネルから降圧するか(発電時は28V位になるので)

sc20171110002544こちらは既に販売中のもの。

Anker PowerHouse

絶対にこの製品を意識しているに違いありません。

(;^ω^)

434Wh(120Ah)と若干小さくなるものの、お値段も49,800円と、かなり手頃です。Ankerというのも安心です。

でも、こっちはAC100Vを1.2A(120W)しか流せないので、家電系はまず利用不可能です。矩形波だし。

cheeroは、ウマイ所にスポットを当ててきたんじゃないでしょうか。

sc20171110003057この手の商品で良く目にするSuaokiという中国メーカー。

中々にレビューも高評価が多いのがこれ。

suaoki ポータブル電源 S601

220Whのサイズですが、正弦波100Vで、21,880円とかなり格安です。

ほぼ、軽自動車のカーバッテリーと同容量です。

純正品でソーラーパネルがあるのも安心です。繋ぐだけ。

sc20171110003405んで、400Whと大容量なのが、これです。

43,880円と、Ankerとほぼスペックもお値段も並びます。

自動車のバッテリー上がりにも使える、ジャンプスターターとしても使えます。

つまりは、cheeroとは違い内部は12V系で作られてるんでしょう。

こういったモバイルバッテリーは、中国産がほとんどですが、比較的に多くあります・・が。

スマホの小さなバッテリーでも火災が起きるように、低品質なものだと簡単に出火原因となってしまいます。

しかし、製品が選べるようになったのは喜ばしい限りです。

ポータブル電源