「バッテリー」タグアーカイブ

【エコ】出揃ってきたぞAC100V蓄電ガジェット

sc20171110001037モバイルバッテリーで有名な「cheero」から、100Vモバイルバッテリーが出ました。

cheero Energy Carry 500Wh

価格も、58,800円と、わりかし安めです。

容量は500Wh(3.6V139Ah)で、ちゃんと正弦波100Vで3Aまで出力できます。

なので、小さなストーブ位(300Wまで)なら動かせますし、正弦波なので、電気毛布の類も動かせます。

出力は、DC12Vが2個、USBが2個、LEDライトも装備してるので、キャンプでもかなり活躍するでしょう。

sc20171110001825個人的に気になったのが、この充電口。

付属のDCアダプタで充電するんでしょうが、25.2V3.5Aとなってます。

他の製品と違い電圧が高めです。だから急速充電できるんでしょうけども。

ソーラーパネルなどで、充電する場合は、別途加工が必要でしょう。昇圧するか、24Vパネルから降圧するか(発電時は28V位になるので)

sc20171110002544こちらは既に販売中のもの。

Anker PowerHouse

絶対にこの製品を意識しているに違いありません。

(;^ω^)

434Wh(120Ah)と若干小さくなるものの、お値段も49,800円と、かなり手頃です。Ankerというのも安心です。

でも、こっちはAC100Vを1.2A(120W)しか流せないので、家電系はまず利用不可能です。矩形波だし。

cheeroは、ウマイ所にスポットを当ててきたんじゃないでしょうか。

sc20171110003057この手の商品で良く目にするSuaokiという中国メーカー。

中々にレビューも高評価が多いのがこれ。

suaoki ポータブル電源 S601

220Whのサイズですが、正弦波100Vで、21,880円とかなり格安です。

ほぼ、軽自動車のカーバッテリーと同容量です。

純正品でソーラーパネルがあるのも安心です。繋ぐだけ。

sc20171110003405んで、400Whと大容量なのが、これです。

43,880円と、Ankerとほぼスペックもお値段も並びます。

自動車のバッテリー上がりにも使える、ジャンプスターターとしても使えます。

つまりは、cheeroとは違い内部は12V系で作られてるんでしょう。

こういったモバイルバッテリーは、中国産がほとんどですが、比較的に多くあります・・が。

スマホの小さなバッテリーでも火災が起きるように、低品質なものだと簡単に出火原因となってしまいます。

しかし、製品が選べるようになったのは喜ばしい限りです。

ポータブル電源

【充電】Ankerの充電祭りで凄い安いぞ。これ

sc20160612020713

私も2個愛用してるANKER(本社:アメリカ)のモバイルバッテリーが、明日夜まで特価セール中です。

20100mAhが、2850円!?

(;^ω^)・・

普段は3980円前後なので、恐ろしい程の安さです。私は去年この価格で買いましたけども。

PowerCore20100は、ポケットに入れるには大きいですが、バッグに忍ばせる位なら問題無い。充電には凄い時間が掛かりますが、容量もそれだけ大きい。

一応、1個ゲットしておこう・・。

iPhoneユーザー必須のライトニングケーブルもセットで買うと、20%オフらしいです。

Androidの俺には関係ないけども。

Anker充電祭り6/12夜まで

【電気】蓄電マニアに魅力的なAnker PowerHouseが登場

sc20160528110150

モバイルバッテリーでファンが多い、あのAnker(米)から、こんな製品が出ました。

巨大バッテリー内蔵で、12V/5V/AC100V出力まで付いた、なんとも魅力的すぎます。6/6発売

これが、5万円で、果たしてどのような製品なのか、調べてみた。

Anker PowerHouse (434Wh / 120,600mAh ポータブル電源) 【静音インバーター / USB & AC & DC出力対応 / PowerIQ搭載】

sc20160528111650スゴイバッテリー (3万)と同じく、リチウム電池で、鉛電池とは違い放電状態で放置しても劣化しません。多分、モバイルバッテリーと同じ、電池(1本3.6V)を大量に積んでるだけでしょう。

(;^ω^)

なので、120,600mAhの大容量!とかいっても、3.6V換算なのです。

車バッテリー(12V)で計算すれば、わずか30Ahとなり、軽自動車のバッテリーとほぼ同等です。

容量は、434Whなので、100W家電なら4時間しか持ちません。実際は、ロス分(熱変換)もあるので、もっと短い。ノートPC(20W)なら、1日程度は全然持つでしょう。

USB-5V系は、計6A、実績のあるIQ(電流管理)で、12Vは最大10AAC100Vは1.29Aまで(最大129W出力)です。

これで、家電をまかなうのは、不可能です。省電の情報家電くらいしか動かせません。

んで、AC100Vは、矩形波なのか?正弦波なのか?なのですが、海外のサイトにも書かれたページを探せなかった。価格的にも、普通に矩形波インバータでしょうね(なので、ノイズも大量発生で、動かない製品もあるでしょう)

sc20160528113316

個人的にここが重要なのですが、充電する方法です。

アダプタが付属されていて、AC100Vから充電が可能です。

上:省エネ的には、本末転倒なアホな行為なんですけども・・。電気を捨ててるだけ。

この写真にある、ソーラーという所。

プラグさえ分かれば、自作できるのか、入力16.8Vと書かれてるんですが、これは何か意味のある数字なのか(だって、3.6で割り切れない)

sc20160528114223中国製な安価な製品によく見る5.5/2.1プラグっぽいような、Ankerのソーラーパネルに、既にこんな端子出てたんだろうか。

・・と思って、私が所有してる、これを再度見てみても、USB端子(5V)しかありません。

Anker PowerPort Solar (21W 2ポート USB ソーラーチャージャー)

これから専用品でも出るんでしょうか。

sc20160528114610んでも、こういう自作系ソーラーパネルの出力は、大体17V前後なので、こういうのから直に流せそうです。

逆流だけはしないようダイオードは必須でしょうけど。

容量的に、3Aは確保しないと満充電しないので、50Wがベストでしょうか。それなりにデカイ(60cm)

50W単結晶シリコンソーラーパネル 太陽光パネル

色々と気になる点はありますが、5万円で、すべてがパッケージされて、電源管理もしっかりしているとなると、とても魅力です。

家電は利用できませんが、用途を限定すれば最強です。

とはいえ5万円なので、100%使い切って放置とか絶対にしないようにしましょう。速攻で壊れます(電池寿命)

または、充電しっぱなしも、リチウム電池には大敵です(これは充電管理されてるんだろうか・・)

sc20160528120235

でも・・・・。

重いので据置限定ですが、1万円で自作できるんですけどね。

(;^ω^)

しかも、鉛電池100Ahクラスが15000円だし、これに綺麗な100V正弦波インバーターが、6000円だもん。充電器は、適当に3000円程度。

ACDelco [ エーシーデルコ ] 輸入車バッテリー [ Maintenance Free Battery ] M31MF

sc20160528120556大橋産業(BAL) 3WAY正弦波インバーター 120W No1785

これならUSB端子もあるしね。

暇と時間があれば、こういう事も可能と・・w