「モニター」タグアーカイブ

【PC】144hzのクソモニターを買ってまう@XL2411

P_20170209_154645リフレッシュレート(画面書換)が、1秒間に144回という、通称ゲーミングモニターです。

気にはなっていたが、そんなスペック必要だろうかとも思ってた。

案の定、かなりニッチな製品で、数える位しかないのだ。

GB2488HSU-B2(飯山)か、VG248QE(ASUS/台湾)か、XL2411(BENQ/中国)位しか選択肢が無い。

EIZO(日本)はあまりに高嶺の花(;´Д`)

安価なBENQでさえ、ニッチ過ぎるのか35000円と他メーカーとほぼ同額な状況。

それもそうである。これを購入する人は、常時144フレームを叩くハイスペックなPCを所有している人だけだからです。

しかも、TNパネルで汚い表示を覚悟しなければなりません。同サイズのIPS液晶だって、半額以下で買えちゃうんです。

sc20170209160048んで、まぁ・・中古でまぁまぁなお値段でしたが、勢いで買ってしまいました。

(;^ω^)本当はBENQとかクソメーカーは嫌やったけども。LGは爆発するからもっとクソ。

144hzとはイカほどのものか、試してみたかった。

購入したのは、BENQのXL1244で、一応現行のもののようですが、同じXL1244でも微妙に製品がいくつかあるようです。2014年製なので、多分初期型なのかもしれない(中身はほとんど同じでしょうけど)

DVI-D(デュアルリンクタイプ)繋いで、NVIDIAコンパネから、144hzを選択するだけです(設定しないと60hzのまま)

んで、レビューですが。

価格COMやAmazonなんかのレビューで書かれている程、驚きは正直ありませんでした。

確かに、マウスポインターがヌルヌルしてますが、「だから何?」が先立ってしまい、「こんなもんか・・」が第一印象です。

んで、肝心のゲーム中においてです。

所有してるPCは常時144hzを出せるようなスペックではありませんが、ちょっと古めのタイトル「StarCraft2」だと、序盤はずっと144hzで維持してくれてます(グラフィック設定は中)

全体的な動作は、確かにスムーズな印象を受けましたが、体感レベルで感じたか?と問われると正直微妙です。見比べたら、分かるかな・・という感じ。

35000円投資分に値するか・・というと厳しいですね。グラフィックカードに予算を回したほうが、確実な気がします(1~2クラス上のが買える訳)

sc20170209161542このモニターは、本当に画質が悪くて、全体的に白っぽくなるようです。

どう設定してもダメです。

・・が、一応私は、以下の設定で落ち着きました。

  • 明るさ 15
  • コントラスト 50
  • ブルーライト軽減 1
  • 色温度(赤緑青) 30
  • シャープネス 5
  • ガンマ 5

色温度はお好みで微調整して、どうしても好みの色にならない場合は、ビデオカード側で設定するしかありません。

あと、発熱や消費電力ですが。

発熱はほとんど感じませんでした。上記のように暗めにしてるからかもしれません。

また、消費電力は、上記の設定で12~14W程度でした。まぁ・・こんなもんですね。144hzだからと、特別に電気を消費する訳でもないようです。

台座は、昇降可能で、パネル90度回転も可能ですが、それほど重要でもないですよね。作りは、まぁまぁそれなりです。デザインセンスは最悪ですが(中国製だもん)

VESA対応っぽいので、適当なスタンドを利用すべきですね。

144hzモニターに過度な期待は禁物です。ワタシ的には、ビデオカード辺りに予算を回したほうが、より効果が高いと思いますよ。

お金があり余って仕方が無いんじゃ!!ぼけー

という方だけでオススメです(;´∀`)

他のタイトルも順次プレーしていって、何か気づいた事があれば追記していきます。

【PC】Amazonで激安なVX238H-Pをレビュー@ゲーミング

sc20160907194838

追記あり:9/18

今まで43インチ4Kで無理やりPCゲームをしていたんですが・・。

ゲーミングモニターが言う低遅延・高リフレッシュレートと、そんなに違うんか?

・・と、まず、まず・・Amazonで激安なゲーミングモニターを買ってみた。

台湾ASUSのVX238H-Pという、Amazon限定モデルで15000円以下で購入できる。

TNパネルで、低遅延1ms、HDMI2入力が特徴な製品。

現物チェック

P1020097

VESA非対応モデルにしたので、足が付いてます。適度な硬さで動きます。

とても軽くて薄い、プラスティック感はそれなりに出てますが、まぁ他のメーカーも同じでしょう。
P1020100足は丸型で、ネジで本体に留めます。

裏面は、ゴムが数か所あり、結構しっかりした作り。一部鉄製です。


P1020101小さな事ですが、ちょっと感動。

ドライバー要らずでネジ回せる仕組みがあります。

真っ先にコストを下げられる部分なのに、素晴らしい。

電源周辺と熱

P1020098個人的にはとても大事な、ACアダプタは、19V2.1Aで、最大でも消費電力は、40Wを超えないというようです。

とはいえ、実効電力は、この半分以下でしょうけど。最大でも20Wでしょう。

プラグは、日本の規格EIAJでは無く、ASUSノートと同じでしょうか。19Vだし。

小さくて取り回しもOKですね。

私は、太陽光発電から給電するつもりなんですけども(;^ω^)日本製品のほとんどは、100V直挿しなんですよね・・。SONYの小中型モニターはACアダプタが多い。

あと、長時間使用しているとモニターの左背面上部辺りが、若干暖かくなります。この辺にメイン基板があるのでしょうね。現在夏場で室温が高めで、この感じなので問題無し。

排熱用ダクトがまったく無いので、そもそも発熱は問題にならないようです。電圧変換がACアダプタとして外部にあるし、電気効率が良いという事でしょう。

背面の接続端子

P1020102背面端子部はこんなで、なんでか垂直で差し込みます。

デザイン上、スッキリとしたかったのでしょう。下手なケーブル取り回しをすると、端子部分に負荷が掛かって壊れるので注意です。

HDMI端子は2つ、DSUBが1つです。音声入力と出力があります。

P1020103小さな1Wステレオスピーカー搭載で、穴はここです。後ろ方向に向いてますし、音への期待はできません。


P1020099安価モデルなのに、(要らない・・w)ケーブルまで全て付属してきます。

DSUBケーブル要らないので、HDMIケーブルをもう一本付けてくれ。
P1020104メニューはこんな感じです。思いの外しっかりしてます。

DELL製ですら、変な日本語なのにw

かなり細かいところまで設定できます。怪しい動作も無いです。

ボタンが横並びなので、操作が面倒ですが、このモニターに限った話でもないですね。

使用レビュー

では使用レビューを。

IPSやVAパネルに比べると、案の定・・というか、TNパネル独特な色合いです。綺麗・・とは言えない。

・・が、ちゃーんと設定すれば、それなりに綺麗な表示になります(なんでかデフォルトだと汚い設定になってる)

明るさ30、コントラスト90、彩度40、鮮明度30、TraceFree0」にしてます。”鮮明度”が鬼門でした。ゼロにすると、なんでかブラウン管ばりのボヤけになりますw

ずっと、IPSパネルだったので、懐かしさを感じるw・・というか。まぁ・・昔の液晶はもっと汚かったので、これでも随分進化したのでしょう。

sc20160908035714軽くゲームタイトルを幾つかやってみました。

黒が本当の黒じゃないので(TN特有の漏れ光)、正直なところ、もうちょっとコントラストが欲しい、というのが本音(最大にしてもダメだった)

ただ・・慣れれば・・大丈夫かな・・という感じ。

あと、低遅延1msの具合ですが、確かに、マウスの操作がダイレクトに伝わっているように”感じ”ます。あくまで感覚的に・・ですけど。

たしかに低遅延っぽいですが、「TN特有の残像」の方が気になりました。

他の高級なゲーミングモニターでも、ほとんどTNなので、これは致し方無いんでしょうね。

sc2016090804113015000円買える安価なモニターとして、十分安くて誰にもオススメできる丁度良い製品です。サブモニターでも良いし、ゲーム機専用でも使える。

ASUS社製 VX238H-P

(タイムセールで安売りされてる時があるようです)

モニターでよくある気になる所

  • パワーランプが眩しい?→OK(小さな白いLED)
  • ボディがきしむ? →OK(気にならない)
  • 角度調整は? →上下方向のみ、あまり自由は無い
  • 入力切替は簡単? →OK(ボタン1つ)
  • 電源ON後表示までの時間 →OK(速い)
  • PC電源OFFすると? →OK(自動的にOFFになる)
  • 額の広さは? →およそ1.5cmまぁまぁ細い
  • 高周波音はする? →OK(聞こえません)
  • 内蔵スピーカーは? →普段使いには十分だけども・・ノイズも乗ってないしビリビリ音もしません優秀です。音声出力にUSBスピーカー接続すれば良いかも。
  • ドット抜けは? →私のはOKだった。ASUSでは交換してくれるそうです

追記:

購入後ずーと、このモニターを常用してます。

随分と慣れてきました。やっぱ、23インチでフルHDともなると、ドットが細かいw(43インチ4Kよりもずっと細かい)

軽いので置き場所も困らない。モニターとして当たり前ですが、切替も自動でやってくれるし、自動で電源もON/OFFしてくれる。やっぱPC専用モニターは便利です・・w

このモニターの背面にある音声出力端子にスピーカーを接続してみました。

HDMIからの音声信号が出力される訳ですが、これが、ノイズが乗りまくりでした。非常に残念です。ゲーミングモニターを謳うなら、これはいただけないんじゃないだろうか・・。

PCなら、PC本体にスピーカーを接続すれば良い訳ですけども・・ね。まぁ・・安価なモデルなので・・って事でしょうか。

とはいえ、不満は”ほぼ”ありません。後は、(安いモニターとはいえ)壊れなければ良い・・という所でしょうか。

【PC】ゲーミングモニター144Hzを買う前に出来る事@裏ワザ?

sc20160903175023PC界隈もゲーミングというジャンルが賑わってます。

ただ単に高スペックというだけでなく、ブランド志向にも傾いて、恐ろしい程の高価格にシフトしてます。

ロジクールとか、安物のイメージだったんですけどね・・w

キーボードだって、日本製RealForce(2万円)が安く思えてくるレベルになってきました。

世の中、おかしいw(;´Д`)

sc20160903175611

んで、今回の話題はゲーミングモニターです。

低遅延&高リフレッシュレートが特徴で、画質や機能性、省エネは2の次となってます。

売れ筋は、そのほとんどが、TNパネルという安物液晶を使用していて、結構な高価格なのです。

通常60フレーム/秒のところ、144フレーム/秒もの画面更新を行えるのが特徴です。

んで、私は気づいたのです。

sc20160903180100

ゲーミングモニターじゃなくても、60フレームオーバー描画できるんじゃね?

・・とね。

今使ってるモニターの型番を調べて(説明書でもOK)、垂直同期のリストを調べてみてください。

よーくみると、60hzを越える解像度が存在しているはずです。

sc20160903180428

ちなみにこれは、IIYAMAのあるモニター製品の垂直同期のリストです。

今時だと1920*1080のフルHDで利用してるかと思います。この時は、60hzですが。

1440*900や、1280*1024、1024*768だと、75Hzを選択できるんです。

sc20160903184655わずかですが、よりフレームレートを向上させる事ができる訳です。Windows標準では設定できないので、ビデオカードドライバーでカスタム設定する必要があります(自己責任でね)

NVIDIA Geforceならコントロールパネルから、カスタム解像度から設定します。

ちなみに、スペック表を無視して、強制的にビデオ信号を変更して、無理やり60hzオーバーにする事も可能ですが、これは破損の可能性があるのでオススメしません。

ゲーミングモニターを購入する前に、ちょっとだけ・・ですが、体験できますw(;^ω^)

ゲーミングモニター(144hz対応品)

【PC】4Kモニターの普段使い1年目レビュー@D431US

P_20160330_193020

マルチモニター環境から、4Kモニター1枚に変更して、ほぼ1年目となりました。

これまでの使用感をレビューしてみたいと思います。

ドウシシャのD431USというモニターで、詳しくは以下の当時の記事で。

【PC】超安価な4K大型モニターD431USを簡単レビュー

Z87/i5-4670Kという前世代なPCですが、開発やゲーム、仕事用など使いまくってます。

上の写真は、あるウェブサイトの改装中の画面ですが、4Kの中で、一通り必要なウィンドウを表示が可能で作業してます。

左上はTwitchの生放送を視聴しながらで、左側+右上は資料系のウェブサイト、中央+右下側は作業用ウィンドウを置いてます。左下は、エクスプローラー数枚。

全て、ほぼウィンドウが重ならずに、作業できてます。

それでも、1/6位は4K空間の空きがありますので、(上写真では切れてますが)右側にTwitterやTODO系クライアント、監視ツールなどが見えてます。

さらに、気分転換用のゲームが待機してる状態ですw

(;^ω^)SteamかStarCraft2を起動してます。私は既に慣れてしまいましたが、モニターが大きすぎてFPSなどでは、視線の移動が大きくて難しいです。疲れます。慣れたけど。

それでも、メモリ消費は10GBで済んでるようです。

マルチモニターですと、横長となってしまい、視線を大きく動かさないといけませんが、やはり4K1枚だとかなり緩和されます。但し、このD431USのように大型40インチがベストで、これより小さいと文字が小さくてDotByDotが不可能でしょう。この辺がギリギリです。

ただ、D431USは、明らかに中国メーカー製OEM品で動作が怪しく、正直なところ、あと数万円出して、日本製のしっかりしたものにしたほうが良かったと後悔してます。

やはり大型パネルで近距離使用は(広視野角)IPSパネルは必須です。これはVAパネル(離れないと、両脇が色褪せる)

まぁ・・安い割に使える製品ですけどね(約6万円前後:2016年現在)日本製4Kテレビで15万位でしょうか。

作業用モニターとして、かなり環境が向上します。凄いおすすめ。まぁ・・予算に余裕があったり、デザイナーさんならEIZO社製のモニターの一択ですけどねぇ・・・。

4Kモニター(ドウシシャD431US)

【pc】三菱23インチIPSのRDT234WXを買ってみた

NCM_0021

近場の量販店に行ってみたら、IPSパネル搭載の23インチ液晶、上位モデル234WXが展示品特価だった。

確かAH-IPSだったような。リモコン付、遅延無しでゲーム用途でも利用可能なハイスペックっぷり

展示品と言っても、飾ってるだけで電源はOFF状態なので、これなら安心・・と、1分だけ悩んで、店員さんと2分ほど会話してから購入w

現在、価格コムの最安値で26800円なんですが、これより数千円も割り引いてくれた(゚∀゚)

早速設置。落ち着いたらVESAアームで運用予定(どんなアームでも利用可能です。DELLみたいに干渉無しです)

すげー綺麗・・・( ´∀`)やっぱモニターにはお金を掛けるべきです。安定っぷりが滲み出てるよぉ・・・。ドット抜けもないようです、壊れたとしても三菱は3年保証です。

sc20130810165303もう既に、RDT235WXという新製品が出てるので、完全なる型落ちなのだが・・。

こちらは、残念な事に、とっても不評らしい。


NCM_0022

こちらは、メニュー画面。

以前DELLのハイエンド機を所有していましたが、これはちょっと驚きました。

かなり細かなところまで設定調整できます。やりすぎwと思ってしまうところもある位です。

手前のPOWER-LEDライトの照度設定まで、細かく調整できてしまう。33段階ってww

自動電源OFF(~120分指定)なんてのも、結構珍しい項目じゃないだろうか。PinPやPoutPなどで、2出力分を表示できる。これもなかなか無い機能です。

消費電力も、俺設定で計ってみたところ、13Wでした・・(;・∀・)

スピーカーON、POWER-LEDはOFF、最低輝度、高解像度などはOFF

D端子を装備してるので、PS2/Wiiやちょっと古めのゲーム機なんかも接続できる。

ほんとにモニターの中のモニターを地で行ってる素晴らしい製品です。安いからと下手に安いモニターを買うのはやめよう、視力を低下させるだけです。

MITSUBISHI 23型液晶ディスプレイ IPS方式/フルHD/ブラック RDT234WX(BK)

【tv】Regza 26ZP2が届きましたん(*°∀°)=3

sc20130220040309

昨夜届いて、wktkで設置して色々と吟味しております。

そういや家のテレビって、全部、東芝製だった事に気付いたw

32C8000、42Z7000に、最新の26ZP2で3台目

ただ、この26ZP2はPCモニターとして利用する予定ですので、まんずはIPSパネル具合を速攻チェック。

文句無しです( ゚д゚) さすがですRegza Zさん。

綺麗過ぎます。視野角って何だっけ?って位に見えまくります。

PCモニターって、極端に輝度を落としたりすると確実に、小汚い映像とかになりますが、Regzaはちゃんと鮮明に表示してくれてます(PCモニターモードでもOK)バックライトコントロールがしっかりしてる証拠なんでしょうね。

しかも、部屋の明るさに応じて自動調整なんて・・・PC専用モニターに無い機能です

sc20130220041209

スペックのアラ探し的に、PCゲームもちょっとやってみましたが、違和感をまったく感じませんでした。

それなりのレートを出してくれてるようです。

26インチってのが丁度良いサイズだった。大正解!(゚∀゚)ノ

大き過ぎず、小さ過ぎず、目や首移動もほとんど不要で見渡せます。

sc20130220041747

もう一つの楽しみだったのが、3D表示。

Youtubeとかに普通に3D動画ってあるんですね。。知らんかったw

検索フィルターで”3D”をチェックすると、結構ある

Youtubeで視聴する際は、ちょっとだけ注意点があります。

動画はできるだけオリジナルサイズ3Dタイプを水平に設定、奥行きが変なら左右逆転設定、この3つが重要。

3Dタイプは、Youtubeデフォルトだと、緑赤のタイプなので、設定必須です

最初なかなか3D表示のコツが掴めなくて難儀しましたが、動画のオリジナルサイズでの視聴しないと3D情報が間延びしちゃうんですね。動画が、フルHD対応なら全画面可能ですが、そのサイズが無い場合は、小さな画面で見るしかありません。

映画館ばりに奥行きがありますね(;^ω^)素晴らしい。。

ただ、目の疲労度が半端ないですね。こりゃ、ゲームには無理だわ。

もし、最適な3D動画を探してるなら、ゲーム系の動画がオススメです(Skyrimや一人称系のものとか多い)

3Dは、HDMI1.4規格に含まれるけど、ケーブルは古い規格のものでも大丈夫みたい

sc20130220042725

Z7000が今までのメインTVだったのですが、さすが最新(型落ちだが)のRegza Zです。

メニューとかもサクサクですなぁ。。(;^ω^)

ダブル録画とかもできるんですかぁ・・そうですかぁ・・。USBハブも使えるんだぁ、そうですか。

PCモニターとして完璧すぎる26ZP2ちょうーオススメです。

・・・というか、オーバースペック気味ですけども

生産終わってるんで、早めにゲットしておいた方が絶対いい。

TOSHIBA 3D対応LED REGZA 26V型 地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ シアター3Dグラス付属 26ZP2

【液晶】REGZA 26ZP2をPCモニター用にポチッてみた

sc20130218195223

まだ、手元に届いてないんですが。

よさげなPCモニターが欲しいなぁ。。という事で、いろいろを探しまくったあげくの末の結論です。

DELLのウルトラシリーズや、飯山モデルなんかを見ても、27インチクラスでIPSモデルだと、どうしても4万円コースなんですよ。

あれれ?このサイズのテレビも同価格帯じゃまいか!・・・・と。

安いからと購入したVLパネルの汚さがどうしても我慢できない。。(;^ω^)IPS使いなら、理解してくれるはずです

sc20130218195935んで、目星を付けたのが、型落ちになってしまうが26インチのZシリーズのZP2でした。

後継のZP3は、32インチが最小

型落ちとはいえ、腐ってもZシリーズです。IPS、東芝もPCやゲーム接続を保証してくれてますよ。

フレームレート低ラグってのもポイントです。

しかも、3D対応(偏向メガネ付)、高画質エンジン、地上&BS/CSダブルチューナー、USB-HDD接続、ネット系サービス利用可能、フルHD、LEDバックライトと、さすがZシリーズ。

最近のテレビは、32インチ以下の小さなモデルを作らなくなってきたので、とても貴重。ちなみに、26インチモデルで、こういった高機能製品は、皆無状態です。なので、出回ってるもので最後です。

つまり、最強過ぎるPC用モニターなんですよ(;^ω^)

sc20130218201037

sc20130218201108
し・か・も、安心の日本製ですよ。壊れても安心。もう大手メーカーで作ってる所が無いので、いまある在庫で、もう終わりです。

東芝の他、パナソニックで類似する製品がありますが、パナも、同シリーズが終わってるので、在庫分で終わりです。DTシリーズなど

いま、底値で推移しているようですが、除々に高騰し始めるはずです。

高機能なPC用モニターをお探しなら、絶対オススメです。同サイズのPC専用モニターと比べてみてください。絶対、こっちですから・・(;^ω^)

現在最安値は、4万円前後(2/18現在)。自分は39,200円で購入しました。

TOSHIBA 3D対応LED REGZA 26V型 地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ シアター3Dグラス付属 26ZP2

届きましたら、レビューとかしてみたいと思います。