「レビュー」タグアーカイブ

【game】もっと!Steamの裏活用方法

image

PCでのゲーミングプラットホームとして確固たる地位を確保したSteamですが、「ゲームを購入する」というだけで無く、色々な機能があります。

これらが、他競合するEPIC Games、Origins、Battle.netなどには存在しないSteam特有の特徴にもなっています。

高精度なユーザーレビュー

image

ここまで具体的数字までユーザーレビューを公開するプラットホームは、他に無いでしょうね。

(;^ω^)

ユーザーとしては、クソゲーを掴む事なく、安心して吟味してタイトルを選べます。

大規模なコミュニティSNS機能

image

各タイトル毎にコミュニティが用意され、掲示板やスクリーンショットの共有、ガイドなど、いつでも、世界中のプレーヤーと繋がっています。

面白いスクショが沢山掲載されてるので、一度見てみてください。

ブロードキャスト配信

image

YoutubeやTwitchなどのような配信機能も持ち合わせています。

もちろん、貴方も簡単に配信できちゃいます。

スモールモード

image

細かいですが・・、小さく表示できます。邪魔でしょうが無い!!という人向けですねw

(;^ω^)

image

ゲームのライブラリーだけが表示されたウィンドウ表示になります。

Big Pictureモード

image

また、こんなBigPictureモードなんてのもあります。

ゲーム専用機のホーム画面のような感じで、画面いっぱいにSteamが表示されます。

コントローラーだけでも操作できるよう配慮されてます。

ミュージックプレーヤー

image

これは、あまり使う機会は無いかと思いますが、PC内の音楽や、購入したサウンドトラックなどを再生させる事ができます。

サーバーの一覧を表示

image

ゲームを起動しなくても、Steamから、接続先サーバの一覧を表示させる事ができます。

フレンドが何のゲームで、どこに接続してるかも確認できます。

ユーザーグループへ参加と作成

image

テーマを持った掲示板のようなもので、自由に参加や作成を行う事ができます。

コミュニティマーケットで稼ぐ?

image

ゲームをプレイしてると、インベントリにアイテムが追加される事があります。ゲーム内実績などに応じてプレゼントされるようです。

image

私はあまり意識して貯めてませんが、これだけ所持してたようです・・。

(;^ω^)

これらを、それぞれ販売する事ができます。相場なども表示されてるので、おおよその価格は分かります・・が、自分で好きな価格を提示する事もできます。

とはいえ、ほとんどは、数から数十円程度。

Steamゲームデータ

image

今、世界で、どんなゲームがプレーされているか、ここまでデータを公開してるのも凄い。

image

CS:GOは相変わらず1位のですね。

(;^ω^)

こんな細かな数字まで公開してるんですよ。

Steam OSが無料

image

多くはWindows OSを利用されてると思いますが、これとは別に、Steam専用のOSを無料で配布しています。

中身は、Linux OSのカスタム版で、一部のタイトルしか動作しません。

image

検索画面で、SteamOSとしても絞り込みする事ができます。

これらの他、他PCなどに映像を飛ばすファミリーシェアリンク、1人用ゲームでも遠隔地プレーヤーと一緒にプレーできるRemote Play Togetherなど、常に先進的な機能を提供してくれていますね。

【PC】Metis Plusに入替@Mini-ITXケース

P1130246_result

追記:1ヶ月後レビュー

追記:ビデオカードの騒音

10年近く使ってきた、このPCケース、Temjin TJ80B(MicroATX・現在販売終了)を卒業です。

。゚(゚´Д`゚)゚。

よく出来た高品質ケースでしたが、せっかくのITXマザー、その小ささを実感したかった訳で御座います。

※ASRock AB350Gaming ITX

P1130248_result

せっかくなので、掃除も兼ねて、パーツ類を取り出します。

冬の時期なので、静電気にも気を払う必要もあります(室温を高めて、蒸気で湿度をあげる)

P1130249_result

ゲットしたのは、ホワイト色のMetis Plus。思っていた以上に、品質高めな印象です。アルミ部は確かに、極厚で、ケースを変に持っても、タワンだりしません。剛性も高めです。

※内部の鉄フレーム部は薄い

P1130250_result

両脇のフタは、アルミの1枚板で、よく見るレール溝や爪などのギミックは無し。単純に、ネジ4本で固定するだけ。

見てのとおり、反対側のフタと交換する事も可能です。

P1130251_result

ケース奥行きの開口部は、最大26.2mmです。

P1130252_result

ケース高さの開口部は、最大18.2mmです。

P1130255_result

ケース奥行きの開口部は、18.7mmでしょうか。

一応、ケーブルマネージメント用の工夫が見て取れますが、意味を成してません・・w

P1130254_result

(標準では)排気ファンのこんな所に、LEDライト用のスイッチがありました。電源は、昔ながらのATX12Vから取ります。自分は、光らせないけども。

P1130257_result

フロントオーディオ用のコネクタの結線が怪しいような気がしたので、念の為調査。

使ってない端子とGNDが結線されてたみたい、何か理由があるんだろうか。

P1130258_result

あまりにケースが狭すぎるので、先のことを考えながら、全パーツを並行して結線していきます。

先に、マザーを・・とか、電源を・・とか、不可能です。確実に干渉します。

P1130263_result

・・・と、ここで問題発生。

CPUクーラーが筐体と干渉して入りません。干渉とはいえ、0.5mm程度の干渉なのです(クーラーの僅かな突起部)

底板を外して、無理矢理、格納ぇ・・・。

:(;゙゚’ω゚’):

サイズ社の阿修羅は、基本的に無理ですので、ご注意を。高さ的には、虎徹と変わらないんですけどねぇ・・。

あと、もちろんの事、底部のストレージは利用不可です。

P1130260_result

案の定、ATX電源が物理的に入らなくて・・、天板を外す。

(;´Д`)

P1130262_result

とりあえず格納できた・・。やっぱ、狭い・・。

USB3.0ケーブルが短すぎて差すには、電源が邪魔で・・という状況に、なんとか接続できましたけど。

P1130264_result

ビデオカードを選ぶケースなのは確かですが、幸い、利用してるのはGF-GTX970(古っ)で、17.9cmのショート基盤(ITXマザーは、17cm四方)

余裕で利用できるはず・・。

※メーカー公式では、17cmまで

P1130272_result

この写真を見てください。思いっきりのギリギリでした。

・・というか、測ったかのように丁度やった。

(;^ω^)

もう少しでも長ければ、電源と接触してたでしょう。最悪は、ショートで火災ですよ・・怖い。

最近のバックプレートが付いてるビデオカードだと、干渉しそうです。要注意。

P1130265_result

2.5インチSSDはこちらに装着できます(底面は使えないので・・)

ITXだと、NVMEをメインストレージにしてる方も多いと思います。このマザーだと、半分位顔を出してます(直近のケース蓋にパンチ穴があるので安心)

既に、上部に、3.5インチHDDを装着済みです。

P1130266_result

ただ・・、見ての通り、ケーブルマネージメント次第という感じ。

この状態で既に、SATA電源が蓋に干渉してる・・。もう、無理矢理、抑え込むしかない状態。

P1130271_result

ビデオカードが短ければ、このように、電源上部がケーブルを収める唯一の場所です。

プラグイン式だったり、SFX電源なら、心配無用ですけども。

P1130268_result

ケース底面の状態。これが、電源を選ぶ理由です。

主電源スイッチが干渉しちゃってるんですよw

でも、幸い、まぁ・・大丈夫っぽいです。

小さなCPUクーラーなら、底面に、2台のストレージが装着できます。既にゴム製のマウンタが付いてる。

ちなみに、ケース足は、ゴム製です。プラスティック製じゃないので、しっかり固定&免震してくれそう。

P1130270_result

こんな感じで、仕上がりました・・。

(*´Д`)・・

2時間掛かったです。自作PC歴は長いですが、こんなにも手間取ったケースは、初めてです。確かに、難易度高めです。

電源、マザー、ビデオカード、CPUクーラーなど、物理的に利用不可能なパーツがあるのも、確かです。

将来の、パーツ変えや、メンテナンスの事を考えると、憂鬱になりますね・・。

P1130274_result

光ってるパーツは皆無なので、窓は不要なのですが・・。

(;^ω^)

サイズは、幅190x奥行277x高さ254と、かなりの極小ケースMetisPlus。

ちょっとした、空間にパソコンが置けるというのは、素晴らしい!!

机の上はもちろん、棚の上とか、モニター裏とかね。

細かいけど、ケンジントンロックの穴は無かったですね。盗難防止なら、別途加工が必要。

前ケースのように、吸気ファンが無くなったので、温度が高めになりました(設置場所は同じで、+10度位)

温度管理に関しては、色々工夫があるかと思うけど、この小ささを生かして、より気温の低い設置場所に置けば良いんじゃないだろうか。

(;^ω^)

ホントに難易度が高めですが、この小ささは凄く魅力です。挑戦してみては・・どうでしょう。

追記:ビデオカードの騒音

ビデオカードのファン音が、直に出るので、そのまま騒音に繋がります。

なので、ビデオカードによっては、かなりウルサイのではないかと思います。

image

自分は、MSIのAfterBurnerで、ファン制御して対応しました。

ゲーム中なら多少ウルサクても良いけども、低負荷時は静かな方が良いものね・・。

追記:1ヶ月後レビュー

あれから一度もケースを開けて、パーツ換装は一度もありませんが、1点だけ気になった事があります。

案の定、排熱に関してです。

他の方のレビューにもあるように、確かに熱が籠もってしまっているようです。

正しくは、籠もるというよりも、排熱を再吸気してるんですね。

(;^ω^)

吸気ファンが無い以上、空気の流れが排気ファン周囲にしか無く、PCケース外背面周囲の空気温度がどんどん上がっていき、それを吸い込んでは、の繰り返しという訳です。

特に、ビデオカードは顕著で、構造上、給排気も無い状態ですしね。

アルミ外装が暖かくなってるので、この熱移動でなんとかなってるのか・・と。

とりあえずの対策として、USBファンをPC背面に設置して、排熱を遠くに吹き飛ばすようにしてます。

冬場なので、超極弱な簡易暖房として貢献してくれてそうですが、夏場の事を考えると、他に何か考えないといけない。

(そもそも物理的に)ビデオカードの相性、熱籠もりなどを考えると、それなりなPCスペックで組むなら選択肢から外すべきな感じがします。

ビデオカード不要なRyzen 3200/3400G APUや、Intel(GPU有り)で、小さくまとめるのがベストっぽい。

【PC】Ryzen5 3600様へ換装@Zen2

P_20200107_165109_result

追記:x264エンコでの温度

追記:StarCraft2での体感

追記:ゲーミングでの体感

あれれ?

年末年始のセールで、老兵GF970を退役、ビデオカードを新調するつもりだったんですが・・。

(σ・∀・)σ CPUをゲッツ!

CPUをグレードアップしても、フレームレート上がるんじゃね?という事で落ち着いた。

※もう既に、NVidiaの次期チップの話も出てきてるし・・

P_20200107_164251_result

これまで、こやつ初代Ryzen5 1600Xが踏ん張っておりました。

コア数的には変わらないし、クロックもほぼ同じだが、なにせ2世代も違う・・。

(;^ω^)

事前に、BIOS/UEFIのバージョンアップは済ませてるので、換装すれば認識してくれる・・はず。

こういう時、CPUグリスを探すのに難儀しちゃうのよ。滅多に使わないもんね。定番のMX4グリスを添えて。

P_20200107_172013_result

数分の謎挙動の後、やっと画面表示、fTPMがなんちゃらというエラーが出たが、やっと起動。

無事、認識しております。

( ´∀`) えがった

Ryzen5 1400からRyzen5 1600Xに換装したときは、こんなじゃ無かったような気がしたが、ま、そういうモンでしょう。

P_20200107_172042_result

BIOS/UEFI画面でのCPU温度(室温14度)が、+5.5度って・・。冷え過ぎやないかい。

7nm新世代Ryzenに期待が持てます。

※CPUクーラー:サイズの阿修羅

P1130227_result

タスクマネージャで確認。初代Ryzenには、ほぼ見たこと無かったブーストが結構な頻度で発生しています。

ただ、ファームのバージョンによって、ブーストの掛かりかたが変わるようなので、Ryzenのベンチは結構当てにならない。

ちなみに、この環境では、AMD AGESA Combo-AM4 1.0.0.1(Zen2発売当初)のままです。

P1130229_result

んでは、一応、( ゚Д゚)<氏ね!ベンチでの結果を計測。せっかくCPU換装した時ぐらいは、確認したいものです(マルチ)

Ryzen5 1600X:2534

Ryzen5 3600:3520

(・∀・)1.3倍!!

当然ですが、ちょっ速、他サイト結果を見ても、現行Core i7を超える性能だそうです(i7-9700Kは、今42000円)

P1130228_result

せっかくなので、消費電力も見てみます。( ゚Д゚)<氏ね!ベンチを稼働中の際の目視最大値です。

Ryzen5 1600X:155W

Ryzen5 3600:139W

ほぼ、16Wの差です。Zen2だと、初代よりもブーストしやすくなっているので、

アイドルの結果は以下。

Ryzen5 1600X:75W

Ryzen5 3600:82W

設定や環境はほぼ同一なんですが、Zen2の方が若干上なんですよね。アイドルとはいえ、何かしらのバックタスクが動いてるので、それに反応してるっぽい(反応しやすい)

電源プランを省エネにしても、同じようでした。これも、BIOS/UEFIのバージョンによって、挙動が変わるのかもしれません。

他レビューから見て、若干高めなのは、無線LANとか、OCメモリ、HDD1台の性かもしれない。

追記:

しばらく見てたら、65Wを確認しました。ほんと、負荷にすぐ反応して、電力が上昇します。

image

爆熱とも言われてますが、Youtube視聴中(CPU負荷4%1時間継続)のCPU温度、室温22.8度で29度(+6度)でした。

物凄く優秀なんじゃないかと。

P_20200107_162820_result

ま、ヒートパイプ6本のCPUクーラー、阿修羅(サイズ)のお陰もあります。

初代RyzenやZen+のCPUが、凄く安過ぎるので、あえて、Zen2 Ryzenを選択するまでも、無いかな・・という印象です。

Ryzen7 2700が19000円で買えちゃうんですもんね。

(;´Д`)8コア、ロマン

前CPUよりも、20%以上は性能アップしてくれたし、負荷時の電力も下がった、非常に満足。

※OCメモリも、より安定してくれるはず

より省エネにするなら、ブースト時の電力設定(PPT)などを弄れば、効果テキメンな印象です。

参考になれば幸いです。

マザボ:ASRock AB350ITX/ac

CPU:AMD Ryzen5 3600、scythe SCASR-1000

メモリ:DDR4 OC3000Mhz(Team)

ストレージ:Nvme(pcie) x1,Sata x1,HDD x1

ビデオ:Geforce GTX970

電源:ATX500W 80Plus Platinum

他:PS2キーボード、USBマウス(logi G502)、給排気ファン 計2基

追記:ゲーミングでの体感

よくプレーしてるPCゲームでの体感の感想です。数字は取ってないので、あくまで体感ですが・・。

明らかに高速化しているのが、体感で分かります。

フレームレートが2倍・3倍になったという感じでは無いのですが、(PCゲーあるある)一瞬のフレームのプチ落ち込み(小引っ掛かり)が、確実に減りました(ゼロとは言わない)

底堅さを強く感じるといった印象です。

自動車で言えば、軽から1300CCクラスに変えたような感じ・・かな。

(;^ω^)

必要な時に、すぐブーストが掛かるのが、この理由なのかもしれません。

追記:StarCraft2での体感

image

RTSゲーのStarCraft2で、最も実感を感じました。

ユニットが大量に配置される後半など(しかもチーム戦)は、確実にフレームレートの低下があり、30FPSなんてのもザラでした。

※後半には、最大8人 x 200ユニット x 建物オブジェクトと物凄い量になる

144hzモニターを利用してますが、この急激な落ち込みを避けるためにも、60hzに固定してプレーしてます。

もちろん、それでも30FPS程度まで落ちますが・・。

今回のCPU換装で、それが、完全に60FPSに張り付いてました。

ヽ(;゚д゚)ノ !!

古いタイトルで、しかもRTSというジャンルなので、CPUスペックの影響が多分にあるらしい。

今度、144hz環境に戻して試してみたい。

追記:x264エンコでの温度

image

x264エンコード中のCPU温度です。

しばらく、全コア・スレッドが天井張り付き(60-100%)状態が継続してる状態です。

室温17度で、約30度(+13度)でした。

初代Ryzenや、i5-4670Kの時は、アイドルや常用時ですら+10度を維持していたので、この数字は驚きです。

しっかりした、CPUクーラーがあれば、がっつり冷えるCPUです。

image

関係無い話:

この後、NVENC(GPUエンコ)でも試してみたんですが、エンコが高速化されるものの、ファイルサイズが全然違うんですね。

17分動画のエンコード(AVIUTIL使用)

x264(CPU) 21分 892MB

NVENC(GPU/GF970) 16分 1.99GB

画質はx264の方が良いとの事らしいですが、素人目にはよく分からない。長時間動画のエンコなら、さすがにGPUエンコですが、保管用途を考えるなら、x264なんでしょうか。