「レビュー」タグアーカイブ

【100】ダイソーの300円USBスピーカー@消費電力

P_20190402_144725

別にいらんかったんだけども、買っちゃった。

(;^ω^)

ダイソーで売ってる例の300円USBスピーカーです。

なんかに使えるかなぁ・・と、結局、”使わない”という100均の魔力です。

この製品は、ドライバーユニットだけ抜いて改造してる方も沢山いらっしゃるような、ニッチ過ぎるDIY向け?スピーカーでもあるわけです。私はやらないけど。

せっかくなので、簡単にレビューを。

P_20190402_152851

逆位相の出口は無し、完全密封型です。ボリューム調整があるのみです。スピーカーの磁石の重さだけ、見た目よりも重く感じる。

エージング完了しないと、音質については語れませんが、(耳の位置)設置場所さえ確保できれば、それなりに満足できそうです(耳の方向に斜めに向けるとか)

PCで利用するなら、モニター上とかね。

音の種類によって、ビビる印象がある(本体の振動?)ので、強力な両面テープとかで、がっつり固定すると、良い音になりそうです(ネジ止めしちゃうとか)

ドォンドォンという低音は、控えめなので、確かに人によっては改造したくなるのかも。

(;^ω^)

P_20190402_145031

コスト削減が見て取れる、細いケーブル。音質を向上したい方は、交換した方がいいかもしれない。すぐ経年劣化しそうな被膜です。

P_20190402_144933

十分に音量も大きく、ビビリも無く、思いの外、しっかり鳴ってくれます。本体が軽いので、本体自体が振動してビビる事はある。

音量最大にすると、めちゃめちゃウルサイ位。

エージングを兼ねて、音量最大にしてしばらく放置。

P_20190402_153749

もちろん、Ankerのモバイルバッテリーでも、問題無く動作します。アウトドアでも活躍しそうです。

注意して見て欲しいのが、この上写真。

最大音量で鳴らしてる最中ですが、最大値620mAを確認しました(瞬間。楽曲による)

(;・∀・)500mA超えとる

古めのUSB電源を使われてる場合、ダメージがあるかもしれないのでご注意です。・・が、最大音量で使う人いないと思うけどもね。

最大音量の場合ですが、消費電力約3Wという訳です。

音量を30-40%位の普段使いしそうな感じにすると、大きくても50~100mA程度です(消費電力0.5W)

USB(5V)でも侮れないです。

【pc】今話題の激安マザボをゲッツ@H110BTC

P_20190122_133846

かつての仮想通貨発掘ブームの売れ残りのやつです。

箱無し、本体のみですが、H110チップ搭載マザボが1598円やった。

まぁ・・買っちゃいますよね(;^ω^)

ASRock H110 Pro BTC+

自分が見た時は、在庫ラストだったみたい。ちょうど良いタイミングやった。しかも、中古とかジャンクじゃなくて、普通に保証が付いてきた。自作パーツとしての扱いみたい。

無論、普通のPCとして利用可能です。インテルだと、7xxx/6xxx(Pentium/Celeronだと4xxx/3xxx)シリーズのCPUが利用可能。

P_20190122_133914

PCIex16やM.2端子も普通にご顕在。

P_20190122_133930

基板上に、電源やリセットボタンもある。これは便利です。唯一の付属物に、電源とリセットボタンが付属してるけど(写真に写ってるケーブル)

P_20190122_134006

背面はこんなです。安価版マザボな感じ、HDMIポートは無い。ちゃんと、USB3.1対応。インテル製LANは美味しい。

P_20190122_134052

とっても特徴的な、ずらーりと並んだPCIex1ポート。。。12個も並んでます(PCIe2.0接続)

(;^ω^)もう、お菓子にしか見えない

CPU周辺のVRMが、9つ見えます。安価なマザボだと4~5個とかなんで、意外にも頼もしい印象です。

image

ですが、残念な事に、インテル製CPUが未だに品薄状態で、見ての通りの超高騰中なのです。

この世代で高コスパで売れた、Pentium G4600(2コア4スレ3.6Ghz)が、当時8000円台だったんですが、今や15000円です。

後はゆっくりと中古のCPUとメモリを探しましょうか。。

まだ、売れ残ってるかもしれません。パソコン工房が近くにある方は、ぜひとも寄っていってみてください。

【温泉】山間の強塩りんご温泉@山形県朝日町

P_20190107_133658

近場を通ったので、行ってみました。りんご温泉

山形県の朝日町、360度山に囲まれた、悪く言えば陸の孤島ともいうべき、主要経済圏から大きく逸れ正直アクセスし難い場所でもあります。

そういう意味では、秘湯と言っても過言じゃありません。

日帰りで300円で入ることができます。お安い

P_20190107_133629

お湯は綺麗に白く濁っていて、硫黄とも若干違った独特な匂いが鼻を刺激します。

これは、同じ山形県の他地域の温泉とは、また違った泉質です。面白い。

泉質は、硫黄系では無く強ナトリウム泉で、他成分も大量に含まれているようでした(カルシウム・炭素等)

また、この温泉施設ならでは、特産品の「りんご」が湯船に10数個浮かんでおります。何の意味も為さないような気がしますが・・、雰囲気でしょう。

行ったのが冬場(1月)だったので、閉鎖中でしたが、別棟で露天風呂もあるようです。

P_20190107_133751

男風呂からは、このような大自然に囲まれた風景を眺める事ができます。

晴れた夏場なら最高の眺めじゃないでしょうか。

休憩室やレストランも完備してます。近くにコンビニ(ファミマ)もあり。

このコンビニを目指してくれば、間違いないです(近場にコンビニや店舗が無いので)

やはり、残念な事に、唯一の交通手段は287号線しかなく(鉄道も無し)、近場に大きな観光地が皆無、どこかに行く道すがら・・という事もありえない場所なんです。

ただ、泉質が素晴らしいので、温泉マスターを目指してる方なら、一度は浸かってきて欲しい。オススメです。