「レビュー」タグアーカイブ

【映画】スターウォーズローグ・ワン感想@ネタバレ無

sc20170503220246先日にレンタル開始された、スター・ウォーズの新作ローグワンを只今見終わったところです。

ネタバレ無しで感想を。

(;^ω^)

前作の「フォースの覚醒」が”あまりにもクソ”だったので、自分の中では、本来の1~3でスターウォーズの物語は終わってるんだ・・と、原理主義的な考えでいましたが。

アメリカの映画も、やる時はちゃんとヤルじゃないか!

(゚∀゚)ノ

脚本や演出、キャスティングもほぼ100点です。これなら、ちゃんと、本来の1~3へスムーズに話が繋がります。

そのために、映像やキャスト陣・小道具等に、あえて”古さ”を持たせてるんでしょうね。さすがです。

映画観てると「あ・・この人死ぬな・・」とか「ここでキスすんだろ・・」とか予想が結構的中して”萎える”もんですが、裏切ってくれてます。

最後の数秒だけ、疑問は残りますけども(なんで、戦闘前線にあの人が乗船してんのよ?)

最後まで、ハラハラする作りで、細かい所まで丁寧に作り込んでるのも、素人ながら伝わります。このスケール感をよく3時間30分に収めたなと関心です。

これまでのスターウォーズにあった、◯◯◯◯が出ないんですよ。

(;・∀・)さすがです

sc20170503221608スターウォーズ初見の方にも、このローグワンからスタート出来るので、ぜひとも、若い人に見てもらいたい。

「フォースは我とともにあり、我はフォースと共にある」

1年後に新作が出ます。今度は、ハン・ソロ船長のストーリーなんだそうな。次は、劇場で見ることにしよう。

その次は、オビ=ワン・ケノービかなぁ・・(;^ω^)

【PC】144hzのクソモニターを買ってまう@XL2411

P_20170209_154645追記あり:10/5

リフレッシュレート(画面書換)が、1秒間に144回という、通称ゲーミングモニターです。

気にはなっていたが、そんなスペック必要だろうかとも思ってた。

案の定、かなりニッチな製品で、数える位しかないのだ。

GB2488HSU-B2(飯山)か、VG248QE(ASUS/台湾)か、XL2411(BENQ/中国)位しか選択肢が無い。

EIZO(日本)はあまりに高嶺の花(;´Д`)

安価なBENQでさえ、ニッチ過ぎるのか35000円と他メーカーとほぼ同額な状況。

それもそうである。これを購入する人は、常時144フレームを叩くハイスペックなPCを所有している人だけだからです。

しかも、TNパネルで汚い表示を覚悟しなければなりません。同サイズのIPS液晶だって、半額以下で買えちゃうんです。

sc20170209160048んで、まぁ・・中古でまぁまぁなお値段でしたが、勢いで買ってしまいました。

(;^ω^)本当はBENQとかクソメーカーは嫌やったけども。LGは爆発するからもっとクソ。

144hzとはイカほどのものか、試してみたかった。

購入したのは、BENQのXL1244で、一応現行のもののようですが、同じXL1244でも微妙に製品がいくつかあるようです。2014年製なので、多分初期型なのかもしれない(中身はほとんど同じでしょうけど)

DVI-D(デュアルリンクタイプ)繋いで、NVIDIAコンパネから、144hzを選択するだけです(設定しないと60hzのまま)

んで、レビューですが。

価格COMやAmazonなんかのレビューで書かれている程、驚きは正直ありませんでした。

確かに、マウスポインターがヌルヌルしてますが、「だから何?」が先立ってしまい、「こんなもんか・・」が第一印象です。

んで、肝心のゲーム中においてです。

所有してるPCは常時144hzを出せるようなスペックではありませんが、ちょっと古めのタイトル「StarCraft2」だと、序盤はずっと144hzで維持してくれてます(グラフィック設定は中)

全体的な動作は、確かにスムーズな印象を受けましたが、体感レベルで感じたか?と問われると正直微妙です。見比べたら、分かるかな・・という感じ。

35000円投資分に値するか・・というと厳しいですね。グラフィックカードに予算を回したほうが、確実な気がします(1~2クラス上のが買える訳)

sc20170209161542このモニターは、本当に画質が悪くて、全体的に白っぽくなるようです。

どう設定してもダメです。

・・が、一応私は、以下の設定で落ち着きました。

  • 明るさ 15
  • コントラスト 50
  • ブルーライト軽減 1
  • 色温度(赤緑青) 30
  • シャープネス 5
  • ガンマ 5

色温度はお好みで微調整して、どうしても好みの色にならない場合は、ビデオカード側で設定するしかありません。

あと、発熱や消費電力ですが。

発熱はほとんど感じませんでした。上記のように暗めにしてるからかもしれません。

また、消費電力は、上記の設定で12~14W程度でした。まぁ・・こんなもんですね。144hzだからと、特別に電気を消費する訳でもないようです。

台座は、昇降可能で、パネル90度回転も可能ですが、それほど重要でもないですよね。作りは、まぁまぁそれなりです。デザインセンスは最悪ですが(中国製だもん)

VESA対応っぽいので、適当なスタンドを利用すべきですね。

144hzモニターに過度な期待は禁物です。ワタシ的には、ビデオカード辺りに予算を回したほうが、より効果が高いと思いますよ。

お金があり余って仕方が無いんじゃ!!ぼけー

という方だけでオススメです(;´∀`)

他のタイトルも順次プレーしていって、何か気づいた事があれば追記していきます。

追記:

今でも現役バリバリとゲーミングをサポートしてくれてます。十分オススメできる製品ですよ。

まぁ・・常時144Hz出せるタイトルなんてありませんけども。

・・と、執筆時点では、どこかのメーカーと勘違いしていたらしく、「中国」と書いてましたが、正しくは「台湾メーカー」です。

中国大陸と、台湾では品質にかなりの差がありますので、大きな誤字を含んだ記事でした。

私としては”台湾国”の高品質製品ッ!と言いたいですが、政治的な絡みがあるのでご察しください。

2017年末となりましたが、今でも、コスパ的に優位です。競争が無いのか、部品を調達しにくいのか定かではありませんが、同じ価格帯のiiyama辺りが競争相手ではないでしょうか。

間違っても、韓国製品のLGとか買わないように

単純に、ダサい&キモい (;´Д`)

【菓子】恐ろしい程美味すぎる南部煎餅@宇部せんべい店

P1020088

これこれ、お店で見つけたら即買ってます。

ここ、半年ほどハマってます。

(;^ω^)

見た目は南部せんべいなのですが、全然違うシロモノです。

硬いクッキーのような仕上がりで、バリバリ感はありません。

塩っぱくなくて、ほんのり甘いんですよ。

「煎餅」とは書いてますが、煎餅ではなく、洋菓子のような味わいなんですよ。該当する洋菓子も無いんですがw

南部せんべいのように、「フチ」部分だけを味わう・・なんて事もできますし、なんとも不思議なんです。

お茶よりも、コーヒーが合うんですw

ピーナッツもたっぷり入ってて、食感もナイス。一袋4枚入ってるんですが、かなりの量とサイズなので、腹持ちも良いんです。

近所のスーパーでは1袋ほぼ120円くらいで手に入ります。ただ、常に棚にある訳じゃないので、見つけ次第買ってるけど。

宇部の厚焼きピーナッツ煎餅4枚入り×20袋

Amazonでも売ってたらしいw。20袋単位だけども。

宇部せんべい店は普通な南部せんべいも作ってるみたいですね。そりゃそうか。